保守の怒り

保守の怒り
西尾幹二×平田文昭
第二章 皇室の危機
誰も指摘しない陛下の重大な発言

西尾
「雅子妃行状問題」はもうあまり関心がない。
昭和天皇と戦争、今上陛下と平和の問題の方が大きなテーマ。

皇后陛下のご発言の衝撃
皇后陛下の「古い慣習のもとで」云々発言について
女系容認の典範改正も「国民主権」の考え方からよしとされるのではないか

平田 
麻生内閣で正統、つまり男系を維持できるように皇室典範を改正しようとしていた。
内閣の中で進めているはずだったが、全く進んでいないことが判明した。
政府高官の中にもこの改正に非協力的な人がいた。何とも無念。


西尾 
皇后陛下のご発言の真意は分からない。
しかし両陛下が典範問題について口を閉ざしておられることは事実。
こと典範問題に関しては、天皇陛下であろうとも従わなければならない掟というものがあると考える。
万世一系の天皇と言う男系の皇統を守るという一点において、 過去の天皇家はどんな無理でもした。
天皇信仰は一つの神話。神話が失われればもう・・・・


平田 
秋篠宮の12年の空白について東宮ご夫妻は責任を感じていないのか。両陛下はどうお考えか。
300万人が命を捧げ、守ってきた皇室を嫁のわがまま、
跡継ぎの身勝手のやり放題に放置して損なうなら、
春秋2回靖国神社にお差し遣わしになっている勅使は
どの面下げて英霊にまみえたらいいのでしょうか。


どのような憲法に改正されようとしているのだろうか
今上陛下の憲法遵守ご発言について

平田
「憲法第9条を改正し、交戦権を認めると天皇が国事行為として宣戦布告することになり、
そのため敗戦となった場合、責任が追及され、皇統の維持に危機が生ずる」ので
憲法改正に反対「という主張」を保守の雑誌で最初に提示したのは佐藤優氏。
ひじょうにひじょうにひじょうに興味深いことです。


血と宗教


平田 
陛下が祭祀を正しく御熱心になさっているのはその通りだと思うが、
一方で皇后陛下がキリスト教と接せられるときのお姿はなんとも・・・・
このままいくと環境と人権と平和の伝道師みたいな、
NPOの会長みたいな感じになってくるんじゃないか。

西尾 
キリスト教に基づく平和・人権用のNPO化する皇室、すごいことを言うね。

平田 
あれを見ていると、多くの後進国にいる上流階級、おセレブの姿にしか見えない。
長い歴史を持つ神話からつながっている皇室というのではなくて・・・

西尾 
大変なことだよ、これは。今あなたがうかつにぽろっと言ったけれど。
後進国の上流階級のセレブ、私も東宮家を見ているとそう思うんですよ。
でも、皇室がすでにそっくりそうなっていうようには見えない。

平田 
その国の本源的文化、土と言ってもいいんですが、
それから離れて欧米のお綺麗な花瓶の切り花になったら、
いずれ国民から見放されてしまいます。

西尾 
君主ではなくて文化の象徴でいいというとなると、君主制はなくなってしまう。
時間の問題。百年持たない。もつかもしれないけど、なんとなくなしくずしにね・・・・

平田 
異民族を支配してなくしていくときには必ず「血と宗教」
まずキリスト教を強要、上流の配偶者をヨーロッパの人たちと組み合わせていく。
上流階級はヨーロッパ社交界に取り込まれ、国民と離れてしまう。
皇室のお嫁さんをどうするかはとても大事。
日本は白人と結婚させることはできないがバナナと一緒にしてしまえば同じこと。

西尾 
雅子妃の問題はまさにそれですよ。
外国暮らしをしたいとか、外国に行けないからノイローゼになるとか。

平田 
ヨーロッパに行くのは好きだけど、中南米や東南アジアは行かない。
着任離任の各国大使の接見でも、欧米のしかるべき大使には会うが、それ以外は無視。差別がひどい。

