眞子様、佳子様 ご公務

2007年7月21日
秋篠宮ご夫妻と眞子さま、全日本高校馬術大会に出席
秋篠宮ご夫妻は21日、長女の眞子さま(15)と3人で
山梨県北杜市の県馬術競技場で開かれた「第41回全日本高校馬術大会」の開会式に出席された。
この春に高校生になった眞子さまは夏休みに入り、ご夫妻に同行して初めて大会を見学された。
緊張した表情で選手らとの記念撮影に臨み、濃霧の中で行われた競技に拍手を送られた。
ご夫妻と眞子さまは20日に同県入りされたが、紀子さまは悠仁さまの授乳のために帰京、
この日早朝に宮邸を出て再び合流された。(2007年7月21日19時21分 読売新聞)


秋篠宮ご夫妻眞子さま馬術大会   
NHK甲府放送局2007年7月21日 21時32分更新
秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまは山梨県で開かれている高校生の馬術競技大会に出席し
眞子さまと同じ高校生の活躍ぶりをご覧になりました。
秋篠宮ご夫妻と眞子さまは午前9時前に北杜市の県馬術競技場に到着し、
200人近い高校生が参加する全日本高校馬術競技大会の開会式に出席されました。
今回は眞子さまと同じ高校生の大会であることや、秋篠宮さまも高校の時に大会をご覧になっていることから
眞子さまも初めて出席されることになりました。
開会式では秋篠宮さまが「馬術には馬の特徴や性格を理解して上手に誘導する技術が求められます。
近い将来、皆さんの世代が国際大会で活躍することを期待しています」と挨拶されました。
このあと秋篠宮ご夫妻と眞子さまは競技の様子を見学し高校生の乗った馬が
みごとに障害を飛び越えると拍手を送られていました。
馬のアクセサリーを着けた眞子さまは、秋篠宮さまと言葉を交わしながら
同世代の高校生の活躍を笑顔でご覧になっていました。
また秋篠宮ご夫妻と眞子さまは競技場近くの馬の温泉施設を見学し
温泉を浴びると馬も血行がよくなりストレス解消に効果があるという説明を受けられました。
眞子さまは、温泉のシャワーを浴びている馬を興味深い様子でご覧になっていました。
このあと秋篠宮ご夫妻と眞子さまは北杜市にある日本画家、
平山郁夫さんの作品を集めた美術館を訪れました。
美術館では平山さんから直接、説明を受けながらシルクロードをラクダに乗って旅する人たちや
中国の壮大な山々の風景を描いた絵を熱心にご覧になっていました。

2007年11月11日
秋篠宮佳子さま公務デビュー 紀子さまに付き添われ
秋篠宮家の二女・佳子さまが、紀子さまのご公務に初めて一緒に参加されました。
紀子さまは11日午後、東京都内で開かれた
「少年の主張全国大会」に二女の佳子さまを連れて出席されました。
紀子さまの後ろで、茶色いスーツ姿の佳子さまは、やや緊張した面持ちで挨拶を受けられました。
この大会には、去年まで長女の真子さまが紀子さまに付き添われていました。

2008年4月20日
眞子さま、初の単独ご公務 馬の贈呈式に出席 上野動物園
秋篠宮ご一家の長女、眞子さまが20日、東京・上野動物園内にある
「子ども動物園」の開園60周年を記念して行われた「野間馬贈呈式」に出席された。
16歳の眞子さまは現在学習院女子高の2年生で、単独でのご公務出席は今回が初めて。
会場には多くの報道陣や見物客が詰めかけ、眞子さまも最初は少し緊張した表情だったが、
贈呈されたえりか号(雌、13歳)に笑顔でニンジンを与えたり、
鼻先に優しく触れるなど、大仕事を立派に務められた。
野間馬は愛媛県今治市原産。現在は84頭しかいない日本の在来馬で、
えりか号は同市の施設から希少動物の保全に力を入れる動物園に贈呈された。
日本動物園水族館協会の総裁を務められる秋篠宮さまの影響で、
眞子さまも動物に強い関心を持たれていることから、動物園側がご出席を求めていた。

