浜尾実氏

皇后美智子さま 浜尾実著
本書の最後にあたって、私が今後の皇室に望んでやまないことを、
あらためて記しておきたい。
それが、特に皇太子さまと雅子さまへの願いとなってしまうことは致し方なかろう。
現代にふさわしい皇室を築き、国民の興味だけでなく
心からの共感をより深いものにするために、皇太子さまと雅子さまには、
これから率先して皇室の先頭に立たれることを期待したいからだ。
皇太子さまと雅子さまに、私がまず申し上げたいのは、
福祉関係の施設などにお出かけになる機会を、
もっと増やしていただけないだろうかということだ。
〜中略〜
皇室のお努めのひとつは、疑いもなく、
災害地や社会福祉の現場に光のあたるきっかけをつくっていくことだろう。
皇太子さま・雅子さまには、老人ホームでもいい、養護施設でもいい、
国内にそれこそ無数にあるこれら社会福祉関係の施設を、
たとえ時間は短いものであっても結構だからなるべく数多く訪問なさっていただきたい。  
もちろん、音楽会に行かれるのも、美術展に行かれるのも、
また、折々に御用邸で静養 されるのも、それはそれでよろしいこと。
しかし、それだけが突出してマスコミに報じられることは望ましくない。


美智子さま 愛と心の小さな話  お側で伺った7758日の感動 浜尾実著
天皇ご一家の”壮絶な”百人一首大会
宮さま方というのは、本当に百人一首がお好きなのだ。
陛下、美智子さま、浩宮さまも百人一首はお好き。
天皇ご一家のお正月は、それこそ大変にお忙しいのだが、行事がない日には一家おそろいで、
私たち侍従が読み札を読んで、百人一首に興じられている。
一番お強いのは、美智子さま、次が陛下、そして浩宮さまの順だと私は拝見している。
天皇家の百人一首だから、おおらかで雅なものだろうとお思いになるかもしれないがそれは大まちがいだ。
真剣勝負、壮絶といってもいい。
ご一家が百人一首をなさるということが決まると、
私ども侍従は、御所内の広い応接間「日月の間」に畳を運び込む。


浜尾氏が皇室番組で語ったエピソード
紀宮様が生まれたとき、お母さまのお見舞いにいった礼宮様は「男の子だったね」という。
不思議に思った浜尾さんが「女の子ですよ。どうして男の子だと思われたのですか?」と聞くと
「だって頭にリボンつけてなかった」
紀宮様が東宮御所に戻ってきて、ベビーベッドで寝るようになったある日
紀宮様のベッドに赤いリボンが結ばれているのを浜尾さんは発見した。
礼宮様がリボンを結んだに違いないと浜尾さん。

浩宮様が「サーヤはそのうち僕たちと一緒に住めなくなるんだよ」礼宮様「!」
2人はお庭にサーヤのお家を作ってあげようと話し合った。
ある日来客があり、美智子さまは生まれたばかりの紀宮様を抱っこして
お客様と応接室で接客。普段はそういうとき別の場所で遊んでいる礼宮様がその日は何故か
紀宮様を抱く美智子さまの横に立って見つめていた。
いつもと様子が違うな、と思っていたらほどなくして礼宮様は
思いつめた表情で「サーヤを連れて行かないで!」と叫んだ。

浩宮様はご両親が外国訪問から帰ってきたときに喜びのあまり興奮して
室内のテーブルの上のものを落としたり、イスを倒しまくったりして叱られた。そういうことがときどきあった。
浜尾さん、浩宮様に初めて体罰。どれだけ口で言っても聞かないので意を決しお尻をぶった。
すると、浜尾さんがびっくりするほどの大声で泣き喚き出した。
子どもの声はよく通るので御所中に響き渡り、
浜尾さんも「流石にこれはまずいのではないか」と思い始めた。
美智子様がやってきて「どうしたのですか?」
浜尾さん「こんなに泣かせてしまって、お叱りを受けるかも・・」と思いながら理由を話したところ
「そうですか。続けてください」と美智子様はおっしゃった。
とはいえ、こういうことがあるたびにお尻をぶって大泣きされても困る。
浜尾さんは、以後「幼稚園にいけなくなりますよ」という脅し文句を思いつきそれを使うことにする。
これはわりと効果があったが、ある日浩宮様が「ボク、幼稚園行くのやめようかな・・」と呟き、
浜尾さんは愕然とし「幼稚園に行けませんよ」などと言うべきではなかったと後悔した。
礼宮様が生まれて御所に戻ってきたときベビーベッドで泣いているのを見て、
浩宮様は「アーヤは泣いていいんだね」と言った。

