皇位継承と万世一系に謎はない

皇位継承と万世一系に謎はない 八幡和郎 (扶桑社新書)
「万世一系の天皇制だからこそ日本経済の奇跡は起きた」
「皇室典範はこう改正すべきだ」
雅子妃は皇后にならないという選択肢もある
妃殿下というのは『お女将さん』の一種です
自立心旺盛な女性は、少なくとも,父が現役で働いている職場などに就職しません
崇敬は厳しい制約に耐えられることがあればこそ受けるべきもの

「古川貞二郎」が主導した「有識者会議」に対する疑念
1.旧皇族の復帰は違和感があるという議論にはトリックがある
2.側室制度がなくなったことは女系不可避の理由たり得ない
3.弟より姉が家を継ぐのは一般社会に深刻な混乱を引き起こす
4.女帝の夫はともかく難しい
5.帝王教育は一人だけにするものではない

悠仁親王のご誕生があって、現行ルールに則った皇位継承者がおられる以上は、
それを押しのけて別の皇位継承者を創り出すようなことはすべきでないと私は考えます。
その意味で、悠仁さまを差し置いて愛子さまに皇位を継がせる可能性は早いうちに
排除しておいたようがよいと思います。

まず国会が「現行ルールに基づく皇位継承権を保持する者がいる限りは、
現行ルールに基づく皇位継承を行なう」と決議するべきと思います。
次に「皇室典範の根本改正についての、高度な審議機関を設置」し
5年間をめどに報告を求める。この審議機関には、皇族、旧皇族、皇室会議メンバー、
国会議員を入れるべきと考えます。

皇太子殿下と秋篠宮殿下と悠仁さまの年齢差を考えれば、
そのときの情況で皇太子殿下から直接に悠仁さまに継承させる、
あるいは、皇太子殿下が生前に譲位されて、秋篠宮殿下がある程度の期間、
帝位に就かれるようにするのも一案だと思います。