医師団の見解

2004
宮内庁が発表した医師団の見解
環境調整と精神療法、少量の薬物療法による治療を続けており、現在の病状は回復傾向にある。
前回(7月)の病状発表のころには、一つのことが終わると、その後にお休みになる必要があったが、
現在は複数のことを続けて出来るようになった。
来年からは徐々に公務に復帰していただけるのではないか。
ただ、心身の疲れやすさは依然としてあり、医学的には回復とは言えない状態。
睡眠のリズムが整わない睡眠障害の症状も残り、引き続き投薬治療している。
今後は人目に気を遣わずに出られるような環境の中で、
気力・体力の充実につながるような私的活動を増やしていくことが重要。
強い負担を感じても、それを周囲に気付かせないように抑え、
無理をして、後で疲れが出て、心身の調子を崩すところがある。
公務に復帰し、公的に外に出られる機会が増えると、
その可能性は高まると考えられ、当面は控え気味に公務をして頂くことが望ましい。
(毎日新聞 2004年12月9日 6時12分)


林田東宮大夫
雅子さま41歳…新年行事に参加も、病状は回復傾向
病気療養中の皇太子妃雅子さまは9日、41歳の誕生日を迎えられた。
これに先立ち、宮内庁の林田英樹東宮大夫が記者会見し
「体調は少しずつ快方に向かってきている」との雅子さまのコメントを公表。
1年間休んでいる公務は、新年行事の一部に「負担の軽い形で出席される可能性がある」とした。
林田氏は、雅子さまの体調に関し「病状は回復傾向にある」との医師団のコメントも併せて明らかにした。
愛子さま(3)と音楽を取り入れた運動や体操を楽しんだ後に散歩されるなど、
2つのことを続けてできるようになられた。
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200412/sha2004120909.html

皇太子妃殿下お誕生日に際してのご感想(要旨)
この一年間皆様にはご心配をおかけいたしましたが,
今年の誕生日をこうして迎えることができますことを何よりもありがたいことと思っております。
この間辛い時期もございましたが,皇太子様はじめ多くの方々からのお支えを頂いて,
お陰様で,体調は少しずつ快方に向かってきているように感じております。
本格的に公務を再開するのにはまだしばらく時間を要するかもしれませんが,
早く元気な姿をお見せすることができますよう,関係者の皆様のお力添えをいただきながら
引き続き回復に努めていきたいと存じます。
天皇皇后両陛下には,これまで私の病気についてご心配をいただき,温かくお見守り下さいましたことを,
深く感謝申し上げております。 また,国民の皆様より寄せられてきました温かいお気持ちは,
私にとりましてどれ程大きな力になっていることか知れません。心よりお礼を申し上げます。
最後になりましたが,今年は数多くの台風や新潟県中越地震により,
多くの方々が亡くなられ,また,被災されました。
亡くなられました方々に心からのお悔やみを申し上げますとともに,被災された皆様にお見舞申し上げます。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/kaiken/gokanso-h16hn.html

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

2005kenkai1.htm

2008kenkai2.htm

2008年3月28日 東宮職医師団「報道関係の皆様へ東宮職医師団からのお礼とお願い」全文
宮内庁東宮職は28日、皇太子妃雅子さまの治療に関連して、
「報道関係の皆様へ東宮職医師団からのお礼とお願い」と題するコメントを公表した。
報道関係の皆さまには、日頃より、皇太子妃殿下の治療にご協力いただき、心より感謝申し上げます。
皇太子妃殿下におかれましては、徐々にご快復に向かっていらっしゃることは、
既にご報告申し上げているところです。
公私にわたりまして心の触れ合いを大切にされながらご活動の幅も広がってきていらっしゃいますが、
それに伴い、報道の機会も増えてきております。
取材に関しましては、平成16年9月に東宮職医師団より、私的なご活動につきまして、
治療に好ましくない影響が生ずることから、取材を控えていただくようにお願いしております。
しかしながら、最近の状況を見ますと、公的なご活動のみならず、私的なご活動にまで取材が試みられ、
治療に支障が生じるような状況になってきており、東宮職医師団として強く懸念しているところであります。
妃殿下のご病状を考えますと、私的なお出かけは、
異なった環境のもとでご活動の幅を広げていただくことに加えて、
様々な方との人間的な触れ合いが心の癒しにつながるという治療的意味があります。
しかも、ご一家での私的なご活動は、妃殿下の心の支えになるという面でも、大きな治療的意義があります。
また、そのようなご活動は、プライバシーが確保され心が安らぐ状況で行われることが大切です。
したがいまして、妃殿下の私的なご活動に関しましては、愛子内親王殿下を伴われる場合も含め、
これまでどおり取材を控えていただきたくお願い申し上げます。
以上申し述べた上で、愛子内親王殿下の社会的ご体験やご一家での私的なお動きの中で
妃殿下が不特定多数の人の中にお出かけになる際に、
例えばそれが内親王殿下にとって初めての種類の社会的ご体験であったり、
特別に関心の高い場所をご訪問になったりするなどの事情がある場合には
取材設定をすることでそのご活動も円滑に進み、
また、それ以外のご活動が静かな環境で行われるという場合もあろうかと思われます。
そのような場合には、現在すでに試みられているように、妃殿下にご負担の少ない形での対応を、
個別に東宮職とご相談いただければありがたいと思います。
なお、妃殿下にご負担の少ない取材設定の工夫につきましては、
フラッシュを使用しないことや取材を往路だけにしていただくなど、
これまでもご協力頂いておりますことに感謝しております。
これらの点については引き続きご配慮をお願いいたします。
皇太子妃殿下におかれましては、今なお治療の途上におありで、
皇太子殿下の支えを受けられながら真摯に治療に取り組んでいただいております。
報道関係の皆様には、今後のさらなるご快復のためには、
妃殿下にご安心いただける環境作りが肝要であることをご理解いただき、
ぜひ温かく見守っていただきますよう、心よりお願い申し上げます。


