資料


系図
http://keizusoko.yukihotaru.com/keizu/keizu_tenno0.html(外部サイト)

歴代天皇
rekidai.htm

皇位継承論Q&A(外部サイト)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/FAQ.htm

歴代天皇一覧
rekidai.gif




国旗(日章旗)

kokki.jpg

縦が横の3分の2の長方形
日章の直径は縦の5分の3で中心は旗の中心
地は白色 
日章は紅色


国歌(君が代)
君が代は 千代に八千代に
さざれ石の 巖となりて
苔のむすまで


国旗及び国歌に関する法律
 平成11年8月13日 法律第127号
(国旗)
第一条 国旗は日章旗とする
(国歌)
第二条 国歌は君が代とする

皇室典範

国民の祝日に関する法律
 昭和23年7月20日 法律第178号
第一条(意義)
自由と平和を求めて止まない日本国民は、美しい風習を育てつつ、
より良き社会より豊かな生活を築き上げるために、
ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、
これを「国民の祝日」と名づける。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

祭日
皇室祭祀令により定められた大祭日及び小祭日。
大祭日の大半は祝日とともに国家の休日として法制化されたことから、
祭日と祝日を合わせて祝祭日と称することも多い。
1947年(昭和22年)5月2日に廃止されたため、現在日本で法定の「祭日」は存在しない。

大祭日
天皇自ら親祭する日

期日の定まっているもの
元始祭(1月3日)
紀元節祭(2月11日)
神武天皇祭(4月3日)
神嘗祭(10月17日)
新嘗祭(11月23日-11月24日)

期日の定めの無いもの(年によって変わる)
春季皇霊祭・春季神殿祭 (春分の日)
秋季皇霊祭・秋季神殿祭 (秋分の日)

先帝祭 先帝の崩御日
明治 孝明天皇祭(1月30日)
大正 明治天皇祭(7月30日)
昭和 大正天皇祭(12月25日)
先帝以前3代の式年祭
先后の式年祭
皇妣たる皇后の式年祭

小祭日
天皇自らが礼拝し、掌典長が祭典を行う日
期日の定まっているもの
歳旦祭(1月1日)
祈年祭(2月17日)

期日の定まっていないもの
賢所御神楽(12月中旬)
天長節祭 今上天皇の誕生日
明治 (11月3日)
大正 (8月31日)
昭和 (4月29日)

先帝以前3代の例祭
明治時代 後桃園天皇祭(12月6日)、光格天皇祭(12月12日)、仁孝天皇祭(2月21日)
大正時代 光格天皇祭(12月12日)、仁孝天皇祭(2月21日)、孝明天皇祭(1月31日)
昭和時代 仁孝天皇祭(2月21日)、孝明天皇祭(1月31日)、明治天皇祭(7月30日)

先后の例祭
皇妣たる皇后の例祭 明治期 英照皇太后祭(1月11日)
大正4年〜大正15年 昭憲皇太后祭(4月9日)

綏靖天皇以下先帝以前4代に至る歴代天皇の式年祭


皇紀 
西暦+660年
明治 西暦−1867年 (元年1868)
大正 西暦−1911年 (元年1912)
昭和 西暦−1925年 (元年1926)
平成 西暦−1988年 (元年1989)



 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

国家「君が代」ができたのは1880年
その旋律を作るのは、レ・ミ・ソ・ラ・シという五つの音
西洋の七音音階に対して日本は五音音階という規範を弁えている
五音音階にもいろいろあるが、レ・ミ・ソ・ラ・シは、雅楽の「律」と呼ばれる音階にあてはまる
ゆえにこそ「君が代」は荘重で雅楽風なのだ。(音楽評論家・片山杜秀)

国歌『君が代』には、
「平和を愛し、天皇陛下を国家の象徴として仰ぐ日本の国は、礫岩のように細石がより集まって
やがて大きな岩となり、さらにはその表面に、美しい苔が一面に生え揃うまでの未来永劫にわたり、
ご皇室をはじめとする全ての国民が幸福となり、繁栄しますように…」
との願いがこめられております。
(建国記念の日を祝う会パンフレットより)

国家君が代について(亀山神社ホームページ)

「君が代」は世界一の秀歌