紀子妃殿下 絵本翻訳

2007年

紀子さまが翻訳絵本出版、23日発売
2007.10.6 19:30
秋篠宮妃紀子さまが初めて翻訳に取り組まれた英語の絵本が
今月、日本国内で出版されることが6日、分かった。欧州の関係筋が産経新聞に明らかにした。
紀子さまが翻訳されたのは、イタリアの出版社マクレー・ブックス社が2005年に出版した
「世界の動物たち」全8巻(文=ビッキー・イーガン、絵=ダニエラ・デ・ルカ)の英語版。
邦題は「ちきゅうのなかまたち」(新樹社)。
全8巻のうち、「ビーバーのベン」と「オオカミのエリック」の2冊が今月23日に発売予定だ。
紀子さまは、子供のころの海外生活で、英語の絵本にも親しんでいたこともあり、
昨年夏に英語版を読んだ際、興味をもたれたという。翻訳の依頼に対し
「十分に役目が果たせるかを慎重にお考えになった末、翻訳を引き受けられた」(関係筋)という。
公務に加え、出産も重なり、紀子さまは多忙を極めたが、限られた時間の中で1巻平均約30ページの
絵本8巻を翻訳した上、本の構成にも取り組まれた。
「世界の動物たち」は欧州や北米、アフリカなど、世界8地域の代表的な動物を主人公にした物語で、
4歳から小学校低学年までが対象。
動物の行動や生態について、子供たちの「なぜ」という疑問を分かりやすく解説した科学絵本にもなっている。
05年の独・フランクフルト国際ブックフェアに出品されて好評を博し、
これまでに米、仏、独、スペイン、韓国など12カ国で翻訳されているという。
同社のアンヌ・マクレー社長は、紀子さまのご翻訳に「本当にうれしく、素晴らしいできごと」と話している。
(パリ 山口昌子)
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/071006/imp0710061930007-n1.htm




皇室日記
紀子さま翻訳の絵本、今月末に出版へ(2007.10)
秋篠宮妃紀子さまが初めて翻訳した英語の絵本が、今月末に出版されることになりました。
紀子さまが初めて翻訳に取り組んだ絵本は、イタリアの出版社が出版した
「ちきゅうのなかまたち」の英語版全8巻で、最初の2巻である「ビーバーのベン」と
「オオカミのエリック」が、今月23日に発売されることになりました。
紀子さまは子どもの頃に海外で長く生活していて、英語の絵本に親しんでいたことなどから、
知人を通じて翻訳の依頼があったということです。
当初は初めての翻訳に不安を持たれたということですが、悠仁さまも順調に発育しており、
今年の春頃からは生活が落ち着いてきたため、引き受けたということです。
しかし、育児と公務が忙しく、宮邸でまとまった時間が取りにくいことから、
地方公務で移動する飛行機や電車の中などで翻訳に取り組まれたということです。
最近の紀子さまですが、先週末は秋篠宮さまと長男の悠仁さまとともに葉山御用邸で静養され、
9日まで秋田で開かれている国体に出席されていました。


目次3へ