学習院前で15分の“籠城”

週刊女性2011年2月1日号
「愛子さまが車から出てこない!」学習院前で15分の“籠城”一部始終
「まだ降りてきませんねえ…」東宮職員が心配そうに見る先にワゴン車。
1月14日、いつもの10時20分頃より大幅に遅い12時過ぎ2台の護衛の車とともに学校に到着
宮内庁関係者も顔を曇らせる。
「11日の始業式は、ホームルームのみの出席でしたが、新学期のお疲れが早くも出てしまわれたのでしょうか…。
おそらく、学校に行きたがらない愛子さまを説得されて昼過ぎに学校までお連れしたが、
やはり行きたがらないということだったのではないでしょうか」
3分…5分…チャイムが鳴り、昼食のため生徒たちが校庭から引き上げても3台の車の位置はそのまま。10分。
車の前に立っている出迎えの侍従もキョロキョロ。
15分ほどたつと、ようやく二人が女官と車から出られて校門へ。
歩き始めて間もなく、後ろを歩く雅子さまに何かを訴えている様子。
しかし2時間後には打って変わって上機嫌でいつもの3人のお友達と校門前で遊んでから
バイバイをされ、雅子さまと車で帰宅。
小山氏が退職したことで愛子さまは不安を覚えたのではないか。
冬休み中は大丈夫だったかもしれないが、いざ抵抗感のある学校が始まると、
身近に甘えられる人や世話を焼いてくれるひとがいなくなったことに気付かれ、
リズムを崩されたのではないか。(教育評論家・尾木氏)
翌15日には、都内でスケートを楽しまれた。
皇太子さまがスケート場まで見送られて、午前中いっぱい“初滑り”を楽しんだご様子です(別の宮内庁関係者)