やりくりの記

暮しの手帖300号記念特別号(2002年) 再録記事より

===================================
やりくりの記 東久邇 成子

 日本は變つた。私たちもこれまでの生活を切り替えやうと此の燒跡の鳥居坂に歸つて來た。
やりくりの暮しがはじまつたのである。ここは居間の方が全部燒けて、ただ玄關と應接間だけが
殘つたので、これを修理して、やつと、どうにか住めるやうにしたのだ。だから押入れが一つもなく、
台所と言つても、ただ流しだけで、配給のものなどを入れて置く戸棚もないので、洋服ダンスの
下方にしまつたりしている始末である。ともかく移ろう、あとは移つてから、だんだん工夫して
便利に改造しようと思つてのことだつたけれど、何やかに追われて二年になるのにそのままになつている。
 廣い品川の家に、昔ながらの習慣にひたつて兩親と共に暮す事は、ある意味では、樂だと言う事も出來る。
しかし生活そのものを思いきりつめて、むだな所を捨て、將來に大きな希望、明るい夢を抱いて、
その實現へと、一歩一歩ふみしめて行くと思うと、こんな生活でも、いまの暮しを私はたのしいと思う。
咲き誇った花の美しさより、つぼみのふつくらした美しさがほしいと思うからである。
 しかし、自分たちだけの力で、何もかもしなければならないとなると、本當に忙しく、
又しつかりと計畫を立ててしないと、この家庭生活は實に複雑である。お魚や肉や果物等時々自分で
買いにもゆかなければならない。又、時には銀座あたりに、身の廻りの物等買いにゆく。
昔ならば安くてよいものが簡單に手に入つたけれど、今は高くて手が出ないし、ちよつと變つたものになると、
あちこちを探しても間にあわないものもある。
 三度の食事も配給もので、大體まかなうのだけれど、パンや粉ばかりの時があつたり、お芋が何日もつづいたり、
時には玉蜀黍粉や高粱だつたりすると、どんな風にしたらよいか、中々頭をなやまされる。大人はまだしも、
育ちざかりの子供達の爲に、榮養がかたよらないやうにそして、おいしく頂ける様にいろいろ工夫しなければ
ならないのだが、そんなわけで、いつの間にか、お粉の料理は私の自慢料理の一つになつてしまった。
 衣服でも、子供たちのものは皆つくる事にした。子供のものは、すぐよごれるし破けたりする上に、
どんどん伸びて小さくなつてしまう。この間も、よそゆきのズボンを汚れついでに半日着せておいたら、
夕方には、早速垣根にひつかけたとかで、大きなカギざきを作つて、私をがつかりさせてしまつた。
下の子は今伸び盛りだから、去年秋に作つて、いくらも着なかつた合着を春に出して見たら、丈も短く、
首廻りもなおさなければ着られなくなつていた。こんな風なので、布地を一々買つたり洋服屋に出していたのでは
とても大變だから、なるべく主人や私の着古しをなおしてこしらえるのである。いろいろデザインを考えてすると、
變つた可愛いい感じのものになり、これも又やりくり暮しのたのしみである。子供たちもやはり、きれいな着物が
好きと見えて、新しく出來ると大喜びでそれを着る日を樂しみにしている。
 たまの日曜日「今日はおばあ様の所へ行きましようね」と言うと、「僕も」「文ちやんも」と
大はしやぎをはじめる。「電車にのつて!」「こないだ作つたおべべを着て…」と言ひながら一人で
どんどん着物をきかえ、靴下をはいて靴をはいて、玄關からとび出す。何時もぐずぐずして
「まだですか、まだですか」とよく言われるのに、その早い事、そして私達の支度の出來るのを
待ちこがれてゐるのである。たとえ父母のお古にしろ、さつぱりときれいな着物を着るのがうれしく、
電車にのるのがうれしく、その上父母と一緒に手をとられて行くのがなおうれしい。日頃、家庭の仕事に
追われてしまつて「本を讀んで頂戴」と言われても「今忙しいからあとでね」と相手にしない事が
よくあるのでかうして生々とした笑顔を見ると、苦勞して作つてやつて、ほんとによかつたと思い、
私の心まで明るくはずんで來るのである。
話は違うが、子供といえば、四つになる文子が、いつの間にか小さな木箱を持つて來て、象牙の牛を
出しているので、「おもちやにしてはだめよ」と言うと、「しまつておくね」と可愛い、くるくるした
目をみはつて、いかにも惡かつたといふ顔をしながら一生懸命牛を入れてゐたが、蓋がどうしても出來ない。
そこで私は「しめて上げましよう」と言いながら箱を取りあげると、床の上にはまだ。つめ綿がころがつていた。
「あらこんなところにまだ綿があつたのね」と言うと、今までだまつて私のする事を見ていた文子は、
その綿をかかえるなり大いそぎで、まるではずんだゴム毬のやうに遠くへかけていつてしまつた。
私は「綿が欲しかつたの」と思はず笑つたが文子は如何にも勝ち誇つた様に部屋の隅でにこにこしながら
綿をちぎつて遊び出した。純真無垢と言うか、そのあどけなさ、罪の無さ、牛ならぬ綿のほしい子供の心理には
ほほえまずには居られない。子供には子供の世界がある。大人には想像も及ばない世界である。私たちは
つい大人の考へから、ああして、こうしてと指圖して美しい子供心を壓迫してしまう事が度々あるのでは
