眞子内親王殿下 ご卒業

眞子さま 卒業後は公務に重点
3月23日 18時52分
秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、ことし開かれる国際的な陶磁器の展覧会の名誉総裁に就任するなど、
大学を卒業後は進学や就職はせず、皇族として本格的に公務に取り組まれることになりました。
眞子さまは、東京の国際基督教大学に4年間在籍し、美術の分野を中心に学んできましたが、
今月26日に卒業されます。
関係者によりますと、卒業後は進学や就職はせず、皇族として本格的に公務に取り組む予定で、
ことし9月12日から1か月余りにわたって岐阜県で開かれる「国際陶磁器フェスティバル美濃」の
名誉総裁に就任されることになったということです。
この展覧会は、3年に一度開かれる世界的な陶磁器の祭典として知られていて、
これまで、故・高松宮妃や、桂宮さまが名誉総裁を務められてきました。
眞子さまは、イギリス留学を終えて帰国した去年7月に、初めて一人で地方での公務を経験するなど、
学業に支障のない範囲で公務に臨み徐々に活動の幅を広げられてきましたが、
公的な役職への就任が決まったのは初めてです。
このほか、眞子さまは、ことし6月には国際青年会議所の大会に出席するため
紀子さまとともに山形市を訪問し、10月には長崎県で開かれる国体で、
お一人で競技を観戦される方向で調整が進められています。

眞子さまのこれまでの公的な活動は
眞子さまは、これまでも秋篠宮ご夫妻に連れられるなどして公的な活動の経験を重ねられてきました。
中学生の時には、ご夫妻や佳子さまと、「愛・地球博」の開催に合わせて愛知県で開かれた
「こども環境サミット」に出席したほか、中学生が自分の考えを発表する「少年の主張全国大会」にも
紀子さまと臨み、同世代の生徒の発表に耳を傾けられました。
高校生になると、毎年ご夫妻に連れられて、各地で開かれる「全国高校総合文化祭」に出席するなどしたほか、
2年生の時には、上野動物園に贈られた馬の贈呈式で公的な行事に初めて1人で臨まれました。
大学生になってからも、学業に支障のない範囲で公的な行事に携わり、
平成23年10月、成年皇族となる20歳を前にした記者会見では、
「公的なものを含めさまざまな行事に参加していきたいと思っています」と今後の抱負を述べられました。
また、秋篠宮さまは、翌月の記者会見で、「公的な行事を依頼された場合には、
せっかく頂いた機会ですので、一つ一つを大切に一生懸命務めるようにと申しています」と述べられました。
眞子さまは、成年皇族となったあとは、国賓の歓迎晩さん会に出席したり、
天皇誕生日や新年の一般参賀で宮殿のベランダに立ったりしていて、
去年7月には、福岡市でアジア太平洋地域の子どもたちの交流行事に出席し
初めて1人で地方での公務に臨むなど、徐々に活動の幅を広げられてきました。
その後も、紀子さまが臨まれてきた行事に代わりに出席したり、
今月13日には、紀子さまに別の公務が重なるなか、秋篠宮さまとともに被災地を訪問したりしていて、
今後、眞子さまが、秋篠宮ご夫妻の公務を手助けされる機会も増えていくものとみられます。

女性皇族の大学卒業後の進路
平成に入って成年を迎えた眞子さまを除く6人の女性皇族も、全員が大学を卒業しましたが、
卒業後の進路は就職や進学などさまざまです。
このうち、天皇皇后両陛下の長女の黒田清子さんは、卒業後、公務に臨むかたわら、
非常勤職員として山階鳥類研究所に勤務し、去年大学を卒業した高円宮家の長女の承子さまも
、日本ユニセフ協会に常勤の嘱託職員として勤められています。
また、三笠宮瑶子さまも、卒業した年に日本赤十字社での勤務をはじめられました。
三笠宮彬子さまと高円宮家の三女の絢子さまは、大学卒業後、留学したり大学院に進学したりして
学問を続ける道を選ばれました。
一方、高円宮家の次女の典子さまは、卒業後、進学や就職はせず、皇族としての公務に臨まれています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140323/t10013177621000.html

眞子さま、ICUを卒業=公務中心に活動へ
秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(22)は26日午前、国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)の卒業式に出席された。
卒業後は進学や就職をせず、皇族としての公務を中心に活動する。
宮内庁によると、眞子さまは3年生から美術・文化財研究を専攻。
卒業論文は明治時代の神話画をテーマに英語で執筆した。
2012年9月から13年5月まで、英エディンバラ大への短期留学も経験した。
学業以外ではスキー部に所属。11年と12年の夏休みには、
東日本大震災の被災地で子供に関連したボランティア活動をした。
成人後は宮中行事や、単独での地方公務など、活動の幅を広げており、
今年9〜10月に岐阜県で開かれる「国際陶磁器フェスティバル美濃」の名誉総裁に就任する。
卒業に当たり、眞子さまは質問に対する文書回答で「一生の思い出となる4年間になりました」などと
大学生活を振り返った。
秋篠宮ご夫妻は「4年間、大変充実した日々を過ごしたことは親として嬉(うれ)しいことでした」などと
所感を公表した。 
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014032600234&g=soc