西尾 
ブラジルやトンガには行きたくないとか言って行かなかったしね。
あまりに見えすいていて、西洋から見れば日本の東宮家は西洋かぶれした「土侯国」
これは深刻な問題。皇后陛下も皇太子妃殿下もカトリックの学校をご卒業。
今上陛下はクェーカー教徒バイニング夫人の教育を受け、
戦後の申し子のようなアメリカニズムの洗礼を浴びた。

平田 
敗戦のとき、昭和天皇の改宗に失敗したのは痛恨の極みでしょう。
戦後、大衆社会化が進むにつれ、サンパウロでなされたブラジル移民百年記念行事で
皇太子殿下が池田大作の息子と並んで壇上に立たれるまでに草加学会が入りこみました。
由々しきことですが、「多様な国民を多様なままで統合する」との世迷いごとになずんでいると
危機感もわいてこないかもしれません。

平成皇室とは何なのか
橋本明氏の「平成皇室論」を取り上げる

平田 
これは不思議な本。夢で始まり夢で終わっている。
最初の夢は天皇陛下が文鮮明の部下にすぎない社長の車の運転手をしている。
とんでもない夢を橋本氏は肯定的に取り扱っている。不敬夢を誰も指摘していない。
非常に気になるのは皇室典範の問題に関して、男系維持の主張はよろしくない、
身分制度を復活することだと言っている。

西尾 
橋本氏によると陛下の一番の悩みは
「一部の旧皇族を源流とする皇室問題の立論が天皇皇后の足元をすくう方向で行われている」
ことだという。
雅子妃の不行跡問題が起こってから、やはり民間立妃はだめだよと。
問題は美智子妃にまでさかのぼるからそれでお悩みになったんだと。
はたしてそうかなあ。
これは個人の問題で、紀子妃にはそういう非難が起こってない。
やっぱりお人柄がどうかということが、一番基本に横たわっている問題で

平田 
美智子様は完璧路線。ご結婚の頃のいやがらせも影響しているのだろうが
批判しようにも批判できないようにすべてを完璧に行おうとしてこられた。
しかし完璧路線は袋小路。隠蔽に隠蔽を重ねなければならなくなる。
東宮問題を解決できないかなり重要な一因は、この完璧主義が崩壊するからだと思います。
皇太子殿下と雅子様の問題は人格否定発言で一気に表面化。
東宮夫妻が隠し立てしている愛子様問題もいずれそうなるでしょう。
雅子様批判が東宮批判に及びそうになってくると、
その先への波及を防ぐため、美智子様礼讃がはじまった。
「美智子様聖母論」で、小林よしのりの「天皇論」もそうだし、
「SAPIO」「女性自身」などを使った必死の美化工作も数多く見られます。
でもこれらはあまりに虚妄に過ぎるのです。

西尾 
私の世代の男性はみんなあの方が好きなのです。深窓の令嬢の理想のモデルでしたから。
その後の生涯かけた御苦労の多いいばらの道にも同情あるばかりで、
よくここまで努力なさったなあと
ですから完璧主義はあの方の歩みの必然の帰結で、完璧主義以外何ができたかというと、
もうそれはないものねだりです。
しかしそれゆえちょっとしたひび割れや傷口が大きく
致命傷になるというあなたの指摘は正鵠を射ているかもしれない。
そうなると外からお見守りするしかなく、
人間的努力が努力のゆえに破局も大きいということになると
私なんかはお気の毒で見ていられなくなります。
橋本さんの本で私が感心したのは、東宮問題は天皇陛下ご自身が決意して
お決めになって下さいと、国民からの最後のメッセージを述べていること。

平田 
これはまさしく悲劇なんです。「美智子さま礼讃」「美智子様聖母論」は
皇后陛下を究極のところまで追い詰めてしまうんです。
ですから「美智子さま礼讃」を盾にして皇室の問題を取り繕うことは、不忠の極みだと思います。
東宮問題は本来内廷なり宮中で解決すべきものです。