ないだろうか。
 軟い寶石のような、そんな感じのする子供心を、私は出來るだけ注意ぶかく見守り、傷つけないように
磨こうと思う。
 それにつけても、この頃のおもちやの粗惡で、なんと高い事であろう。店頭にたつてもこれはと思つて
買えるものは少い。あれが欲しい、これが欲しいと子供達が言つても、高いばかりですぐこわれる様なものばかり。
數は澤山持ち合わせなくとも、質のよい、本當に子供の發達を助けるためのおもちやが容易に手に入るように
なつたら、どんなによいであろう。アメリカニズムを眞似るのではないけれど、アメリカの雑誌や家庭で見る
いろいろのおもちやはよく子供の智力の發達に役立つよう工夫されていて本當に感心させられる。
 しかし、夏の仕度が整つて、やれやれと思つている中に、さわやかな風のおとずれと共にすぐに秋になつてしまう。
もう今から冬の仕度にかからないと間にあわない。去年は私の古いウールの上衣をなおして、作つて見たが、
ひと冬でだめになつてしまつた。今年は何を作つてやろうかしら、毛織物は家での洗濯が大變だし、
小さくなつてもうなおせないので、冬は毛糸のものが一番良いと思う。子供の爲には暖く輕く柔かで
着心地がよい。ミシンの様に手早くは出來ないが、私は小さい機械を使うので案外能率的である。
 燒跡の大部分に畑もつくつた。毎日の食生活を少しでも助けるためである。夏の朝早く露をたたえて
生き生きと輝いているトマト、なす、きうり等、もぎとつてくるのも嬉しかつた。しかし、今年の春の頃は、畑に人蔘も、ほうれん草も、大根もなくて、毎日春菊だの、わけぎだのと同じきまつた野菜に、今日は
何を使おうかしらと苦勞させられたものだ。そして結局高い端境期の野菜を買わなければならなかつた。
この苦い經驗を生かして、來年は多種類の野菜が少しづつでも、絶間なくとれる様に、殊に端境期に
氣をつけて菜園計畫を立てようと思つている。
 それにみどりばかりでもと、花を植えて、燒跡を少しは美しく豊かな感じにしようと思つて
今年は一生懸命種をまいたり苗を植えたりした。しかし生ひ茂る雑草は取つても取つても、すぐ
後から生えて來る。家の中の仕事に忙しくて、二三日もうつちやつておくと、もう憎らしいくらい々と
伸びている。それに肥料も少なかつたせいもあつて、殘念ながらこれは充分私の目を樂しませる事は
出來なかつた。
 この様に台所の事、畑の事、縫物の事等、朝から晩まで仕事に追はれがちの私である。庭の草花の一輪でも
部屋の片隅に生けて、そのささやかな美を味いたいと思ひつつも、普段はそれすら忘れてしまつている。
けれども、これではいけないと思う。少しでも餘暇をつくり、世界に遅れないやうにヘ養をたかめる事、
美しい音樂をきいたり、よい映畫を見たり、或はいろいろの會合で多くの人に接すること、又しずかに
讀書をして、ひろく社會の事を知り、新しい知識をとり入れる事をしなければと思う。
 でも、どんな風にしたら其の日、其の日の家事が早く片付いて、かうしたゆつたりと落ちついた時間を
持つ事が出來るだろうかと考えて見た。
 この數年の忙しい毎日の暮しで、私が知つたのは、一つは仕事を敏速にする訓練と心掛けが必要だと
いうことである。これは要點をつかんで無駄をはぶき計畫的に仕事をすることだと思う。忙しい忙しい、
と思つていると、しつかりと、ものを考えて判斷したり、家庭の中の事柄の計畫を立てるやうな事も
なくなつてしまう。しかしよく考へて見ると目先の事ばかりにしがみついていたのでは、やりくりでも、
すべて上手にゆかないのではないであろうか。
 もう一つには、いつも整頓する習慣をつけることである。机の上には二、三日分の新聞がたまり、
鉛筆が出し放しにしてあつたり、台所道具が、ちらばつていたりすると、能率が上がらないばかりでなく、
何時の間にか子供のおもちやになつたり、なくなつたり、こわれたりするものもある。何時も定めた所に
しまう様にすれば、手順よく仕事がはかどるやうになる一つの手段だと思う。
 世界は、社會はまさに混沌とした深い霧にとざされている様に見えるが、しかしその中にもある一點から、
ほのぼのとした光がさしはじ始めているような氣がする。私の生活も又様様なもやにさえぎられて、
今もまだ幾多の困難をのりこえなければならないが、これは私たちだけではない、日本中みんな苦しいのだから、
此の苦しさにたえてゆけば、きつと道はひらけると思うと、やりくり暮しのこの苦勞のかげに、はじめて
人間らしいしみじみとした、喜びを味う事が出來るのである。
(筆者は 天皇陛下第一皇女、かつての照宮さま、現在東久邇盛厚氏夫人)

sigekosama.jpg

◆初出5号 1949年10月
ひがしくに しげこ(1925〜1961)昭和天皇の第一皇女。東久邇宮盛厚王と結婚する。
戦後は臣籍降下にて一般国民となり、「タケノコ生活」などの苦しい家計を経験する。
腫瘍のため、61年7月35歳で死去。

===================================


※旧漢字、仮名遣い等、暮しの手帖300号記念特別号(2002年)のまま転載。
一部、JIS第一・第二水準外のものは置き換えた。