2010年2月(※前年12月の雅子さまの誕生日に発表される予定だったが大幅に遅れた)
皇太子妃殿下のご病状に関する東宮職医師団の見解
平成22年2月5日
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/d-kenkai-h220205.html
※医師団見解が初めて宮内庁HPに掲載された
見解文が遅れた事情

2010年12月
東宮職医師団の見解(全文)
皇太子妃殿下のご病状についての東宮職医師団の見解は、
基本的には、今年2月に発表しました見解と同じであり、
引き続き着実にご快復されて来てはおられますが、今なお心身の状態の波は続いていらっしゃいます。
そうしたなか、妃殿下におかれましては、愛子内親王殿下のご通学へのお付き添いをなされるとともに、
愛子内親王殿下のお気持ちによく耳を傾けられ、皇太子殿下とご相談になりながら、学校関係者と話しあわれ、
様々に工夫されて愛子内親王殿下を支えられ、折々の出来事にも的確に対応してこられていらっしゃいます。
ご病状の不安定さが残る中で、妃殿下は、愛子内親王殿下が安心してご通学になれる環境作りに向けて
非常に努力され、多くの時間とエネルギーを注いでいらっしゃいます。
それだけに、その他のご活動は、公的な色彩のあるものを含めて、限られたものにならざるを得ない状況にあります。
国民の皆様には、こうした現状をご理解いただき、
これまでと同じく長い目で温かく見守っていただきますようお願い申し上げます。
http://www.asahi.com/national/update/1208/TKY201012080522.html



  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

2011
皇太子妃殿下のお誕生日に際しての東宮職医師団見解
平成23年12月9日
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/d-kenkai-h231209.html

皇太子妃殿下におかれましては,皇太子殿下のお支えを受けられながら,
ご自身が懸命に努力され,ゆっくりとではありますが,着実に快復されてこられました。
しかしながら,今なお心身の状態の波が続いておられ,
そのため引き続きご治療を必要とされる状況にいらっしゃいます。
そうした中で,昨年3月以来,妃殿下は愛子内親王殿下の学校での問題の対応に懸命に取り組んで来られました。
妃殿下には,必ずしも万全でないご体調の下,内親王殿下が安心できる環境でご通学がおできになるように,
母親として細やかな気配りをされながら,学習院初等科を始めとする関係の方々と丁寧に相談を続け,
内親王殿下を全力で支えてきていらっしゃいます。そもそも,こうした学校へのお付き添いは,
学校側と協議を重ねたあげくに,内親王殿下が学校生活に戻ることが出来る唯一の方法として始められ,
続けてこられたものであり,これは妃殿下にとってご体調面からも非常な努力を要するものでありました。
妃殿下のこうしたご尽力の結果,内親王殿下のご通学に関わる問題は良い方向に向かうようになっており,
お付き添いなしのご通学がおできになる日々が出てくるようになりました。こうしたなか,
この春の東日本大震災の際には,災害の大きさに非常に心を痛められ,被災者に寄せる思いを強くお持ちになり,
様々な工夫をされてご体調を整えられながら,専門家のお話を複数回にわたりお聞きになられた後
被災地をお見舞いのためご訪問になられました。ご体調の波がおありになりながらも,
妃殿下ご自身が頑張られてご訪問が叶ったことは,
東宮職医師団としては着実なご快復の兆候であったと受けとめました。
こうした状況のなかで,東宮職医師団としては,最近,週刊誌を中心として,
ご病気に苦しまれながらもさまざまなご活動に懸命に取り組んでいらっしゃる妃殿下のご努力を否定するかのような,
悪意ともとれる誤った情報に基づく報道が,関係者とされる人物の発言の引用を含めてなされていること,
そしてそのことに対して妃殿下が心を痛めていらっしゃることへの強い懸念を表明いたします。
このような報道はこれまでも繰り返されていて,これが続くことは,妃殿下の更なるご快復の妨げになるのみならず,
ご病状の悪化にさえつながります。妃殿下は,ご体調に波がおありのなか,できるだけのことをしたいと
誠意を持って懸命に頑張っていらっしゃいますが,そのご努力を否定するような批判的な報道が繰り返されますと,
妃殿下は自信をなくされますし,安心して先に進むこともおできになりません。
心のケアが重要な社会的課題になっているなか,このような心ない報道が平然と繰り返されている現状に,
東宮職医師団は専門家として憤りを覚えるものであり,
この状況が改善されない限り順調なご快復は望めないと考えております。
皆様におかれましては,何よりも,妃殿下がいまだにご病気ご治療中であり,
その中でご快復に向けて力を尽くしていらっしゃることを理解していただき,
温かく見守っていただきますよう重ねてお願い申し上げます。


