昭和天皇 終戦の詔勅

(1945年8月15日)
朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ
朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト
東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス
然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚有司ノ勵精朕カ一億衆庶ノ奉公
各ゝ最善ヲ盡セルニ拘ラス戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之敵ハ
新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル
而モ尚交戰ヲ繼續セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ
破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ
是レ朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ應セシムルニ至レル所以ナリ

朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス
帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ
五内爲ニ裂ク且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ
朕ノ深ク軫念スル所ナリ惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ
衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ
以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス
朕ハ茲ニ國體ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ
若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ爲ニ大道ヲ誤リ
信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜シク擧國一家子孫相傳ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ
任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ
國體ノ精華ヲ發揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ


口語訳
わたしは、深く世界の大勢と日本国の現状とを振返り、
非常の手段をもって時局を収拾しようと思い、忠実で善良なあなたがた国民に申し伝える。
わたしは日本政府に米国、英国、中国、ソ連に対してポツダム宣言を受け入れることを通告させた。
そもそも日本国民の平穏無事を図って世界繁栄の喜びを共有することは、
代々の天皇が伝えてきたことであり、わたしもそのように大切にしてきた。
先に、米国・英国に宣戦布告した理由も、日本の政治的・経済的自立と
東アジア諸国の安定を願ってのものであって、他国の主権を侵害したり、
領土を侵犯したりするようなことは、わたしの意志ではない。
しかしながら、四年間の戦争で、陸海軍将兵の勇敢な戦いや、官僚・公務員の勤勉、
一億国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、
戦争における状況は芳しくなく世界の情勢もわが国には不利に働いている。
それだけではない。敵は、新たに残虐な爆弾を使用して、
何の罪もない非戦闘員を多く殺傷し、その被害はどこまで及ぶのか図り知れない。
それでもなお戦争を継続すれば、ついには日本民族の滅亡を招き、
そして人類文明も破壊されることになってしまうだろう。
このような事態になったとしたら、わたしはどうしてわが子とも言える多くの国民を守り、
代々の天皇の御霊に謝罪したらよいのだろうか。
これこそが政府にポツダム宣言に応じるよう命令した理由である。
わたしは日本とともに終始、東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対して、
遺憾の意を表せざるを得ない。
日本国民で戦場で没し、職場で殉職し、悲惨な最期を遂げた者、
さらにはその遺族のことを考えると身が引き裂かれる思いである。
さらに戦場で負傷し、戦禍にあい、家や職場を失った者の再興については、
わたしが深く心を痛めているところである。
思うに、これから日本の受けるであろう苦難は、いうまでもなく大変なものになる。
国民の気持ちもわたしはよく理解している。
しかし、わたしはこれから耐え難いことを耐え、忍び難いことを忍んで
未来のために平和を実現しようと思う。
わたしは、ここに国体を守り通して、忠義で善良な国民の真心を信頼し、
いつも国民とともにある。
もし、感情的になって争い事をしたり、国民同士がいがみあって、
国家を混乱に陥らせて世界から信用を失うようになることをわたしは強く懸念している。
団結して子孫にまで語り伝え、神国日本の不滅を信じ、道は遠いが責任の重大さを自覚し、
総力を将来の建設のために傾け、正しい道を忘れずその心を堅持し、
日本の栄光を再び輝かせるよう、世界の流れに遅れないように努力しなければならない。
国民よ、どうか私の意を理解して行動せよ。