眞子さま、国際基督教大学をご卒業 「感謝しています」
2014.3.26 12:46
秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは26日、国際基督教大(東京都三鷹市)の卒業式に出席された。
宮内庁によると進学や就職の予定はなく、今後は9〜10月に岐阜県で開かれる
「国際陶磁器フェスティバル美濃」の名誉総裁に就任するなど、
女性皇族として本格的に公務に取り組まれるという。
眞子さまは式のリハーサルのため午前7時半ごろ、キャンパスに入られた。
同大伝統の黒い帽子とガウン姿で、報道陣に「楽しい学生生活を送ることができ、感謝しています」と話された。
礼拝堂での式には約500人の他の卒業生らとともにご出席。卒業証書・学位記を受け取られた。
同大には平成22年、皇室で初めてご入学。宮内庁によると3年生から美術・文化財研究を専攻された。
英語で執筆した卒業論文の邦題は「明治時代における神話画の誕生、発展、そして葛藤」で、
日本神話を題材とした絵が主に明治時代に描かれた理由などを考察されたという。
24年9月から25年5月に英国エディンバラ大へ短期留学して学生寮で生活し、美術史などを学ばれた。サークルではスキーに取り組まれた。学芸員資格と運転免許も取得された。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140326/imp14032612500001-n1.htm



眞子内親王殿下の国際基督教大学ご卒業に際しての文書回答(平成26年)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/kaiken/gokanso-h26-g.html

問1 大学卒業を迎えての感想をお聞かせ下さい。
国際基督教大学で学ばれたことや英国エディンバラ大学への短期留学などについて,
最も印象深かった出来事やエピソードを交えてお聞かせ下さい。

ご回答
大学生活が過ぎるのは本当にあっという間でございました。
国際基督教大学では様々な分野の科目を履修しつつ,最終的にどの分野を専攻するかを決めることが可能です。
そのシステムのお蔭で今まであまり触れることがなかった学問も楽しむことが出来,
その上で自分が最も興味を持つ分野を決めることが出来ました。
このように学際的な環境に身を置いて学習出来たことは,非常に恵まれたことであったと感謝しております。
第3学年の折には,英国のエディンバラ大学へ短期留学する機会も頂きました。
国際基督教大学とはまた違った環境で,英語で生活し英語で学習する経験が出来,
又,普段の環境を離れることで自分の考え方を見直す良い機会にもなったと思っております。
留学先で色々な方と知り合い,交流を深めることが出来たのも嬉しいことでした。
大学生活4年間を振り返って見ますと,勉学のみでなく,友人や先生方をはじめ,
人間関係に恵まれたことがあげられます。様々な考えを持つ方々と交流しながら
学生生活を送ることが出来ましたことは大変良い経験であったのと同時に,素晴らしい思い出となりました。
このことに大変感謝しております。また学習意欲の高い方が多い大学でしたが,
それと同時に笑いと楽しい会話にもあふれた日々でした。
学生生活の締めくくりといたしましては,卒業論文を執筆したことがあげられます。
指導教授の方が大変熱心に指導して下さり,自分の興味のある事柄についてまとめることが出来ました。
自分自身,完全に満足しているとは申し上げられませんが,その時点で出来るだけのことをしたつもりです。
先に記しましたようにあっという間に過ぎた学生生活ではありましたが,
周りの方のお蔭で楽しく充実した日々を過ごせたと思っております。
何より,存分に楽しむことのできた,一生の思い出となる4年間になりました。

問2 今後の進路と将来の夢をお聞かせ下さい。卒業後は公務に臨まれる機会もますます増えると思いますが,
大学での経験をどのように生かし,どういった分野に力を入れていきたいとお考えでしょうか。
公務に際してご両親から受けているアドバイスがあれば合わせてお教え下さい。

ご回答
今後,さまざまな公的な活動をおこなっていくことになると思います。
今までもそのようなお仕事を受けさせていただくことがありましたが,基本的な気持ちは変わらず,
声をかけて下さる方々に少しでも良かったと思って頂けるよう,
可能な限り力を尽くすことが出来ればと思っております。
大学では様々な分野を学ぶ機会に恵まれましたが,どのような分野に携わることになりましても,
誠意を持って務めていきたいと思います。又,自分の興味のある分野に関しましては,
今後も何かしらの形で探究していくことが出来れば幸いです。
父からは,公的活動というものは,自分のしたいことをするのではなく,
あくまで頂いた仕事に対して誠実に向き合うという意識を持ちつつお受けするべきであると
前々から言われております。母よりは,公的活動のひとつひとつを丁寧に,
そして心をこめて務める姿勢の大切さを,折にふれ,聞かされております。
このようなアドバイスを念頭に置きつつ,これからもお務めをして参りたいと思います。