  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

週刊朝日2011年12月23日号
(略)
適応障害の療養生活が9年目となる雅子さまが、12月9日に48歳の誕生日を迎えた。
この日に合わせて発表された医師団の見解では、週刊誌の報道が回復を遅らせているとの指摘も盛り込まれた。
(略)
この見解は05年から毎年、雅子さまの病状を説明するために出されているもので、
今年の柱は第一が愛子さまへの付き添い、第二が被災地へのお見舞いについてだった。
今年の見解には、宮内庁関係者を仰天させたくだりもあった。
全体の3分の1を占める文章量で、〈週刊誌を中心として(中略)悪意ともとれる誤った情報に基づく報道〉
への痛烈な批判を展開していたのだ。
見解では、これらの報道は
〈妃殿下の更なるご快復の妨げになるのみならず、ご病状の悪化にさえつながります〉として、
〈ご努力を否定するような批判的な報道が繰り返されますと、妃殿下は自信をなくされますし(中略)
この状況が改善されない限り順調なご快復は望めないと考えております〉と結んでいる。
この見解を読んだ宮内庁関係者は、怒りを込めてこう話す。
「まったくもって噴飯ものですよ。医師団は丸8年が過ぎても顕著な成果を出せていない。
医師としての責任には一行も触れず、公務復帰できないのは報道のせいだと言うのは、責任転嫁でしかありません」
それにしても、東宮職医師団はなぜ、これほど強い言葉で憤りをあらわにしたのか。
それを説明するには、この見解の本質を読み解く必要がある。
見解をまとめているのは、04年6月から雅子さまの適応障害の担当医を務める
国立精神・神経医療研究センターの大野裕・認知行動療法センター長だ。
同時に、雅子さまの肉声だと見てもいいだろう。
なぜなら、東宮大夫は過去に何度も、「(見解は)妃殿下の了承を得たもの」と説明しているからだ。
つまり、見解は医師団の名で出されているものの、
実際は大野氏と雅子さまの二人三脚で完成させた“作品”なのだ。
(略)
では、肝心な雅子さまの病状はどうなのか。
下に掲載した「東宮職医師団の見解」を見てもわかるとおり、医師団の見解は毎年、
「着実に回復されてきております」「徐々にではありますがご快復に向かわれており」と同じような言葉が並ぶ。
7年も着実に「快復」し続けていれば、そろそろ公務に復帰できるのではないか、と思うのは当然のこと。
テレビ朝日で宮内庁担当を20年間務めた神田秀一さんも首をかしげる。
「文面はいつも同じパターン。医学的見解が伏せられて『良くなられている』としか言わない。
具体的に、病状がいつに比べ、どれぐらい良くなったのかがつかみにくいんです」
そもそも、適応障害の治療はこれほど長くかかるのか。精神科医の香山リカさんはこう話す。
「適応障害は環境とのミスマッチなので、本来は職場の配置換えや引っ越しなど環境調整が必要です。
しかし、雅子さまは立場上それが難しい。
となると、ご自身の対応を変えるしかないが、よくも悪くも強靭な精神を持つ女性だけに、
何でも全力投球しようとしてしまう。その結果、治療が長引く異例な事態になってしまっているのでしょう」
となると、回復にはまだ長い時間が必要なのか。前出の神田さんは言う。
「93年の結婚から、18年間の半分近くを病気療養にあてているし、
回復は簡単ではありません。ただ、愛子さまが大きな鍵になることは確かでしょう。
あとは天皇、皇后両陛下のご心配を和らげること。
毎週1回御所へ行ってお食事をともにされるなど、
両陛下と十分にコミュニケーションを交わされれば、
雅子さまを取り巻く環境も徐々に変化するのではないでしょうか」
病状の見通しについて、週刊誌報道を痛烈に批判した大野氏はどう考えているのだろう。
この点をぜひ聞こうと、本誌は大野氏を直撃したが、声を掛けても目をそらし、
無言で足早に立ち去ってしまった。 (本誌・小泉耕平、永井貴子)
週刊朝日2011年12月23日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111214-00000301-sasahi-peo


