潮 1994年1月号

「潮」1994年1月号
“杉サマ”のもうひとつの顔、ハノイで小和田礼子さんとのひとコマ。
杉 良太郎 すぎりょうたろう、俳優、歌手
一九四四年兵庫県生まれ。神戸の新開地の浪曲小屋に生まれる。作曲家・市川昭介に入門。
六五年「野郎笠」で歌手デビュー。六七年NHKテレビ「文吾捕物絵図」で注目を浴びる。

「私は子供たちの笑顔が大好きです。今年で交流は六年目
成長する子供たちの瞳が、年ごとに明るくなるのが楽しみです」。
日越文化交流協会理事長の杉良太郎さんが、
国交二十周年記念の日本月館に催された平和音楽祭であいさつ。
両国の交流をより深め、人材の育成を目的に、
日本語学校、聾唖学校、孤児たちの施設などの建設実現に、
政府要人や文化関係者と精力的に交渉をすすめる氏の姿に、
俳優・杉良太郎のもうひとつの顔を見た。
折しも、ハノイの国連難民高等弁務官事務所に勤務する
小和田礼子さんがホテルに訪問。
一五世紀に活躍した同国のレロイ王の遺跡の残る
ホアンキエム湖のほとりを散策する二人を、
子供たちの影がいつまでも追いかけていた。

sugi.jpg


  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

1993/10/14日刊スポーツ
杉良太郎 ベトナム訪問から帰国 雅子さまの妹・小和田礼子さんとデート

国際文化交流事業のためベトナムを訪問していた俳優の杉良太郎(49)が13日帰国、
なんと現地で皇太子妃雅子さま(29)の妹で
国連難民高等弁務官ハノイ事務局に勤務する小和田礼子さん(27)とデートしたことを明かした。
(中略)これは現地スタッフが設定したプランで、杉は聞かされていなかった。
杉の部屋でテーブルをはさんで食事をしたあと、ホテル近くの湖を散歩する“豪華デート”。
予期せぬ事態に「めったにあることではなく、これいいのかな、と思ってしまった。
だれが設定したのかけしからん、と考えたけど、正直うれしかった」と杉。(中略)
礼子さんの印象について杉は「ごく普通で素直な方ですね。お付きの人がいるわけではなく、
奥地の仕事にも一人で車を運転していく行動派ですよ」。
食事中には、初対面とは思えないほど話が盛り上がり、
杉が趣味とする彫金ペンダントをプレゼントする約束も交わした。
デザインは小ブタになるそうだが、礼子さんからは
「かわいいですね。私たち3姉妹の分をお願いします」と注文を受けた。(後略)

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇



【ベトナム・インドシナ】杉特別大使「ОDA、4月再開見込み」NNA
ベトナムを訪問中の俳優で日越特別大使の杉良太郎氏は9日、ハノイでグエン・タン・ズン首相と会見し、
「日本は対越政府開発援助(ОDA)の4月再開を見込む」と述べたようだ。
ベトナム国営通信(VNA)の情報として10日付グオイラオドンなどが伝えた内容によれば、
杉氏は「日本のОDA停止は残念」とし、
「小さな問題が両国の良好な関係に影響を及ぼすのはよくない」と述べた。
「小さな問題」とはホーチミン市で建設中のサイゴン東西道路の施工監理を担当した
パシフィックコンサルタンツインターナショナル(PCI)前社長らがホーチミン市当局者へ贈賄した問題。
杉氏は日本の多くの国会議員が再開を望んでいるとし、「4月にОDA再開見込み」と発言したようだ。
(中略)
今回のズン首相と杉氏の会談の現地紙報道からは、「処分なしの再開」とベトナム側に
誤解(期待)される恐れもある。 
■「杉氏は民間人」
日本の外務省は、対越ОDA再開の公式発表はしておらず、「杉大使」の発言は、
日本政府を代表したかのように現地紙は報じた。
杉氏の発言について外務省の担当課では、「ODA再開を、という日越関係者の声を
民間の立場から代弁した」と推測。また、特別大使の職位については、
「広報担当として委嘱しているが、あくまでも民間人だ」と話している。
杉氏はベトナムでの福祉施設の支援活動などが評価され、2005年5月から日越親善大使、
08年4月から日越特別大使として外務省が委嘱。ベトナム政府もこれを認めているという。 
訪越中の皇太子さまが杉氏支援の施設を見学するため、杉氏もベトナムを訪問中だった。
<ベトナム>
最終更新:2月11日8時30分(2009)


トップページ(目次)へ