問3 ご家族についてお伺いします。ご両親,佳子さま,悠仁さまと普段はどのようにお過ごしでしょうか。
ご家庭でのエピソードをお聞かせ下さい。卒業にあたってご両親に伝えたいことや,
今年成人を迎えられる佳子さまへのアドバイス,
この春小学2年生になられる悠仁さまへのメッセージも合わせてお聞かせ下さい。

ご回答
家族全員が揃うことは食事の時が一番多いのですが,重要な事柄を決めようとしている時,
アドバイスをもらいたい時等は両親に尋ねることが多いと思います。例えば今まで大学を決める際,
留学先を決める際にも,まず自分で考え,その考えを両親に報告し,
意見を聞いたうえで決断しておりました。大切だと思うことはコメントする一方で,
私の考えを最大限尊重してくれていることに感謝しております。
私が4年間有意義な学生生活が送れましたのは様々な方々のお蔭だと思っておりますが,
両親の協力も欠かせないものであったと強く感じております。
妹とは友人のような間柄で,家族の中では一番会話をすることが多いのではないかと思います。
真面目な話もいたしますが,お互い面白いことが好きですので,
話していて笑いが止まらなくなることもあります。
今年の末には20歳となり節目の年を迎えることとなりますが,
責任感も持ちつつ充実した生活を送ることが出来ればと願っております。
弟は,最近ますます語彙が増えたようで,会話の内容も以前より広がって来ましたし,
歌を一緒に歌うこともあります。加えて,元気に身体を動かすことが多いので,
一緒に遊んでいるとその元気一杯な様子に自分の幼い頃を思い出すことが多々あります。
折り紙や綾取りは私より上手ですので,教えてもらうこともございます。
これからどんどん成長していくと思いますが,色々なことを吸収しながら育ってくれればと願っております。

問4 秋篠宮さまは昨年11月のお誕生日にあたっての記者会見で,眞子さま,佳子さまの結婚について,
「余り遅くなく結婚してくれたら良いなと思います」と述べられました。
結婚の時期や理想の男性像についてどのようにお考えでしょうか。そうしたお相手はいらっしゃいますか。

ご回答
結婚の時期に関しましては,遅すぎず早すぎず出来れば良いと思っておりますが,
理想の男性像というものは以前も申し上げましたように,特にございません。
理想の男性像というと本人の中で普遍性のあるものでなくてはいけないと思いますが,
自分の中にそのようなものがありませんので,お答えすることが出来ません。

問5 女性宮家創設をめぐる議論は眞子さまはじめ女性皇族にとっては結婚にもかかわる問題です。
現行制度のままでは結婚後は皇室を出られることになりますが,そのことに関してのお考えと,
民間で生活することについて何か心構えなどで準備されていることはありますでしょうか。

ご回答
女性宮家についての私自身の考えに関しましては,父の考えとほぼ同じですが,
制度についてのことですので,私からの答えは控えさせていただきます。
ただし,将来どのような人生を送ることがあったとしても,それまでに学んだこと,
与えて頂いた貴重な経験と共に,歩んで参りたいと考えております。
結婚に限らず言えることですが,生活力を高めていきたいとは思っております。


眞子さま、参拝服姿で昭和天皇陵に卒業報告(03/27 19:00)
秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが、昭和天皇の墓となる陵に大学卒業を報告されました。
眞子さまは27日午後2時半ごろ、東京・八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、
参拝服姿で昭和天皇と香淳皇后の陵をそれぞれ参拝されました。
26日に国際基督教大学の卒業式に出席し、卒業証書を授与さたことを報告されました。
今後は、本格的に公務を始めるということで、
「声をかけて下さる方々に少しでも良かったと思って頂けるよう、
可能な限り力を尽くすことができればと思っております」と述べられています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000023976.html

眞子さま、昭和天皇に「卒業」報告
< 2014年3月28日 2:00 >
秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが27日、昭和天皇・香淳皇后の御陵に大学卒業を報告された。
26日に国際基督教大学を卒業した眞子さまは、27日午後、東京・八王子市にある武蔵陵墓地を訪問された。
小雨の降る中、グレーの参拝服に身を包んだ眞子さまは、昭和天皇が眠る武蔵野陵を参拝し、
玉串をささげて大学卒業を報告された。
続いて、香淳皇后が眠る武蔵野東陵にも参拝された。
眞子さまは今後、皇族の一員として本格的に公務にあたる予定で、
28日、天皇皇后両陛下が伊勢神宮から戻られた後、卒業報告のため御所を訪れる。
http://www.news24.jp/articles/2014/03/28/07248236.html

眞子さま両陛下へ卒業報告 今後は公務を本格化
(03/29 10:55)
秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが大学卒業を天皇皇后両陛下に報告されました。
眞子さまは28日午後6時すぎ、両陛下にあいさつするため、お一人で皇居に入られました。
眞子さまは26日に国際基督教大学の卒業式に出席し、卒業証書を授与されました。
両陛下は28日まで伊勢神宮に参拝するため、三重県を訪問されていました。
眞子さまは、今後は本格的に公務を始めるということで、
「声を掛けて下さる方々に少しでも良かったと思って頂けるよう、
可能な限り力を尽くすことが出来ればと思っております」と述べられました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000024075.html