三笠宮両殿下ご結婚70年

<三笠宮ご夫妻>結婚70年 「感謝の言葉も見付からない」

毎日新聞 10月22日(土)5時0分配信
 三笠宮ご夫妻が22日、結婚70年を迎え、宮内記者会の要望に応えて、70年に際しての「思い」を文書で回答した。宮内庁によると、三笠宮ご夫妻がそろって文書を公表するのは初めてという。互いを慈しむ言葉と共に、戦時中の苦労もつづられている。

 三笠宮さまは、昭和天皇の末弟で12月に満96歳を迎える。回答では、米寿の百合子さまとの70年を「振り返ってみるとき、感謝の言葉も見付からないほど」と記し、百合子さまは「いつもいたわってくださった宮様のおかげで今日まで長生きできましたこと感謝の言葉もございません」と深い感謝の気持ちを表した。

 結婚は開戦直前の1941年10月22日。1年余り後の43年1月に三笠宮さまは中国への派遣軍参謀として南京に赴任した。「留守を守っていた妻の労苦は並々ならぬものであったに違いない」と記した三笠宮さま。帰国後の45年5月には空襲で宮邸が焼失し、ご夫妻で防空室生活も体験しており、「経済的な労苦はほかの宮家と比べてはるかに大きかった。それを支えてくれたのも妻であった」と振り返った。

 百合子さまは戦後、東京大で学び始めた三笠宮さまが公務のため授業に出られない時は、借りた友人のノートを写す役目も担った。発表された文書では、結婚当時について「何のわきまえもない18歳」だったと振り返り、義母の貞明皇后に多くのことを教えてもらったと感謝の言葉をつづった。

 結婚70年のお祝いは内輪で行うという。【大久保和夫】
毎日新聞 2011年10月22日 5時00分
http://mainichi.jp/select/wadai/koushitsu/news/20111022k0000m040159000c.html



崇仁親王同妃両殿下ご結婚満70年に際してのご感想
http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/05/press05.html

崇仁親王殿下

顧みれば,70年間,陰になり日なたになり私を助けてくれたのは,何といっても妻百合子であった。結婚のとき,私は陸軍大学校の学生だったので,宿題のためにしばしば徹夜したし,間もなく戦争となり,厳しい生活が始まった。
陸大の研究部部員を務めた後,私は支那派遣軍総司令部の参謀として南京に赴任した。妻は華族の出身であるが,皇族の生活は一段と厳しく,忙しいから,留守を守っていた妻の労苦は並々ならぬものであったに違いない。
私は帰国後,大本営の参謀などを務めているうちに,敗戦となった。三笠宮家は新しく創設されたために経済的な基盤がなかったばかりでなく,空襲で邸(やしき)が全焼したため,経済的な労苦はほかの宮家と比べてはるかに大きかった。それを支えてくれたのも妻であった。
やがて私は東大文学部で勉強することになったが,いろいろな公務もあり,授業に出られないときには友人のノートを借りてきて,夜のうちに妻に写してもらった。それは教室で筆記するより大変だったろう。
その後,半世紀,私は諸大学の講師を務めながらほかの公務にも出席していたので,妻は親王妃としての公務を果たしながら,5人の子供の世話や教育を一手に引き受けてくれ,しかもそれを見事に果たしてくれたのである。
今静かに過去の70年を振り返ってみるとき,百合子に対して感謝の言葉も見付からないほどである。


崇仁親王妃百合子殿下

昭和16年秋思いも掛けぬ御縁で宮家に上がった何のわきまえもない18歳の私を,宮様のお母宮様(貞明皇后),お兄宮様方(昭和天皇,秩父宮様,高松宮様),お姉君様方に温かく迎え入れていただいたことは有り難いことでございました。わからないことが多く,貞明皇后にいちいち教えていただいておりましたから,昭和26年に突然崩御の折は本当に悲しく心細い限りでございました。戦中,戦後の物資の乏しい頃で何もお尽くしできなかったことは今も心が痛みます。
結婚後間もなく戦争が始まりだんだん空襲がひどくなり,住居も焼夷(い)弾で全焼,そして敗戦。終戦後の混乱期が続きました。世の中が落ち着いてくると種々の行事が増して外出,旅行も多く,この間に5人の子供に恵まれましたので,毎日時間に追われて暮らしておりましたから,70年もたったとは思えません。
余り頑健でない私を,いつもいたわってくださった宮様のおかげで今日まで長生きできましたこと感謝の言葉もございません。