李明博発言

2012年8月14日20時0分
「天皇訪韓、謝罪するなら来なさい」 韓国の李大統領
韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は14日、「(天皇は)韓国を訪問したがっているが、
独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと(日本側に)言った」と述べた。
大統領府によると、現職の大統領が公の場で天皇の訪韓条件として謝罪を求めるのは初めて。
李大統領は10日に韓国大統領として初めて、日韓がともに領有権を主張する竹島(韓国名・独島=トクト)を訪問し、
その後も対日批判発言を続けている。
だが、天皇の謝罪にまで言及したことで、日本側の反発は一層強まるのは必至だ。
大統領府によると、忠清北道・清原で開かれた教員を対象としたセミナーで、
出席者から竹島訪問の所感を尋ねられ、語った。
http://www.asahi.com/international/update/0814/TKY201208140296.html

李明博大統領「天皇は土下座せよ」
李明博(イ・ミョンバク)大統領が日本軍慰安婦、歴史教科書歪曲など過去の問題と関連して
連日外交上の慣例を越える強硬発言をしており、その背景に関心が集まっている。
去る10日、大韓民国大統領として初めて独島(ドクト、日本名:竹島)を訪問した李大統領は、
14日には日王まで取り上げて過去の問題の早急な解決を促した。
李大統領のこのような対日攻勢は現政権だけでなく次期政権にも外交的負担として作用するという指摘が出ている。
李大統領はこの日、忠北(チュンブク)清原(チョンウォン)郡、韓国教員大学を訪問した席で
‘独島訪問’に対する質問が出るとすぐ決心したように直接的に日本を追い詰めた。
李大統領は現場で日王が「ひざまずいて」謝らなければならないという表現を使ったことが分かったが、
その後、大統領府が公開した発言録からは抜けていたことが確認された。
15日公開される光復節祝辞でも李大統領は日本軍慰安婦など過去の問題についても過去とは違って
具体的に断固たるメッセージを伝える可能性が高いと見られる。
キム・ソンス、ハ・ジョンフン記者
ソース:ソウル新聞 「日王ひざまずけ」
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20120815003005

韓国大統領の天皇謝罪発言、首相「常識を逸脱」
読売新聞 8月23日(木)16時20分配信
野田首相は23日の衆院予算委員会集中審議で、韓国の李明博(イミョンバク)大統領が
天皇陛下の訪韓には謝罪が必要だと発言したことについて、「玄葉外相が言動を改めるようにと抗議した。
抗議の中には謝罪、撤回(を要求する意味)が入っているが、改めて謝罪と撤回はやるべきだ」と述べ、
李大統領に対し、発言の撤回と謝罪を求める考えを表明した。
首相は「天皇陛下から韓国を訪ねたいと要請したことはなく、韓国大統領からの招請はあった。
事実関係としておかしい」とも指摘し、「発言の中身は相当に常識から逸脱している」と述べ、強い不快感を示した。
李大統領は今月14日、韓国・忠清北道の大学の会合で「(天皇陛下が)韓国を訪問したいならば、
独立運動をして亡くなられた方々のもとを訪ね、心から謝罪すればいい」などと述べた。
最終更新:8月23日(木)23時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000894-yom-pol

