新東宮大夫に野村氏の真相(2006)

新東宮大夫に野村駐ロ大使 皇太子家担当の責任者
駐ロシア大使の野村一成氏(65)が4日付で退任し、
皇太子ご一家のお世話をする宮内庁東宮職の責任者、東宮大夫に
6日付で就任することが4日の閣議で決まった。林田英樹東宮大夫(64)は6日付で退任する。  
野村氏は広島県出身。1963年に外務省入り。欧亜局長やマレーシア大使、ドイツ大使などを歴任し、
2002年からロシアとアルメニア、トルクメニスタン、ベラルーシの大使を務めていた。
雅子さまの両親小和田恒さん夫妻とも親交があるという。  
林田氏は旧文部省出身。01年11月に東宮侍従長に着任、02年5月に東宮大夫に就任した。
愛子さまの誕生や雅子さまの病気療養、皇太子さまの「人格否定発言」の対応に当たった。
2006/04/03 23:52 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200604/CN2006040401000275.html


http://www.asyura2.com/0601/senkyo25/msg/616.htmlより
「雅子に対する人格否定発言があった」との皇太子(徳仁親王)殿下のご発言に右往左往した
林田東宮大夫は6日で退任。
代わって、4日には駐ロシア大使を退官させて野村一成氏を新大夫にあてる事が、今日の閣議で決まった。 
雅子妃殿下にとって、旧文部省出身の林田氏より野村氏の方が使えそうだ。
というのも、野村氏は小和田家との親交があり、雅子妃殿下が所属していた外務省のエリート。
過去には駐ドイツ大使まで務めており、駐ロシア大使で終わるというのは、
年齢(65歳)的に言っても典型的出世街道を満了させている。
そこへ飛び込んだ東宮職のトップというのは、またとない役職と言えよう。
まさに、大鳳会(おおとりかい)絡みで創価学会と癒着してきた小和田家には願ったり叶ったりの人事である。
大鳳会と言えば、ご存知の通り外務省内50名前後の創価学会組織である。
池田大作を大臣級扱いで海外に送り出す手配を担当し、対韓・対朝・対中の日本外交を歪めてきた
張本人的組織と言っても過言ではない。
雅子妃殿下の父である小和田恒氏こそ、
機密費流用と上記の成太作(池田大作の本名で朝鮮系)優遇工作に関わり、
土下座外交を主張する旧日本社会党の李高順(土井たか子の本名で朝鮮系)を後押ししてしまったその人である。…
(以下略)

トップページ(目次)へ