悠仁親王殿下沖縄ご訪問

秋篠宮ご夫妻:悠仁さまと沖縄・糸満の平和祈念公園を訪問
毎日新聞 2013年12月10日 16時58分(最終更新 12月10日 18時07分)
秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(7)=お茶の水女子大付属小1年=が10日、
沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れた。
入学試験による休校日を利用したもので、悠仁さまが沖縄を訪れるのは初めて。
悠仁さまは濃紺のスーツ姿。国籍や軍人、民間人の区別なく沖縄戦で亡くなった
約24万人の名前が刻まれた平和の礎(いしじ)では、糸満出身者の名前が並んだ碑の前に立ち、
生まれてすぐに犠牲になるなどしたため命名されず、
「長男」としか書かれていない子供がいることなどを秋篠宮さまから聞いた。
犠牲者の名前が地域別に並んでいることを聞くと「東京はどこ?」と尋ねたという。
悠仁さまはこの後、公園内にある国立沖縄戦没者墓苑を訪れ、
ご夫妻と一緒に白菊を献花したほか沖縄平和祈念堂も訪れた。【長谷川豊】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20131210k0000e040210000c.html


悠仁さま、初めて沖縄へ 平和の礎を訪問
2013年12月10日18時51分
秋篠宮ご夫妻と長男・悠仁さま(7)は10日午後、私的旅行で沖縄県入りした。
悠仁さまが同県を訪問するのは初めて。
この日は、糸満市摩文仁(まぶに)の「平和の礎(いしじ)」を訪問。
悠仁さまは紺のスーツとネクタイ姿で、
沖縄戦などで犠牲になった約24万人の名前が刻まれた石碑を見学した。
男性の氏名に続いて「長男」とだけ刻まれた名前の前では、県の担当者から、
生後まもなく亡くなるなどして名前が分からない人もいたことを説明された。
県外の戦没者が出身地ごとに刻まれたエリアでは、
悠仁さまが「東京都はどこですか」と秋篠宮さまに尋ねていたという。
その後、国立沖縄戦没者墓苑では、3人で白菊を供花したという。
秋篠宮ご夫妻は以前から公私にわたって沖縄を度々訪問。
1997年には長女眞子さま(22)、次女佳子さま(18)とともに訪れ、同墓苑に供花している。
今回は、悠仁さまが通うお茶の水女子大付属小の入試休みを利用した旅行で、数日間滞在するという。
http://www.asahi.com/articles/TKY201312100230.html

秋篠宮ご夫妻と悠仁さま、「平和の礎」を見学
秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(7)は10日、
沖縄県糸満市の平和祈念公園内にある戦没者の刻銘碑「平和の礎いしじ」を見学された。
悠仁さまが通うお茶の水女子大付属小学校は入試のため休校中で、悠仁さまの沖縄県訪問は初めて。
平和の礎には沖縄戦などで亡くなった24万人以上の犠牲者の名が刻まれている。
家族全員が亡くなって名前が確認できず「長男」などと記された子供の犠牲者もおり、
秋篠宮さまは腰をかがめ、紺のブレザー姿の悠仁さまにこうした犠牲者についてゆっくりと説明された。
刻銘碑は地域別に並んでおり、案内役の同県担当者によると、
悠仁さまは秋篠宮さまに「東京はどこ?」と尋ね、ご夫妻と一緒に東京都出身の戦没者の碑も見学されたという。
(2013年12月10日19時30分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131210-OYT1T00980.htm?from=rss&ref=rssad

秋篠宮ご夫妻と悠仁さま、沖縄の平和祈念公園を訪問される
秋篠宮ご夫妻と、長男の悠仁さまは10日、沖縄・糸満市の平和祈念公園を訪問された。
午後2時すぎ、紺色のスーツ姿の悠仁さまは、ご夫妻に伴われ、
平和祈念公園にある「平和の礎(いしじ)」の前に到着された。
沖縄戦で犠牲となった20万人以上の名前が刻まれた石碑には、
生後まもなく亡くなった、名前のない子どもたちについても刻まれていて、
秋篠宮さまが説明すると、悠仁さまはじっと、石碑を見つめられていた。
(12/10 18:35 沖縄テレビ)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259459.html

悠仁さま、平和の礎に 秋篠宮ご夫妻と沖縄を初のご訪問
2013.12.10 18:17
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは10日、沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、
沖縄戦の戦没者約24万人の名前が刻まれた石碑「平和の礎」を見て回られた。
続いて国立沖縄戦没者墓苑も訪ね、献花された。
悠仁さまが通うお茶の水女子大付属小学校の入試休みを利用した私的旅行で、悠仁さまの沖縄県ご訪問は初。
悠仁さまは紺色のスーツにネクタイのお姿。
石碑には、生まれたばかりで亡くなったため「長男」や「次男」とだけ刻まれた人もおり、
秋篠宮さまが指をさしながら悠仁さまに説明された。
秋篠宮さまは11月の誕生日を前にした記者会見で、悠仁さまのご成長に関連し
「日本の国内にも地域ごとにさまざまな興味深い文化がありますので、
そういうのもできるだけ知る機会を作っていけたらいいなと私は思います」と話されていた。
昨年夏には北海道で、アイヌの人形劇を鑑賞するなどされている。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131210/imp13121018190001-n1.htm

