質問内容に配慮求める 雅子さま治療の東宮職医師団が見解

質問内容に配慮求める 雅子さま治療の東宮職医師団が見解
7月25日18時11分配信 産経新聞(2008年)

宮内庁の野村一成東宮大夫は25日の定例記者会見で、皇太子妃雅子さまの治療に関連して
「皇太子さまの海外訪問に同行されないことについて繰り返し質問するのは
精神的ご負担になり治療上マイナス」だとして、
宮内記者会に記者会見での質問内容に配慮を求める東宮職医師団の見解を発表した。
皇太子さまは6月のブラジル訪問と7月のスペイン訪問を前に、それぞれ宮内記者会との
記者会見に臨まれている。宮内記者会はいずれの記者会見においても、
雅子さまが同行されないことについてのご夫妻のお考えや、
雅子さまの公務復帰の見通しなどについて質問している。
これに対し、東宮職医師団は「こういった質問の繰り返しは、治療の見地からすると
雅子さまの努力に水を差すばかりでなく、努力が足りないという印象を与えかねない。
ご回復を遅らせるだけでなく、病状を悪化させる可能性すらあると危惧(きぐ)している」と指摘。
精神疾患治療のデリケートな側面についても理解を得たい」として、質問内容に配慮を求めている。
                  ◇
野村東宮大夫が会見で口頭で述べた東宮職医師団の見解(要旨)は次の通り。
妃殿下は、ご病気に苦しまれながらも前向きに一生懸命頑張っておられますし、
公私にわたって活動の幅は着実に広がっていらっしゃいます。
東宮職医師団が治療を担い始めたころと比べますとその違いは驚くほどであり、
これも妃殿下ご自身の努力と、(皇太子)殿下をはじめとします皆さまの支えがあって
可能になったものと考えております。
にもかかわらず、このたびのように同じ趣旨の質問が繰り返されるということは、
治療の見地からしますと妃殿下のご努力に水を差すだけでなく、
努力が足りないと批判している印象を与えかねません。
すなわち、精神疾患のために治療を受けながら頑張っている人に対する励ましというのは、
その人を精神的に追いつめることになるので絶対避けるべきであるということは
一般にも広く知られるようになっております。
十分にできないことだけを取り上げるといった質問は、励ましに他ならないということで、
ご回復を遅らせるだけでなく、病状を悪化させる可能性すらあるというふうに危惧しております。
宮内記者会の皆さまにはこれまで妃殿下の取材に関して
多くの配慮をいただいていることに感謝しておりますが、
今申し述べたような精神疾患の治療のデリケートな側面についてもご理解を得たいと思います。
また、ご病状は一気に回復するのではなく、一つひとつの努力の積み重ねを長い目で
温かく見守って接していただくということがご回復にとって肝要であるということも、
合わせてぜひご理解いただければありがたいと思います。


http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080725/imp0807251748000-n1.htm