平田 
今の皇太子殿下妃殿下は御成婚以来15年、何をなさってきたのか。
外国に行きたいと言うだけではないですか。
我々の戦争とどう向き合ってこられましたか。
歌会始の御歌でも奥さんと娘のことばかりで、われわれの「将来の日本国の総大将」
としての気概をお示しにならなくてよいのでしょうか。
靖国神社の英霊には自分の奥さんも子供も人生もなかったのではないですか。
家族もやりたいことも、それらを一切捨てて祖国のために敵に殺されたのではないですか。
このままでは「かくばかり情けなき皇室になりたれば捧げし人のただに惜しまる」になってしまいます。

水は金融に並ぶ巨大ビジネスで、食糧とともに世界政治闘争の渦中にあります。
WTOの会議が反グローバリストの市民なるものに包囲されて粉砕された
今後、水に関する国際機関、国際会議はそのような攻撃対象になる投機資金も流れ込んでいる。
極めて政治的で火傷しそうに熱い。れに御気付きでない。

西尾 
周りの人も言わない。言論界の人も論じない。
小和田恒氏が国際司法裁判所の裁判長に選ばれたことについて
御辞退なさるべきだと私は「諸君」「週刊朝日」で言ってるんですが他の誰も言わない。
新聞も雑誌も何も語らない。絶対にそんなものやったらいけない。
国際的トラブルの長に立つわけでしょう。常識はずれもいいところですよ。

編集部 
あれはどうして阻止しなかったのか。

西尾 
阻止どころか、自分がなりたくてしょうがないんでしょう。

編集部 
本当に、小和田さんという人はどういう人なんでしょうか。

西尾 
道鏡ですよ、弓削道鏡。

平田 
出世欲がものすごく強いひとですからね。
平田 
人格否定発言、殿下のご発言にもひじょうに驚きましたけど、
皇后陛下が陛下と共に築いてきたものが
音を立てて崩れていくような感じがしたとおっしゃったのをきいて、非常な衝撃を受けたんです。

西尾 
(保坂さんの「秋篠宮が天皇になる日」に関して)
保坂さんは雅子妃問題については逃げて書かなかった。肝心なことを書かない人なんだよね。

平田 
「週刊ポスト」2009年1月寛仁親王に竹田氏がインタビュー
かなり踏み込んだ内容だったが保守会では話題にもならなかった。
(ポイントは?という西尾氏の問いに対して)
雅子妃は病気じゃない、ああいうこと(人格否定)を皇太子殿下はおっしゃるべきではなかった
自分の子供を自分の手元で育てればどういうことになるかは三笠宮家を見ていればわかったでしょう
=両陛下の子育てに対する批判
かなりの危機感からのご発言、しかしみんなスルー
みんなが隠し合って守っているものがある。それはなにか。
雅子妃への批判を封じる。
それは皇太子様批判になって、両陛下批判になることを避けるため。

西尾 
雅子妃を追跡する専属のネットがありますから。
見ているとけっして民間立妃そのものを掲げて皇后陛下に批判が及ぶという話ではないと思う。
あくまで雅子妃と小和田家の問題ですと橋本氏にも申し上げたんですが、
あなたは心配が相当、宮中にも広がっていると…

平田 
と思います。東宮家の状況は東宮だけで起こってきたものではなく、
これまでの両陛下がなさってきたことの結果なんです。
いいこともあったが、まずいこともあった。
このまずいことを反省できない。指摘できないでいるのは逆に危険。

西尾 
(橋本氏と野村東宮大夫末綱前東宮侍従会食時の「精神疾患」発言)
東宮夫妻が天皇皇后になられたら公務の質がガラッと変わる
もういやだということで。それで病気はあっという間に治る。
国民は元気になられたと喜んでだまされて、緊密な一体感は壊れていく。

推論で申し上げているが、皇太子を始めご皇族は清らかで素直で受け身で弱弱しく、
一般社会人はその気になれば、条件次第で赤子の手をねじるように左右することが可能。
雅子妃は一般社会人でしたから、私たち外の一般社会にいる人間には
何が起こっているか想像がつくのです。
ご夫妻が相思相愛の仲だとは私は全く考えていません。

