寛仁殿下「非行少年だった」

寛仁殿下「非行少年だった」 米紙に衝撃告白のすごい中身
2007/10/22 20:08
http://www.j-cast.com/2007/10/22012452.html

自らの「アルコール依存症」という病名を公表されるという、
皇室としては異例の決断をなさった三笠宮寛仁さま(61)が、新たな衝撃発言をした。
米紙のインタビューに対して「皇室はストレスの塊のようだ」と、
自身のご病気の原因が皇室の環境にあることを強く示唆したのだ。
皇族が、外国メディアに対して、自身や皇室の問題について告白するのは極めて異例だ。

「ストレスの塊のようなものでした」
2007年10月20日付けの米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された。
インタビューは赤坂御用地で1時間40分にわたって行われたという。
寛仁さまは、ご自分のアルコール依存症の背景には、
ご自身の家庭や皇室でのストレスが背景にあるとされ、
「(ストレスは)ここ1年や2年のことではありません。思い出せる限りでは、ストレスの塊のようなものでした」
「家庭の中で、物事がめちゃくちゃになったんです。26年も一緒にいれば…、わかるでしょ?」
と、苦悩を告白なさった。

さらに、「皇室内部には、様々な問題がある」として、
その一例として皇太子さまが04年5月の記者会見で
「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と
発言なさったことを取り上げた。
寛仁さまは皇太子さまに対して、発言についてさらに説明するように求める長い手紙をお送りになったが、
「(皇太子さまが)手紙に返答していれば、いくらかの進展はあったのではないかと思う。
だが、意見を述べたことに対して礼を述べる返事しかなかった」のだという。
ご自身ががんでの入退院を繰り返しておられることについては
「この家系のDNAは、非常にがんの影響を受けやすいんです。
2世代で6人が、すでに(がんに)かかりました。
ですから、いつ自分の番が回ってくるのだろうか、と心配したものです」と、
遺伝による影響があるのではないかとの見方を示した。

単に存在していることに意味がある
話題は、寛仁さまの青年時代にも及んだ。すべての皇族に警備がつくようになる前は、
ご自身で山手線に乗って学習院に通っておられたのだという。
他の皇族と比べて、寛仁さまは「非行少年」だったといい、
近くの北朝鮮系の学校に通う生徒といざこざを起こすこともあったのだという。
「彼らとは、すごく戦いました。彼らは学習院の制服を見つけると、いつも襲いかかってきたんです」
寛仁さまは1982年、社会福祉活動に専念したいとして「皇籍離脱発言」を行い、
世間を驚かせた。この背景については語らなかったが、皇室については、このように述べたという。
皇室は、要するに何なのかと聞かれれば、良く良く考えた上での結論というのは、
私たちの(存在する)意味というのは、私たちが単に存在していることにある、
ということです」
「存在することの意味は存在すること」と、半ば哲学的な見解をお示しになった形だが、
皇室の役割についても、独特の見解を披露なさった。
  寛仁さまによると、皇族は、単に
「朝起きて、朝食を食べて、昼食を食べて、夕食を食べて、眠りに就く。これを1年365日繰り返す」
ことで役割を果たすことができる、というのだ。
そして、「生まれ変わるとしたら、また皇族をやりたいか」という問いに対しては、5秒の沈黙の後に、当初は
「もう十分です。61年間で、やりたいことは本当にみんなやりました。
古いしきたりも打破しました。B型なので、新しいことをやってみたいです」とお答えになったが、
これを修正。皇族の暮らしにも庶民の暮らしにも、当然それぞれに良い点と悪い点がある、とした上で、
「皇族にしろ(日本)国民にしろ、『誰が、より幸せか』と考えたとき、
そんなものに答えはないですよ。ない」とお答えになった。