大膳の食事はまずい

週刊アサヒ芸能2006年3月2日号
46歳「誕生日会見」では明かされないホンネ
皇太子を悩ます「男子出産待望論」「雅子妃離婚圧力」の重大局面!
「離婚説」の情報の出所は東宮職を含む皇太子夫妻に近い人ではないか、
その思惑は同情を誘い皇室改革を思う方向へ進める為。
スキー旅行中止は表向きは豪雪に配慮とのことだが、実は天皇陛下からの注意によるもの
秋篠宮夫妻は御所に戻られる際も警備車両に「ご苦労様」と会釈や手を振るが
皇太子夫妻はそのような姿はお見かけしない
皇太子一家はワンボックスカーで私的外出するが、
警備スタッフへ「前を走らず後ろに離れてください」と注文、それでは役に立たないと担当者は困っている
昨年9月奥志賀静養からの帰京で専用列車が2〜3分遅れたが、
その理由は愛子さまをホームで歩かせた為(抱き癖をつけないため。)

ご夫妻に親しい関係者が雅子妃の近況を話す。
「最近は、青山や銀座に買い物とお食事を楽しまれているようです。
海外でのご経験が長いせいか、雅子さまは和食をお好みではなく、
中華や洋食のお店で古いご友人と召し上がっているようです。
御所のお食事はおいしくないことで有名ですから、外をお望みなのも無理のないことかもしれません」
バレンタインデーの14日、ご夫妻は別々に過ごされたという。
この日、雅子妃は皇居で乗馬をなさったあと、青山にある国連大学へ。
国連大学へ通うとの報道があった直後は控えられていたようだが、またお姿を見せるようになった。

トップページ(目次)へ