終戦玉音放送の原盤、宮内庁が公開 「聖断」の場も
音声、息づかい伝わる
2015/8/1 5:00
戦後70年に当たり、宮内庁は1日、昭和天皇がラジオを通じて国民に終戦を伝えた「玉音放送」などの
録音原盤と音声を初めて公開した。
これまで出回っている音声より鮮明で、重大な発表に臨む昭和天皇の息づかいも感じられる。
同庁は昭和天皇が終戦の「聖断」を下した皇居内の地下施設・御文庫(おぶんこ)付属室の写真や
映像も公表し、いずれも同庁ホームページに掲載する。
初公開されたのは「堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ」という内容で知られ、
1945年8月15日にラジオ放送された玉音放送のレコード原盤5枚と、
翌46年5月に放送された「食糧問題の重要性に関する昭和天皇の御言葉」のレコード原盤1枚。
6枚は1つのレコード缶に収められ、宮内庁が厳重に管理してきた。
宮内庁は昨年12月、専門家の協力を得て玉音盤を再生し、約4分30秒の音声をデジタル録音した。
音声には経年劣化などによるパチパチという音が含まれる一方、昭和天皇の声がはっきり聞こえ、
緊張感のある収録当時の雰囲気が伝わってくる。
今年6月には天皇、皇后両陛下や皇太子さま、秋篠宮さまも音声を聞かれたという。
玉音盤は終戦前日の45年8月14日深夜、宮内省内廷庁舎(現宮内庁庁舎)で録音された。
御政務室に置かれたマイクの前で昭和天皇が終戦の詔書を読み上げ、
隣室で日本放送協会の技術職員が録音機を操作した。録音は2度行われ、翌日の放送には2度目の方が使われた。
2度目の録音原盤は2枚組と3枚組の計5枚あり、宮内庁が皇室の所蔵物として保管してきた。
46年7月にはGHQ(連合国軍総司令部)に一時貸し出されており、テレビ放送などに使われてきた音声は、
この際に複製された音源を基に複製されたものとみられている。
放送に使われなかった1度目の録音原盤7枚も宮内庁が戦後管理していたが、
75年5月からNHK総合放送文化研究所に貸し出し、現在はNHK放送博物館で展示・保管されている。
こちらは傷みが激しく再生不可能という。
■御文庫付属室 壁や床 朽ち散在 「手を加えず管理へ」
御文庫付属室は戦後20年の1965年以来、50年ぶりの公開。
付属室は吹上御苑・地主山の森林に埋もれたような状態にある。
10トン爆弾にも耐える鉄筋コンクリート造りであるため、
戦後70年を経た現在でも構造物としての強さは建設当時とほぼ変わっていない。
宮内庁の山本信一郎次長によると、気温30度ほどの時期でも付属室内は16〜17度くらいでひんやりとしており、
湿気が高いという。長年にわたり雨水や泥などが内部に流入し、換気をしていないため内部は結露が発生。
このため木製の壁や床が朽ち果て、はがれた木材が散在している。
金属製の扉はサビがひどく、トイレなどのタイルは剥落している。照明も壊れており、中は真っ暗。
戦後20年の1965年の公開時にはすでに天井に水滴がたまり、羽目板は湿気で膨れあがっていた。
出入り口にかかったカーテンにはびっしりと青カビが生えている状態だった。
「昭和天皇実録」によると、昭和天皇は戦後9年たった54年2月に付属室を撤去できるかどうか
側近に尋ねたことがある。しかし、取り壊しに経費がかかりすぎるためそのままになった。
山本次長によると、天皇陛下は以前に付属室内に入られたことがあり、
皇太子さまと秋篠宮さまも今年7月中旬に見学されたという。
同次長は「歴史的に意義ある資産なので、基本的には手を加えず管理していく」と話している。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO90027660R00C15A8CR8000/?dg=1

2015.8.1 07:45更新
【戦後70年・玉音放送公開】
もう一つの玉音放送「食糧問題に関するお言葉」 戦後復興に向け国民に助け合い呼びかけ
玉音放送を録音した原盤が保管されていた缶には、5枚の原盤以外に
昭和21年5月24日にラジオ放送された「食糧問題に関するお言葉」の録音盤1枚も入っていた。
昭和天皇が戦後の復興に向けて食糧難に苦しむ国民に助け合いを呼びかける内容となっている。
お言葉の全文は以下の通り。
 ◇
祖国再建の第一歩は、国民生活とりわけ食生活の安定にある。戦争の前後を通じて、地方農民は、
あらゆる生産の障害とたゝかひ、困苦に堪へ、食糧の増産と供出につとめ、
その努力はまことにめざましいものであつたが、それにもかゝはらず、
主として都市における食糧事情は、いまだ例を見ないほど窮迫し、
その状況はふかく心をいたましめるものがある。
これに対して、政府として、直ちに適切な施策を行ふべきことは言ふまでもないのであるが、
全国民においても、乏しきをわかち苦しみを共にするの覚悟をあらたにし、
同胞たがひに助けあつて、この窮況をきりぬけなければならない。
戦争による諸種の痛手の恢復しない国民にこれを求めるのは、まことに忍びないところであるが、
これをきりぬけなければ、終戦以来全国民のつゞけて来た一切の経営はむなしくなり、
平和な文化国家を再建して、世界の進運に寄与したいといふ、
我が国民の厳粛かつ神聖な念願の達成も、これを望むことができない。
この際にあたつて、国民が家族国家のうるはしい伝統に生き、
区々の利害をこえて現在の難局にうちかち、祖国再建の道をふみ進むことを切望し、かつ、これを期待する。
http://www.sankei.com/life/news/150801/lif1508010014-n1.html

トップページ(目次)へ