2010年8月2日
秋篠宮さまが高鍋にお見舞い
宮崎県を訪問中の秋篠宮ご夫妻と佳子さまは、2日、高鍋町で口てい疫の被害に遭った畜産農家や
高校生たちに励ましの言葉をかけられました。
全国の高校生が参加する「全国高校総合文化祭」の出席のため、宮崎県を訪問中の秋篠宮ご夫妻と
次女で高校1年生の佳子さまは2日午後、そろって高鍋町の県立高鍋農業高校に到着されました。
高鍋農業高校はことし5月に実習のため飼育していた家畜300頭余りが口てい疫の疑いで処分されました。
2日は高鍋農業高校の生徒2人のほか、口てい疫が発生した5つの市と6つの町から畜産農家のほか
市長と町長が招かれました。
秋篠宮さまは、予定の時間を10分ほどオーバーしながら1人1人に、
「さまざまな技術を蓄積されてきた中で、本当に大変だったと思いますが力を合わせて頑張ってください」とか
「できるだけ早い復興を祈っています」などとお見舞いと励ましの言葉をかけて回られました。
また紀子さまも「牛たちを家族のように思ってらしたのですね。また元気な牛を育ててください」などと
声をかけられていました。
出席者の中には涙ぐむ人もいて、「みんなで力を合わせてがんばります」などと応えていました。
高鍋農業高校3年の松元武蔵さんは、
「お言葉を励みにして宮崎復興のために精一杯がんばりたい」と話していました。
また川南町で、およそ1万6000頭の豚が処分された農家の河野宜悦さんは
「ご夫妻や佳子さまに気にかけて頂き、何とかして立ち直っていきたい」と話していました。
このあと、秋篠宮ご夫妻と佳子さまは、高千穂町の高千穂神社を訪問されました。
午後6時すぎ、高千穂神社の参道に到着された秋篠宮さまたちは、
神社の本殿に続く階段をゆっくりと進まれました。
このあと本殿の中で、国の重要文化財に指定されている高千穂夜神楽のうち、
「杉登」という夜神楽をご覧になりました。
3日は、高千穂町の天岩戸神社や高千穂峡の視察のあと、東京にお戻りになります。
8月2日 21時00分 (※2010年)
http://www.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/5065940121.html

秋篠宮ご夫妻が口蹄疫被害を慰労 宮崎で農業高校訪問
宮崎県に滞在中の秋篠宮ご夫妻と次女佳子さまは2日、
飼育していた牛や豚多数が口蹄疫で殺処分になった
県立高鍋農業高校(高鍋町)を訪問。
秋篠宮さまが生徒代表や県内の農家に「宮崎は畜産で有名な県。一日も早く
復興されることを願っております」と慰労された。
同校には口蹄疫の被害を受けた西都市など11市町の首長と農家も集まった。
一人一人に声を掛けた秋篠宮さまは
「今まで蓄積されてきた肥育の技術が途切れてしまい、大変なことと思います」と気遣い、
「父が大変心配しておりまして、殺処分は本当につらかったでしょう」と、天皇陛下の意向も伝えた。
紀子さまは、同校3年の松元武蔵さん(17)に
「悲しいと思いますけれど、これからも宮崎の復興に向けて頑張ってください」と語りかけた。
飼育していた豚約1万6千頭が殺処分になった川南町の河野宜悦さん(48)は
「癒やされた。今は無収入だが、みんなで力を合わせて頑張っていきたい」と話した。
2010/08/02 17:20 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080201000472.html


眞子さま:福岡に 初の1人地方公務
毎日新聞 2013年07月19日 19時42分
秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さま(21)=国際基督教大4年=は19日、
「アジア太平洋こども会議・イン福岡」の25周年記念行事に出席するため福岡市を訪れた。
眞子さまが1人で地方で公務をするのは今回が初めて。
眞子さまは空路、福岡県入り。この日はアジア22カ国・地域の絵画などが展示されている
福岡アジア美術館を訪問した。
眞子さまは黒田雷児・学芸課長の説明を受け、時折、深くうなずきながら約20点を鑑賞した。
黒田課長によると、眞子さまは「(作品の)背景がわかって興味深かったです」と謝意を述べたという。
【真鍋光之】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20130720k0000m040036000c.html

眞子さま初の単独地方ご訪問 こども会議で福岡に
2013.7.19 21:10
秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは19日、アジア太平洋こども会議の25周年記念行事臨席などのため、
民間機で福岡市に入り、博多区の福岡アジア美術館を視察された。
眞子さまは国際基督教大4年の21歳で、高校時代、秋篠宮ご夫妻に同行して島根県などを訪れているが、
地方での公務に単独で臨まれるのは初めて。
美術史を学んだ英国留学から今月1日に帰国したばかりの眞子さまは、
担当者の説明に何度もうなずきながら耳を傾けられた。20日に行事に臨席し、帰京される。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130719/imp13071921130001-n1.htm

眞子さま、初の単独地方公務 福岡で記念行事に出席
朝日新聞デジタル 2013年7月20日11時36分
秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さま(21)が20日、福岡市で開かれたNPO法人
「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)の設立25周年記念行事に出席した。
国際基督教大学4年生の眞子さまは19日から福岡市を訪問しており、
今回が公務での初めての単独の地方訪問となった。
APCCは、世界各地の子どもたちを招いてホームステイなどの交流事業を手がけている。
眞子さまは各国から集まった10〜30代の参加者と英語で懇談。
落ち着いた様子で一人一人と握手し、「日本で経験したことで一番よかったことは何ですか」などと質問していた。
眞子さまは昨年9月からの英エディンバラ大学での留学を終え、7月1日に帰国したばかり。
http://www.asahi.com/national/update/0720/TKY201307200032.html

鴨場