平田 
今上陛下は憲法についてあそこまでおっしゃったのに皇室典範については何もおっしゃっていない
もし内々にでも宮内庁にはっきり、皇室の掟は男系であるとおっしゃっているのであれば
これほどしばしば女系容認の典範改訂が出てこないのではないかと思う。
そこについては非常に心配になります。
両陛下が作ってこられたものが何から発しているかと言えば、それは戦争と敗戦。
占領というものを考えなきゃいけない。皇室を残すために日本は色々と妥協をした。
そういうことをやってまでも残してきた皇室なんだから、ご一代のいきがかりだけで変えてはいけない。
これは皇太子殿下や雅子さま、両陛下にだって申し上げられること。
特に隠されている占領下、東京裁判にまつわる諸問題ももう一度考えてみることが必要。


(昭和天皇とマッカーサーの会談について)
その土台の上に成り立っている。
天皇陛下が非政治的平和主義者というのは自己欺瞞。
憲法について陛下のご発言は左翼に利用されるだけ。


西尾 
(皇室批判言論封殺)そういう硬直ぶりというのは、
今の時代に何か新しいことが起こっている証拠だと私は見ているんですよ。
伸び伸びと語られているのは寛仁親王殿下だけで、あとは何も言いませんしね。
親王殿下は女系になるのを恐れているし、皇后陛下の子育てに対する批判もあるし、
現状を何とかしなくちゃいけないという真摯な気持ちから長い手紙をおかきになった。
おなじ気持がわれわれ民の方にだってあって当然で、
堂々と言わなくちゃならないのに言うことをためらうというのはなんなんでしょう。

(ライター・論客に対する批判)

平田 
今の皇室は自分の方から押し出してくる。
見てください、私ってこんなにいい人なんですよ、素晴らしい人なんです、
見てくださいという感じなんです。
なぜかってそれは人格主義だからでしょう。
昭和天皇は、あの方はあくまでも君主でいらっしゃって・・・・
(皇太子殿下の「御医者様」発言。ワゴン車に押し込められていること)

西尾 
今上陛下に関してはひとつ同情もあるの。
昭和天皇とは変わって戦後は自分で役割を見つけ、それを国民の前で証明していかなきゃならなかった。
それを陛下とともにやっと築きあげたと皇后陛下がおっしゃった。
いわば人格押し売りというよりも、他に存在証明ができなかった。
そういうことではありませんか。

平田 
だからこそ人格主義の危うさに気づいていただかないと困る。
人格だけでいったら必ずこういう破綻に陥ることになる。

西尾 
天皇というのは人格と関係がない。本来血統なので。日本の天皇は「無」
しかし無を我々は人格といつの間にかすり替えてしまう弱さがある。
平田氏の指摘は辛辣だがポイントを突いている。
しかし下の世代にもっとひどい例が出てきたから、(=雅子妃)
その人を考察するためには両陛下の人格主義は肯定しなければならない。

平田 
残念なのは皇室批判が起こってくると、妙に急いで手当をされる。反応が早い。
不要な人気取りだと思う。天皇には天皇の分があると思います。
それを超えられると危ういです。

西尾 
戦後左翼の激しい60年安保の嵐の中で恐怖があったでしょう。
皇后陛下にはあんまりないと思うけれど、今上陛下には心の奥にあって
そういうお気の毒な立場で威厳のある立場とは遠いところで
自分を生かそうとするご努力をせざるを得なかった。私は気の毒で涙が出ますよ。

平田 
だからこそ平成の時代にはそういう必要はないし、
このままでは反転して悪い方向に行ってしまう。
意見を全部封殺してしまっては「隠れたる人の声」を陛下に届けることができません。
非常に衝撃的だったのは、皇后陛下が雅子様のことについてわたしたちの家族にとって大事な人云々と。

西尾 
あれは私の周辺でも怒っていた人が多いですね。
そんなことを言われたら何だという話でね、がっかりしたと。

平田 
この一言は決定的で、ご覧になっている視線が家族なんですよ。
皇后陛下が公の立場、国家の立場で
皇太子妃という公の存在を語られたものでなかったのが残念なんです。

