平成皇室の光と影 「公あってこその私」

徳島新聞Web
平成皇室の光と影 「公あってこその私」
考え方の違い 両陛下ら苦悩 2009/2/27 12:04

http://www.topics.or.jp/special/122545473544/2009/02/2009_123570390859.html

滴翠ク2月例会 共同通信社社会部長 宮城孝治氏 

滴翠クラブの二月例会が二十六日、徳島市内の新聞放送会館であり、
共同通信社の宮城孝治社会部長(三好市池田町出身)が「平成皇室の光と影」と題して講演。
天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻を取り巻く問題について、エピソードを交えながら語った。
講演要旨は次の通り。

週刊誌などによる「皇后バッシング」の渦中の一九九三年、皇后さまが倒れられた。
そして、二〇〇四年五月、皇太子さまが記者会見で
「雅子のキャリアや人格を否定する動きがあったことも事実」とおっしゃった。
この二つが、平成皇室の苦悩を表す最も大きい出来事だと思う。
いわゆる「人格否定発言」の余波は今も続く。当時「雅子さまの人格を否定する動き」とは何なのか、
と大騒ぎになった。核心は陛下と皇太子さまが疎遠で、意思疎通がないというところにある。
お二人が話す機会は結婚後、ほとんどない。
昨年十二月、陛下のストレスによる胃の炎症が発表されたが、
側近に聞くと一番の悩みは皇太子さまにあると言う。陛下は何を悩んでいるのか。
天皇には二つの顔がある。一つ目は「象徴天皇」としての顔。
憲法には「天皇の地位は国民の総意に基づく」とある。
しかし「国民の総意」とは何かの答えを見つけるのは難しく、真剣に模索している。
二つ目は、「百二十五代続いた家の当主であり、家系を絶やしてはならない」という顔。
前者は民主主義の根本の憲法、後者は家族主義。相反するような二つの立場を大事にされる。
「国民の総意」へのこだわりには、陛下の原体験があるのではないか。
十一歳で敗戦を迎え、皇室はどうなってしまうのか、不安を抱いたことだろう。
そこに新憲法ができた。象徴天皇として生きていく、天皇家が生き続けていける根拠が示され、
憲法とともに生きていくという光明を見いだした。
陛下は「自分はこうしてやってきた」と後継者の皇太子さまに言いたいのだと思う。
両陛下は「公があってこその私」というスタイルだが、皇太子さまの口から語られるのは、
雅子さま、愛子さまという「私」ばかりと映っているのではないか。
皇太子さまは「全力でお守りします」という約束を一番大切にし、
陛下と向き合うことを避けていたようにみえる。
ある宮内庁関係者によれば、皇太子ご夫妻は新婚時代、
「二年間は子どもをつくりません」と両陛下におっしゃったという。真実だとすれば、落胆したことだろう。
実は、皇太子ご夫妻は真剣に「お世継ぎ問題」を受けとめていた。雅子さまは、生真面目で頑張り屋だ。
両陛下の期待に応えたいという使命感のような気持ちは強かった。
しかし、この問題は頑張ろうとすればするほど女性にはつらい。
雅子さまが九九年に流産したとき、撮影されるのは忍びない、と皇太子さまが食堂の白いカーテンを外し、
車窓に目隠しをした。それを聞いた両陛下は不快感を示したという。
皇族という立場は、つらいときも国民から姿を隠すようなことはしてはいけない、ということだと
周りは斟酌(しんしゃく)した。厳しいが、考え方の違いを物語っている。
人格否定発言の前、不調を訴えていた雅子さまは、実家・小和田家の別荘で静養された。
「離婚では」という話も流れた。皇太子さまも行かれ、先に一人で帰ってきた。
そして、両親がいる皇居に向かった。食事後、皇后さまと二人きりになった皇太子さまは、母の腕をさすり、
落涙されたという。悩みを打ち明けられるのは、母である皇后さましかない。
皇太子さまの苦悩が分かる気がする。ストレスを感じる雅子さまを守らないといけない、
しかし親に甘えることはできない。そのジレンマの中で生きていらっしゃる。
陛下との間の糸は絡み合い、なかなかほどけないという状況だろう。
しかし、平成皇室にとっての最大の敵は、「国民の無関心」だと思う。
こんなことをしているうちに、国民が無関心になってしまわないか。
こうした危機感が皇太子さまにはあるのかと、天皇陛下は言いたいのだろう。

目次2へ