礼宮様は動物好きで、自分のほうから動物に近寄っていき、いつまでも撫でて可愛がっている。
相手は動物なので「何かあったら・・」と気が気ではなかった。
犬やウサギだけじゃなく亀やヘビも大好きで、
ときどき自分でヘビを捕まえてきて「はまおさーん」とポケットからだしてブラブラさせるので、
ヘビが大嫌いな浜尾さんはこれには閉口した。
礼宮様は美智子様にも「へびを撫でて」とおねだり。
浜尾さんはヘビに触れることすらしなかったが、美智子様はおそるおそるヘビを撫でた。


浜尾氏による浩宮さまのエピソード(出典不明)
「きのこ狩り等へ行ったら、宮様の目に付くところへ特大のきのこが事前に置かれている。
宮様は正義感の強いお方なので、そういうきのこには一切手をつけず、
自力で探し出したきのこのみお取りになっておりました」

「浩宮さまは何度も何度も反芻されて理解していくタイプ」

浩宮さまが浜尾さんの官舎へ遊びに行った時にこう言った。
「浜尾さんの家は地震になったらつぶれるネ。ぼくの所は鉄筋だから大丈夫だよネ」

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

浜尾実氏逝去
2006年10月26日

浜尾実氏死去 元宮内庁東宮侍従で皇太子さまの教育担当
浜尾 実氏(はまお・みのる=元宮内庁東宮侍従で皇太子さまの教育担当)25日午後9時、
心不全のため長野県諏訪市の病院で死去、81歳。東京都出身。
自宅は諏訪市大和1の24の9。葬儀・告別式は近親者で行う。
追悼ミサを30日午後1時半から東京都千代田区麹町6の5の1、聖イグナチオ教会で行う。
喪主は長男昇(のぼる)氏。
2006/10/26 11:56 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200610/CN2006102601000627.html

元東宮侍従、浜尾実さん死去
皇太子さまの教育係を担当した元・東宮侍従の浜尾実さんが亡くなりました。
81歳でした。
浜尾さんは1951年から20年間、東宮侍従として皇太子一家に仕え、
当時の浩宮さまの教育係として幼少時の宮さま教育にあたりました。
引退後は、テレビ出演や本の執筆など幅広く活躍、
著書では「ご両親から、浩宮さまを人間として立派に育てる様、厳しくあたって欲しい」と
言われたエピソードや、美智子さまの子育てメモ、いわゆる「ナルちゃん憲法」の存在を紹介しました。
(26日18:14)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20061026/20061026-00000049-jnn-soci.html



週刊新潮2006年11月?日号
皇太子殿下に届いた浜尾氏訃報
浜尾さんは8年前から諏訪湖のほとりにある有料老人ホームに入居していたが
そこの運営母体の職員が天皇陛下と浜尾氏の入院後(今年の9月30日に入院)に面会する機会があり
「どうぞお大事になさるよう、お伝えください」と陛下からメッセージを頂いていた。
ただ、浜尾さんの体調がすぐれずメッセージは伝えられずじまい。
皇太子には26日の夜伝えられたそうだが、翌日の殿下に変わった様子はなかった。
浜尾さんは皇太子のことを最後まで心配していた。


週刊現代2006年11月18日号
10月30日にはカトリック信者だった浜尾氏の追悼ミサが、
東京都千代田区麹町にある「聖イグナチオ」教会」で行われた。
約400人が故人を偲ぶなか、パイプオルガンの音色が静香に流れ、
祭壇には天皇皇后と皇太子から贈られた白菊の花カゴが飾られていた。