西尾 
皇族というのは頭のてっぺんからつま先までパブリックなんですよ。

平田 
誰だって家族は大事なんですから。
結局皇室ってどういうものであって、何をなさるのかというのが、
いつしか抜けてしまっていたのです。
皇后陛下の雅子様への対処が、普通の家族意識からするものになっていたことが
明らかになってしまいました。
問題はなぜそうなってしまったかなんです。


「美智子様天皇制」崩壊の兆し

平田
皇室の平成流とは「美智子様天皇制」。
常に完璧で、ミッションスクール的意味で崇高な人格という。
しかしそれはいま破綻の危機に瀕している。
皇后陛下が大内糺のあれこれにお言葉を失われるなら、
跡継ぎ御夫婦の行状にはどうなんですか。
ご自分への直接批判があると引きこもられるけれど、跡継ぎならいいのですか。
家族家族とおっしゃるなら、ご家族の中で解決すべき問題に
なぜ国民の手を煩わされるのですか。
今上さま御夫婦は宮中の伝統に対して国民をもって弾丸とし、
国民をもって盾として逆うこともなにもかも、
皇太子時代からお好きなようにやってこられたのです。
跡継ぎご夫婦も同じようにやってるだけだから、何もいえないのではないですか。
それとも跡継ぎの結婚に際して何か特段のことがあったのでしょうか。

今上陛下も皇太子時代にいろいろ批判されたがご即位になられてからは御立派にお務め、
だから東宮ご夫妻も、という主張もあります。
しかし今上が皇太子時代に申し上げられたことははたして不当だったでしょうか。
危惧されていたことが現実化してしまったのではないでしょうか。
戦前・戦中・占領下・復興とわが日本の苦しい時代の昭和天皇を支えられた
香淳皇后に対してどうだったでしょうか。


問題がおおありだった雅子様をわざわざお妃に選んだについて
「民間・カトリック・英米」ということはなかったでしょうか。
小和田集団がわがもの顔に東宮御所に出入りして御所を私物化していること、
雅子様が実家徒のへその緒が切れていないこと、こういう国民を愚弄する
ふるまいをなぜお身内の中で糺し正すことができないのですか。
常識を備えた人間なら、誰しも何か弱みがあるんじゃないかと思うでしょう。
離婚の危機もあったはずです。そのなかで小和田集団の都合も、
好き勝手放題できる立場を手放したくない雅子様の欲も、
キャリアでハバドの嫁が自慢の跡継ぎの錯覚も、そして完璧人格の完璧ご家族という
平成流を維持しなければならないご都合もと、四者四様のそれぞれの利益が合致して
維持されているのが平成皇室ではないのでしょうか。


私は国家の名において小和田集団への取り調べを始めるべきだと思います。
東宮御所の備品についても在庫照合すべきです。
靖国神社へな天皇陛下より勅使が差し遣わされ、
秋篠宮・常陸宮・三笠宮・高円宮・桂宮・宮内庁から玉串料が奉られているのに
そこに東宮の名はありません。こんなことでいいのですか。

一億二千万人いるのですから、何をなさっても批判は出ます。
それに対抗するのに完璧をもってして批判者を黙らせるのは帝王のなさることではありません。


西尾
本書を平田さんとの対談本として計画したのは、
もう老人になった私には言えない言葉を新しい世代がきっと言ってくれるに相違ないと
期待していたからでした。
皇室に関する両者の考えに微妙に食い違いがあることは既にみられるとおりです。
しかし平田さんの結論には強い日本への愛と歴史への責任感があり、発見があります。
すべては両陛下のご決意とご行動にかかっているという点では、
平田さんも私も橋本さんも同じなのです。
国民をこれ以上苦しめないで貰いたいものです。

最後に一言、雅子妃殿下の主治医のポストが長期にわたり
大野医師に私物化され占有されたままであることの間違いを
私は再三言葉にしてきましたが、何ら変更されていません。
何十年か経って取り返しのつかぬことにならぬよう、
当局は同医師の宗教心情や政治思想をご調査になるべきです。
外国の情報部員はどこで何をしているかわからないというのが世界の常識だということも付記しておきます。

目次5へ