悠仁さま「平和の礎」を訪れる
12月10日 19時21分
秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまは10日、ご夫妻と沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、
沖縄戦などの犠牲者の名前が刻まれた「平和の礎(いしじ)」をご覧になりました。
悠仁さまは、小学校の休みを利用して、10日から秋篠宮ご夫妻と沖縄県を訪れ、
太平洋戦争末期の沖縄戦で最後の激戦地となった糸満市にある平和祈念公園を訪ねられました。
悠仁さまが沖縄県を訪れたのは初めてで、まず、ご夫妻と共に
沖縄戦などで亡くなった24万人余りの名前が刻まれた石碑「平和の礎」を見て回られました。
悠仁さまは、秋篠宮さまの説明を聞きながら、
糸満市出身の戦没者の名前が刻まれた石碑をご覧になっていました。
悠仁さまが、東京都出身の戦没者の名前がある場所を尋ね、
ご夫妻と一緒に探される場面もあったということです。
悠仁さまは、このあと、ご夫妻と共に沖縄戦で亡くなった人たちの
遺骨が納められている国立沖縄戦没者墓苑にも足を運び、
納骨堂の前に花を供えて犠牲者の霊を慰められたということです。
秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、数日間、沖縄県に滞在される予定です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131210/t10013722111000.html



悠仁さま、沖縄「平和の礎」を見学 秋篠宮ご夫妻と
2013/12/10 20:48
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さま(7)=お茶の水女子大付属小学校1年=は10日、
沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、戦没者名を刻んだ「平和の礎(いしじ)」を見学された。
悠仁さまは小学校の休みを利用し、初めての沖縄訪問。遺骨を納めた「国立沖縄戦没者墓苑」も訪れ、
3人並んで供花された。
平和の礎には沖縄県をはじめ各都道府県や米国、韓国などの戦没者24万人余りの名前が出身地別に刻まれている。
スーツにネクタイ姿の悠仁さまは真剣な表情で見て回り、「東京都はどこにあるんですか」と
秋篠宮さまに尋ねて3人で探される場面もあったという。
公園内の施設では、毎年6月23日の沖縄戦の犠牲者を悼む「慰霊の日」に放たれる国内最大級の蝶(ちょう)、
オオゴマダラも見学された。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1004J_Q3A211C1CR8000/

<悠仁さま沖縄入り>皇室の思いを若い世代に引き継ぐ
毎日新聞 2013年12月10日 22時49分(最終更新 12月10日 23時28分)
沖縄県は、太平洋戦争で全国で唯一地上戦を経験し、天皇陛下が深い思いを寄せる場所だ。
昭和天皇も訪問を強く希望していたことが知られており、
悠仁さまの沖縄入りは、こうした皇室の思いを若い世代に引き継ぐ形となった。
天皇陛下は皇太子時代の1975年、沖縄を初訪問。県民には反対の声もあり、
「ひめゆりの塔」では火炎瓶を投げつけられる事件も起きた。だが、その後も訪問を重ね、計9回に及ぶ。
記者会見でも度々沖縄への思いに触れ、皇太子時代の81年には
日本人として記憶すべき四つの日の一つとして沖縄戦終結の6月23日を挙げた。
70歳の誕生日を迎えた2003年には
「沖縄の人々の気持ちが理解できるようにならなければならないと努めてきたつもりです」と気持ちを示した。
沖縄県の短歌である琉歌(りゅうか)を詠むことも多い。
次の世代の皇太子さまや秋篠宮さまも沖縄県を訪問した際には平和祈念公園を訪れ、犠牲者を悼んできた。
悠仁さまはさらに次の世代となる。元侍従長の渡辺允(まこと)さんは
「天皇陛下は沖縄の体験をみんなで共有すべきだと考えており、
悠仁さまが訪れるのは非常に良いことだと思う」と訪問の意義を話した。
【長谷川豊】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20131211k0000m040111000c.html



悠仁さま、琉球犬などと触れ合い 沖縄市「こどもの国」
沖縄県滞在中の秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(7)は11日、沖縄市の動物園「沖縄こどもの国」を訪れ、
明治から大正の地元農家の建物を移築したコーナーを見学し、動物と触れ合われた。
悠仁さまが通うお茶の水女子大付属小学校の入試休みを利用した私的な旅行。
農家の畜舎では、沖縄在来種の琉球犬や与那国馬などを公開している。
紺のベスト姿の悠仁さまは笑顔で犬を触ったり、ヤギや牛に牧草をやりながら
「ちっちゃい」「いっぱい食べる」とご夫妻に話したりしていた。
2013/12/11 10:28 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013121101001061.html

悠仁さま 沖縄の動物園を訪問
12月11日 11時46分
秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまは沖縄県の動物園を訪れ,
沖縄で古くから飼われている犬や馬などの動物と触れ合われました。
悠仁さまは秋篠宮ご夫妻と共に10日から沖縄県を訪れていて、
11日は沖縄市にある「沖縄こどもの国」を訪ねられました。
この施設には日本で最も南にある動物園もあり、
悠仁さまはご夫妻と共に沖縄の古民家を再現したコーナーで、琉球犬や与那国馬など
沖縄で古くから飼われている在来種の動物をご覧になりました。
秋篠宮さまは先月の記者会見で、ことし小学生になった悠仁さまについて、
地域ごとにあるさまざまな興味深い文化を知る機会をできるだけ作っていきたいと述べられています。
悠仁さまは、うれしそうに動物の体に触ったり、いろいろな方向から眺めたりしたあと、
牛などへの餌やりを体験し、「いっぱい食べた」などと話されていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131211/k10013741031000.html

目次3へ