小川東洲

北海道新聞 2008年2月13日 夕刊

『私のなかの歴史 命の証を尋ね求めてM』 書家 小川東洲さん

ショコラとおイネ
一昨年の夏のある日、軽井沢にある小和田恒さんの別荘へ向かう途中でのことでした。
雅子様もかわいがっていた小和田家の愛犬、ヨークシャーテリアのショコラは、もはや失明し、
はったままでしたが、ご夫婦は何度も運転の手を休めては介抱にこれ努めているのです。
見るに見かねた私が、「これでは(オランダに)持ち帰れますか」と声を掛けますと、
「いいえ、連れて帰るのです」と、小和田さんはなんともかよわい声で話すのです。
実はショコラを「持ち帰る」と話したのはそれなりに理由があってのことでした。
このときの老ショコラが首の出るトウで編んだ手提げかごに入っていたからで、
私どもには「持ち帰る」がこのときに合った言葉に思えたのです。
(略)

財団法人 美術文化振興協会
http://www.finearts.or.jp/riji.html
理事 小和田 恆 財団名誉会長 国際司法裁判所判事
   小川 東洲 財団常務理事 書家

小川東洲氏
愛子さまの書道について
「これはすごい!」とうなるような完成された書を4歳で書く と発言
「私がハーバードの客員教授になれたのは小和田氏のおかげ」とも
ハーバードでも雅子さまの師
雅子さま結婚前、小和田一家とともに北海道旅行へ


数学者の広中平祐氏が主催する、「数理の翼」セミナー
このセミナー第4回に小川東洲氏も参加
このセミナー第1回目の開催場所:栃木県那須の創価学会栃木研修道場
広中平祐氏とは…
著書
「子供の教育と親のかかわり」 著者名:広中平祐/著 広中和歌子/著 出版社名:聖教新聞社
「創造的に生きる」 著者名: 広中平祐/著出版社名:聖教新聞社

小川 
私があちらへ行った年のご入学でしたが、雅子様は一年の時から優秀で卒業時には
学生最高のマグナ・クム・ラウデ賞を受けておられます。

目次2へ