皇后陛下古希を迎えて

2004/10/20
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h16sk.html

問1
70歳のお誕生日おめでとうございます。お生まれになってから,
さらには天皇陛下と結婚されてからの45年余を振り返りつつ,
喜びや悲しみ,印象に残った出来事などをお聞かせください。

皇后陛下  
古希を迎え,両親に育てられ,守られていた頃が,はるかな日々のこととして思い出されます。
家を離れる日の朝,父は「陛下と東宮様のみ心にそって生きるように」と言い,
母は黙って抱きしめてくれました。両親からは多くのことを学びました。
振り返りますと,子ども時代は本当によく戸外で遊び,
少女時代というより少年時代に近い日々を過ごしました。
小学生生活のほとんどが戦時下で,恐らく私どものクラスが「国民学校」の生徒として
入学し卒業した,唯一の学年だったと思います。
そのようなことから,還暦の時の回答にも記しましたように,
私の中に,戦時と戦後,特に疎開を間にはさむ数年間が,とりわけ深い印象を残しており,
その後,年を重ねるごとに,その時々の自分の年齢で,
戦時下を過ごした人々はどんなであったろうと考えることが,よくあります。

結婚により私の生活は大きく変わりましたが,
陛下がいつも寛(ひろ)いお心で私を受け容れてくださり,
また,3人の子どもたちからも多くの喜びを与えられました。
私は男の子も大好きでしたが,3人目に,小さな清子が来てくれた時のうれしさも,忘れることができません。
この子どもたちを,昭和天皇,香淳皇后のお見守りくださる中で育てた日々のことは,今も私の大切な思い出です。
陛下のお側でさせていただいた様々な公務は,私にとり,決して容易なものばかりではありませんでしたが,
今振り返り,その一つ一つが私にとり必要な経験であったことが分かります。
陛下がお優しい中にも,時に厳しく導いてくださり,
職員たちも様々な部署にあって,地味に,静かに,私を支え続けてくれました。
まだ若かった日々に,社会の各分野で高い志を持って働く多くの年長の人たちの姿を目のあたりにし,
その人々から直接間接に教えを受けることができたことも,幸運でした。
とりわけ,自らが深い悲しみや苦しみを経験し,むしろそのゆえに,弱く,
悲しむ人々の傍らに終生よりそった何人かの人々を知る機会を持ったことは,
私がその後の人生を生きる上の,指針の一つとなったと思います。

平成2年に礼宮が,5年に皇太子が結婚し,二人の妃が私どもの家族に加わってくれました。
これから先,長く皇室で生きていく二人が,私のしてきた事ばかりでなく,
なし得なかったたくさんの事も,しっかりと見,補っていってほしいと願っています。

至らぬことが多ございましたが,これからもこれまでと変わらず,
陛下のお側で人々の幸せを祈るとともに,幼い者も含め,
身近な人々の無事を祈りつつ,国や社会の要請にこたえていきたいと思います。



問2
この間,昭和から平成へと時代は引き継がれ,その平成の世も16年になりました。
常に天皇陛下をそばで支え,両陛下で皇室のあり方を自問しながら,
その時々の時代の要請に応えてこられたと思います。
皇太子妃,皇后として務める日々の心の内にあったものは,どんなことだったでしょうか。
「次世代」の皇太子ご一家や秋篠宮ご一家,紀宮殿下への願いと併せ,お聞かせください。


皇后陛下
もう45年以前のことになりますが,私は今でも,昭和34年のご成婚の日のお馬車の列で,
沿道の人々から受けた温かい祝福を,感謝とともに思い返すことがよくあります。
東宮妃として,あの日,民間から私を受け入れた皇室と,
その長い歴史に,傷をつけてはならないという重い責任感とともに,
あの同じ日に,私の新しい旅立ちを祝福して見送ってくださった大勢の方々の期待を無にし,
私もそこに生を得た庶民の歴史に傷を残してはならないという思いもまた,
その後の歳月,私の中に,常にあったと思います。
陛下が東宮でいらした時は,昭和天皇をお助けし,昭和の時代を支えていくという,
静かな,しかし強い陛下のご気迫を,常に身近に感じておりました。
また,お若い頃より伝統を今に活かしつつ,時代の要請に応えていこうとなさる陛下のお気持ちは,
いつか私のものともなって,このお気持ちをともにしつつ,皇室での日々を過ごしてきたように思います。