前原氏の韓国大統領批判に韓国ビックリ!「“親韓派”議員がなぜ?」
2012年08月25日15時00分
提供:韓フルタイム
李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言を受け、日韓外交が激しく衝突している。
日本政府は半世紀ぶりに竹島領有権問題の国際司法裁判所への提訴に動き、衆院では李大統領の竹島上陸と
謝罪要求発言に抗議する決議を採択した。
このような日本政府の強硬姿勢について、韓国側は反発するものの少し戸惑いもあるようだ。
特に、前原誠司民主党政調会長による李大統領に対する批判は、意外性をもって伝えられた。
前原氏は、民主党の議員連盟である「戦略的な日韓関係を築く議員の会」の代表で、韓国を度々訪問しては
両国の友好関係構築のために尽力してきた。
そのため、前原氏が19日、テレビ朝日の番組で、「(李大統領の発言は)非礼極まりない。大統領の任期の間、
日韓関係を好転させるのは難しいのではないか」と述べ、日韓通貨スワップ協定についても見直す可能性が
あるとの考えを示したことは、韓国側にとっては驚きだった。
韓国紙ソウル新聞は、前原氏をはじめとする代表的な“親韓派”議員まで韓国叩きを展開しているとし、
その理由として「韓国に対する失望感」があるようだと報じた。
25日付「親韓派議員“韓国叩き”なぜ」の記事は、前原氏の側近による発言を紹介。
「中国を意識した側面もあるが、韓国に歴史問題を譲歩するなどこれまで誠意を示したきたのに、
李大統領があそこまで酷い行動をするとは思わなかった」
「特に天皇陛下に対する謝罪要求は、韓国に友好的だった民主党内の親韓勢力の反発まで招いた」と話したと伝えた。
だが、韓国にとって日本の“親韓派”勢力は、韓国がダメージを回避するために必要となる存在だ。
韓国内には、竹島の国際司法裁判所への提訴は止められなかったものの、通貨スワップの縮小や
国連非常任理事国進出の阻止など、日本政府による韓国への新たな報復措置を防ぐためには親韓派議員の力が
必要だという声があるという。どうやら、韓国側は前原氏たちが日韓の“仲裁役”として
活躍してくれることを願っているようだ。
参照:ソウル新聞
参照:朝鮮日報
http://news.livedoor.com/article/detail/6888565/

竹島上陸と天皇に関する発言に抗議する決議採択
衆議院は24日開いた本会議で李明博韓国大統領の竹島上陸と天皇陛下に関する発言に抗議する決議を採択した。
天皇陛下への発言に対する抗議の採決を国会が行ったことの意味は重く、世界に対し抗議の意味を
発信することの意味づけがある一方で、天皇の戦争責任論議に発展していかないのかを危惧する声もある。
天皇陛下に関する発言に抗議する部分では「友好国の国家元首が天皇陛下に対して行う発言として
極めて非礼な発言であり、決して容認できないものであり、発言の撤回を求める」としている。
決議では「我が国は韓国を重要な隣国として認識していることは変わらず」とも述べ、
「韓国国民と親密な友誼を結んでいくことができると引き続き信じている」とし
「そのためにも、李明博韓国大統領をはじめとする韓国政府要人及び韓国国民が賢明かつ
冷静な対応をすることを強く求める」とした。(編集担当:森高龍二)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0825&f=politics_0825_025.shtml

李大統領発言 撤回と謝罪は譲れない 韓国に正しい歴史認識求める
2012.8.25 03:20
日本と韓国の関係に深刻な亀裂を生じかねない危機である。
衆院は24日、韓国の李明博大統領による島根県・竹島上陸を非難し、「不法占拠」の一刻も早い停止を求め、
天皇陛下への謝罪要求発言が「極めて非礼」として撤回を求める抗議決議を採択した。
香港の活動家による尖閣諸島不法上陸に関する決議も併せて採択され、参院でも同様の決議が予定されている。
竹島をめぐる国会決議は59年ぶり、尖閣問題では初めてだ。国家の主権と尊厳が傷つけられたこれらの事態に対し、
国権の最高機関が明確な意思表示を行ったことを評価したい。

≪国会決議を評価したい≫
李大統領は野田佳彦首相からの親書も受け取らない異常な対応を続けている。
だが、毅然(きぜん)とした立場を貫かなければ国益は守れない。
決議は政府や日本国民にその覚悟を問うものともいえよう。
野田首相も24日の参院予算委員会や記者会見で、領土を守る努力をオールジャパンで進めるとし、
天皇陛下に謝罪を求めた大統領に対し「謝罪と発言の撤回を求める」と改めて明言した。
竹島については「韓国によって不法占拠されている」と「不法占拠」の表現を用い、
「(大統領は)不法に上陸した」とも語った。当然の発言である。
国会決議や首相会見は評価できるが、問題はそれだけでは解決しない。
すでに日本政府は国際司法裁判所(ICJ)に提訴する手続きに入っており、
この機会をとらえて国際社会に韓国側の不当性を訴え続けることが重要だ。
さらには、抗議の意思をはっきり示すため、対抗措置を順次、打ち出す必要がある。
今月下旬に韓国で開催される予定だった日韓財務対話を延期したのをはじめ、
緊急時にドルなど外貨を融通し合う通貨交換(スワップ)協定も白紙に戻す方針だ。
安住淳財務相が24日、表明した韓国の国債購入を当面見送る措置も有効だろう。
一方で、政府は一時帰国させていた武藤正敏駐韓国大使を22日に帰任させてしまった。
中途半端な対応で、日本側の抗議の真剣さが韓国政府に伝わったとは到底、思えない。
李大統領は竹島上陸前に立ち寄った鬱陵島で「従軍慰安婦問題を提起したのに、日本はまだ心から
謝罪表明をしていない」と述べた。一連の問題の発端が、慰安婦問題にあるかのごとき指摘だった。
しかし、日本政府が何もしなかったという大統領の発言には、著しい事実誤認がある。
日本は平成7年に「女性のためのアジア平和国民基金」を設立し、いわゆる「償い金」をアジア各国の
元慰安婦に支給する事業を始めた。