皇太子妃殿下のお誕生日に際しての東宮職医師団見解
平成24年12月9日
皇太子妃殿下におかれましては,この1年におきましても,引き続きご治療が継続する状況にあられました。
特に,昨年の秋から今年の夏にかけてはご心身のお疲れが認められましたが,
夏にゆっくりとご静養いただけたこともあり,9月以降,少しずつお疲れがとれてこられ,
徐々にご自身のご活動に取り組まれるようになってこられています。
皇太子妃殿下のご治療に関しまして,東宮職医師団としましては,十分な休養をおとり頂くとともに,
私的なご活動からご活動の幅を広げていっていただくようにお伝えしているところです。
妃殿下には,愛子内親王殿下のご成長にあわせてご学業や学校生活の支援に母親としての力を注がれる一方で,
私的ご活動にも取り組もうと努力しておられます。公的なご活動につきましては,今までと同じように,
ご活動の内容により,ご負担,ご体調などを勘案しながら,
東宮職医師団としてその都度対応を検討させていただいてきており,
妃殿下ご自身も様々に工夫や努力を重ねて東宮職医師団の提案にお応えいただいております。
今後,東宮職医師団としましては,妃殿下がご活動をなさりやすい環境作りの面で,
関係の皆さまに一層の積極的なご協力をお願いする次第です。
国民の皆さまにおかれましては,妃殿下のこのような状況につきまして,
引き続き,温かい目で見守っていただきたく,重ねてお願い申し上げます。
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/d-kenkai-h241209.html

皇太子妃殿下のお誕生日に際しての東宮職医師団見解
平成25年12月9日
東宮職医師団としましては,平成22年の「皇太子妃殿下のご病状に関する東宮職医師団の見解」などで,
ご治療に向けての医師団としての考え方をこれまで説明して参りましたが,
皇太子妃殿下におかれましては,そうした考え方を踏まえながら,
本年も引き続きご病気ご治療を継続していただいております。本年の大きい出来事としては,
4月のオランダご訪問がありました。オランダご訪問は,妃殿下のご体調に波がおありであることもあり,
東宮職医師団としても慎重に検討致しましたが,妃殿下ご自身のご努力と皇太子殿下のお支えがあって実現しました。
このご訪問は,妃殿下にとって自信につながる大きな機会になったと東宮職医師団としましても考えております。
その後も妃殿下は努力や工夫を重ねられ,かねてよりお心をお寄せになってこられた東日本大震災の
被災3県をご訪問になるなど,東宮御所外の公的なご活動も着実に重ねてこられました。
妃殿下が常々心を寄せられている震災からの復興や社会活動に関わる公的なご活動が徐々に
おできになっていらっしゃることは,妃殿下のご治療にとっても良い効果をもたらしているものと考えております。
妃殿下には,また,東宮御所内でのお仕事を日々こなされている他,
母親として愛子内親王殿下のご成長を見守り支えていらっしゃいます。
これまでも説明して参りました通り,妃殿下には,懸命に努力を重ねられ,ゆっくりとではありますが,
着実に快復してこられました。妃殿下には,まだご療養中であり,行事が続いた場合には
お疲れもおありになりますが,その中で,ご体調を調えられながら公的なご活動に当たっておられます。
東宮職医師団と致しましては,このように妃殿下の公私にわたるお出ましの機会が増えていることは,
望ましいことであると考えています。他方で,妃殿下のご快復は着実に進んでいるものの,
ご体調にはなお波がおありであり,まだ快復の途上にいらっしゃいます。
こうした中で,過剰な期待を持たれることは,かえって逆効果となり得ることをご理解頂ければと思います。
今後とも,周囲の方々の理解と支援を受けながら,ご治療を続けられることが引き続き大切です。
これまで皇太子妃殿下のご治療に関しまして,東宮職医師団としましては,公私を問わずご活動そのものを
時間をかけて少しずつ広げていただきたいとのご治療方針をとってまいりました。
そうした観点から,公的なご活動につきましては,今後もこれまで同様,妃殿下のお気持ちやお考えも伺いつつ,
ご活動の内容,ご負担,ご体調などを専門的に勘案しながら,対応をその都度考えていきたいと考えております。
また同時に,今後とも私的なご活動の幅を広げていっていただくことが大切だと考えておりますので,
皆さまにも引き続き温かい目で見守っていただきたくお願い申し上げます。
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/d-kenkai-h251209.html


トップページ(目次)へ