皇太子始め次世代の若い人たちへの願いは,という質問ですが,
それぞれの生き方を見守りつつ,必要と思われる時に,その都度伝えていくつもりです。
今はただ,皆ができるだけ人生を静かな目で見,
穏やかに,すこやかに,歩いていってほしいという願いを伝えたいと思います。


問3
皇太子妃殿下は昨年末から長期の静養を続けられています。
また今年5月の皇太子殿下のご発言をきっかけに,
皇室をめぐってさまざまな報道や国民的議論がなされました。
妃殿下のことや一連の経過,この間の宮内庁の対応などについて,
どのように受け止められましたでしょうか。

皇后陛下  
東宮妃の長期の静養については,妃自身が一番に辛く感じていることと思い,
これからも大切に見守り続けていかなければと考えています。
家族の中に苦しんでいる人があることは,家族全員の悲しみであり,私だけではなく,
家族の皆が,東宮妃の回復を願い,助けになりたいと望んでいます。
宮内庁の人々にも心労をかけました。庁内の人々,とりわけ東宮職の人々が,
これからもどうか東宮妃の回復にむけ,力となってくれることを望んでいます。
宮内庁にも様々な課題があり,常に努力が求められますが,
昨今のように,ただひたすらに誹(そし)られるべき所では決してないと思っています。

   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

<皇后さま古希>皇居で祝賀会 雅子さまと愛子さまもお祝い
皇后さまの70歳の誕生日の祝賀行事が20日、皇居で開かれ、小泉純一郎首相や河野洋平衆院議長をはじめ、親交のある音楽家ら400人以上が出席した。
夜には、ご一家の食事会もあり、静養中の皇太子妃雅子さまと長女敬宮(としのみや)愛子さまも皇居・御所を訪問した。
愛子さまの御所訪問は今年1月以来9カ月ぶり。
食事会は、皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻、紀宮さまを交えて開かれた。
これに先立ち、愛子さまと秋篠宮眞子さま、佳子さまの3人がお祝いのあいさつのため御所を訪れた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041020-00000098-mai-so


女性セブンは皇后陛下の文書回答は皇后陛下から雅子妃への「叱責」だというふうに皇室ウオッチャーは捉えている、
とタイムズが報じたことを取り上げた。

女性セブン2004年11月11日号
皇后美智子さまご発言は皇太子妃雅子さまへの叱責」報道の波紋
皇后さまが誕生日(今月二十日)に出された宮内記者会の質問への文書回答について、
10月21日付けの英国の「タイムズ」が「(美智子さまのお言葉の)本質は雅子妃に対する叱責である」
「その内容は、かつての自分の姿と現在の雅子妃の状態を、比較するという体裁である。」
「美智子さまのこの文章は、『義務感を持って問題を解決しなさい。』
という雅子さまに対するメッセージである。というベテラン皇室ウオッチャーの声を紹介している。」
「(あの文書回答は)慎重に言葉を選んだ内容で、健康問題を抱える雅子妃に対する同情の言葉として
『ひとりの苦しみは家族全員の苦しみ』と述べられているが、経験豊かな皇室ウオッチャーは単なる同情の言葉とは見ていない。」

女性誌記事に雅子さま「心外」 東宮大夫、会見で
宮内庁の林田英樹・東宮大夫(だいぶ)は二十九日の定例会見で、十一月十一日号の週刊誌「女性セブン」の記事について
「(雅子さまが)心外だとのお気持ちである」と語った。
記事は、皇后さまが誕生日(今月二十日)に出された宮内記者会の質問への文書回答について、
静養中の雅子さまに対する叱責(しっせき)である、との英・タイムズ紙の見解を紹介している。
林田東宮大夫は、皇后さまが「私だけでなく、家族の皆が、回復を願い、助けになりたいと望んでいます」と回答されていることなどについて、
「妃殿下はありがたく思い、二十日に皇后陛下にお会いした際にもお礼を言われた」と語った。
小学館の女性セブン編集部は「海外の権威と伝統のある一流紙が日本の皇室をどのようにとらえているのかを、
日本のメディアとして検証するため、報道という観点から取り上げました」とコメントしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041030-00000020-san-soci


トップページ(目次)へ