≪重要な隣国を忘れるな≫
日韓の賠償問題は日韓基本条約の付属協定で解決済みのため、償い金は民間からの募金で賄われた。
1人につき200万円で、台湾、フィリピンなどの元慰安婦へ申請に沿って支払われた。
しかし、韓国では多くの元慰安婦が受け取りを拒否した。当時の金泳三政権があくまで国家賠償を求める世論を受け、
償い金の撤回を求めたためだ。韓国政府はこの事実を、国民に伝えるべきだ。
そもそも、日本の軍や官憲が慰安婦を強制連行した証拠は見つかっていない。平成4年から5年にかけ、
宮沢喜一内閣が集めた200点を超す公式文書の中にもなかった。にもかかわらず、
河野洋平官房長官は元韓国人慰安婦の“証言”だけで強制連行を認める談話を発表した。
野田政権は河野談話の誤りをただし、慰安婦に関する正しい史実を韓国に説明すべきだ。
野田首相は昨年12月の日韓首脳会談で、この問題を「決着済みだ」とする一方、
「これからも人道的な見地から知恵を絞っていきたい」とも述べた。こうした発言が結果として、
韓国側に誤った期待を抱かせた面も否定できない。
国会決議では韓国が「重要な隣国」であり、「韓国国民と親密な友誼(ゆうぎ)を結んでいくことができる」
とも指摘している。米国を含めた緊密な連携は、安全保障上も不可欠との大局観は
日韓両国が失ってはならないものだ。
同時に日本自らの国防力を強めるべきだ。
李大統領の任期は来年2月までだ。その後をふまえ、日韓関係正常化への有効な布石を打つことが重要である。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120825/plc12082503200007-n1.htm

2012年(平成24年)8月26日付 読売新聞日曜版3面 皇室ダイアリー
No.161 天皇陛下
日韓 人と人との相互理解
当方の勝手な忖度ではある。だがやはり、両陛下は悲しみに似た思いを抱かれたのではないだろうか。
「(陛下は)韓国訪問を望んでいるが、独立運動で亡くなった人たちに心から謝罪するならば受け入れる」。終戦記念日の前日、韓国大統領府は李明博大統領のこんな発言を発表した。
国際親善の一環である陛下と外国元首らとの会見では、相手側が「ぜひ訪問を」と陛下に招請することは多い。
陛下はその度に丁寧な謝意をあらわし、「私の外国訪問は政府が決めることです」と誠実に答えられる。
2008年の李大統領との会見でもそうだった。
問題の発言について、大統領府は間もなく、「陛下が訪問したいならば」との仮定の話だと訂正した。
だが前提は誤ったままだ。宮内庁側は「謝罪するために訪問せよと言ったに等しい」と嘆き憤る。当然だ。
「国際親善の基は人と人との相互理解であり、その上に友好関係が築かれていくものと考えます」。
05年の記者会見で陛下はこう述べられた。その通り、両陛下は相手国とその人々に敬意を払い、
要人であろうと市井の人であろうと心を尽くして触れ合われている。
日韓の友好関係も、人と人との交流により築き上げられてきた。それが後退するようなことを、
両陛下は何より案じられると思う。
編集委員 小松夏樹


目次5へ