他 日本・皇室関連目次へ
目次2へ

浜尾実氏の著書より
美智子さま 愛と心の小さな話  お側で伺った7758日の感動 
天皇ご一家の”壮絶な”百人一首大会
宮さま方というのは、本当に百人一首がお好きなのだ。
陛下、美智子さま、浩宮さまも百人一首はお好き。
天皇ご一家のお正月は、それこそ大変にお忙しいのだが、行事がない日には一家おそろいで、
私たち侍従が読み札を読んで、百人一首に興じられている。
一番お強いのは、美智子さま、次が陛下、そして浩宮さまの順だと私は拝見している。
天皇家の百人一首だから、おおらかで雅なものだろうとお思いになるかもしれないがそれは大まちがいだ。
真剣勝負、壮絶といってもいい。
ご一家が百人一首をなさるということが決まると、
私ども侍従は、御所内の広い応接間「日月の間」に畳を運び込む。



浜尾氏が皇室番組で語ったエピソード
紀宮様が生まれたとき、お母さまのお見舞いにいった礼宮様は「男の子だったね」という。
不思議に思った浜尾さんが「女の子ですよ。どうして男の子だと思われたのですか?」と聞くと
「だって頭にリボンつけてなかった」
紀宮様が東宮御所に戻ってきて、ベビーベッドで寝るようになったある日紀宮様のベッドに
赤いリボンが結ばれているのを浜尾さんは発見した。
礼宮様がリボンを結んだに違いないと浜尾さん。

浩宮様が「サーヤはそのうち僕たちと一緒に住めなくなるんだよ」礼宮様「!」
2人はお庭にサーヤのお家を作ってあげようと話し合った。
ある日来客があり、美智子さまは生まれたばかりの紀宮様を抱っこして
お客様と応接室で接客。普段はそういうとき別の場所で遊んでいる礼宮様がその日は何故か
紀宮様を抱く美智子さまの横に立って見つめていた。
いつもと様子が違うな、と思っていたらほどなくして礼宮様は
思いつめた表情で「サーヤを連れて行かないで!」と叫んだ。

浩宮様はご両親が外国訪問から帰ってきたときに喜びのあまり興奮して
室内のテーブルの上のものを落としたり
イスを倒しまくったりして叱られた。そういうことがときどきあった。
浜尾さん、浩宮様に初めて体罰
どれだけ口で言っても聞かないので意を決しお尻をぶった。
すると、浜尾さんがびっくりするほどの大声で泣き喚き出した。
子どもの声はよく通るので御所中に響き渡り、
浜尾さんも「流石にこれはまずいのではないか」と思い始めた。
美智子様がやってきて「どうしたのですか?」
浜尾さん「こんなに泣かせてしまって、お叱りを受けるかも・・」と思いながら
理由を話したところ「そうですか。続けてください」と美智子様はおっしゃった。
とはいえ、こういうことがあるたびにお尻をぶって大泣きされても困る。
浜尾さんは、以後「幼稚園にいけなくなりますよ」という脅し文句を思いつきそれを使うことにする。
これはわりと効果があったが、ある日浩宮様が「ボク、幼稚園行くのやめようかな・・」と呟き、
浜尾さんは愕然とし「幼稚園に行けませんよ」などと言うべきではなかったと後悔した。
礼宮様が生まれて御所に戻ってきたときベビーベッドで泣いているのを見て
浩宮様は「アーヤは泣いていいんだね」と言った。

礼宮様は動物好きで、自分のほうから動物に近寄っていき
いつまでも撫でて可愛がっている。
相手は動物なので「何かあったら・・」と気が気ではなかった。
犬やウサギだけじゃなく亀やヘビも大好きで、
ときどき自分でヘビを捕まえてきて「はまおさーん」とポケットからだしてブラブラさせるので、
ヘビが大嫌いな浜尾さんはこれには閉口した。
礼宮様は美智子様にも「へびを撫でて」とおねだり。
浜尾さんはヘビに触れることすらしなかったが、美智子様はおそるおそるヘビを撫でた。