両陛下 伊勢神宮へ

両陛下、伊勢へご出発 20年ぶりに「剣璽ご動座」
2014.3.25 11:14 [両陛下ご動静]
天皇、皇后両陛下は25日午前、20年に1度、社殿を造り替え、
ご神体を移す式年遷宮「遷御(せんぎょ)の儀」を昨年終えた伊勢神宮を参拝するため、
三重県伊勢市に向けて新幹線の臨時専用列車でJR東京駅を出発された。
両陛下の神宮ご参拝は平成13年11月以来。

今回のご訪問では、皇位とともに伝わる「三種の神器」のうち、
「剣璽(けんじ)」(剣と勾玉=まがたま)を携行する「剣璽ご動座(どうざ)」も行われ、
随行する侍従が黒いケースに入れられた剣璽を携えた。
剣璽が皇居から持ち出されるのは、前回の式年遷宮後に伊勢神宮を参拝された平成6年以来、20年ぶり。

両陛下は26日午前に衣食住の神、豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る伊勢神宮の外宮をご参拝。
午後には外宮から約4キロ離れ、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る内宮を参拝される。
内宮の正宮(しょうぐう)には神器の一つ「八咫鏡(やたのかがみ)」がご神体として収められている。
27日は式年遷宮の資料を展示した「せんぐう館」などを視察し、28日に帰京される。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140325/imp14032511150000-n1.htm


三種の神器、20年ぶり外に 両陛下、伊勢神宮へ出発
島康彦
2014年3月25日13時07分
天皇、皇后両陛下は25日、式年遷宮があった伊勢神宮(三重県伊勢市)に参拝するため、
新幹線の臨時専用列車で東京駅を出発した。
歴代天皇に受け継がれる「三種の神器」の剣と璽(じ、まが玉)も一緒に運ばれた。
剣と璽が皇居外に持ち出されたのは前回の式年遷宮後の両陛下の参拝以来、20年ぶり。
皇居に置かれているのはまが玉のみ。剣は熱田神宮(名古屋市)、鏡は伊勢神宮に置かれている。

東京駅のホームでは、お付きの侍従2人が黒い箱に入った剣と璽をそれぞれ捧げ持ち、新幹線に乗り込んだ。
車内では、剣と璽は両陛下と同じ車両に設けられた専用台に安置された。
両陛下は名古屋駅で近鉄特急「しまかぜ」に乗り換え、剣と璽は両陛下が乗る車両の隣の専用車両に置かれた。
両陛下は26日に伊勢神宮に参拝。27日に式年遷宮を記念して建設された「せんぐう館」を視察し、
28日に帰京する。両陛下の伊勢神宮訪問に伴い、一般の参拝が一時停止される。(島康彦)

■皇位継承の象徴
三種の神器は皇位継承の象徴で、歴代天皇に引き継がれてきた。剣は「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」、
まが玉は「八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)」、鏡は「八咫鏡(やたのかがみ)」。
ただ、皇居に置かれているのはまが玉のみ。剣は熱田神宮(名古屋市)、鏡は伊勢神宮に置かれ、
いずれも複製品が皇居・御所の「剣璽の間」に納められている。
剣とまが玉は戦前、天皇の宿泊を伴う地方訪問に持参されてきた。
戦後は警備上の理由などでいったん廃止されたが、神社関係者を中心に要望があがり、
昭和天皇が伊勢神宮に参拝した1974年に復活した。
今回、剣璽が持参されるにあたり、お付きの侍従を通常の地方訪問の2人から4人に増員。
うち2人は剣と璽を持ち運ぶ。両陛下が車で移動する際も、専用車で車列とともに運ばれるという。
三重県警は4日間の日程中、伊勢署と県警本部に警衛警備実施本部を設置。
中部管区警察局などから応援を得て、特別態勢で警衛にあたる。
http://www.asahi.com/articles/ASG3S61RPG3SUTIL03W.html


皇室と伊勢神宮、深いつながり
2014.3.25 23:27
伊勢神宮の内宮は、皇祖神の天照大神が天孫降臨の際に孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けたとされる
「三種の神器」の一つ、「八咫鏡」をご神体としているほか、神宮祭主には旧皇族方が就いている。
宮内庁は「皇室と神宮には強い結びつきがある」としている。
天皇陛下は毎年、稲の豊作を祈る祈年祭(きねんさい=2月)、
収穫に感謝する神嘗祭(かんなめさい=10月)、新嘗祭(にいなめさい=11月)の3つの祭事のほか、
式年遷宮の「遷御の儀」に当たり、勅使を差し遣わされる。
また、天皇陛下の代理として神宮の祭祀をつかさどる神宮祭主には明治以降、主に皇族が就き、
現在は昭和天皇の四女、池田厚子さん(83)が務めている。昨年までの式年遷宮では、
天皇、皇后両陛下の長女、黒田清子(さやこ)さん(44)が臨時祭主として池田さんを補佐した。
7〜14世紀には、天皇の代わりに、「斎王(さいおう)」と呼ばれる未婚の皇女が神宮に仕える制度もあった。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140325/imp14032523310001-n1.htm

「剣璽ご動座」 戦後は減少、神宮参拝に限定
2014.3.25 23:33
天皇陛下の伊勢神宮ご参拝に伴い、20年ぶりに実施された「剣璽(けんじ)ご動座」。
戦後は警備上の問題などから大幅に回数は減少、神宮参拝に限って行われている。
皇位継承の証しとして受け継がれる三種の神器「八咫鏡(やたのかがみ)」「草薙剣(くさなぎのつるぎ)
(天叢雲剣、あめのむらくものつるぎ)」「八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)」。
本体はそれぞれ伊勢神宮、熱田神宮(名古屋市)、皇居に安置され、
皇居には、鏡と剣の「分身」としての複製品も収められている。
戦前まで天皇が1泊以上の旅行で皇居を離れる際、侍従が剣璽を携えて随行していたが、
戦後は地方訪問が増えたことによる警備上の理由などから、昭和21年6月の千葉県訪問を最後に取りやめられた。
その後、昭和天皇が式年遷宮に伴い神宮を参拝した49年に復活した。
両陛下の即位後は、即位の礼を終えたことを神宮に報告する平成2年の「親謁(しんえつ)の儀」で実施され、
6年の遷宮後のご参拝でもご動座があった。
皇室の祭祀(さいし)をつかさどる掌典職によると、「剣璽は陛下とともにあるのが大原則」で、
25日のご動座では、侍従2人がそれぞれをうやうやしく持って両陛下に付き従った。
両陛下の伊勢ご滞在中は、宿泊先の神宮・内宮行在所に安置され、侍従が見守る。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140325/imp14032523360002-n1.htm


天皇・皇后両陛下、伊勢神宮を参拝
2014年3月26日21時24分
三重県伊勢市を訪れている天皇、皇后両陛下は26日、
20年に一度の式年遷宮があった伊勢神宮の外宮と内宮を参拝した。
この日午前、天皇陛下がモーニング姿で外宮に到着。おはらいを受けた後、正殿前に進み、
玉串を捧げて拝礼した。玉串は天皇陛下の姉である池田厚子祭主を通じて正殿に供えられた。
その後、ロングドレス姿の皇后さまが参拝。午後には同様に内宮をそれぞれ参拝した。
両陛下が参拝する際、皇居から持参された「三種の神器」の剣と璽(じ、まが玉)は、
両陛下の宿泊先である伊勢神宮内宮行在所(あんざいしょ)に置かれた。
http://www.asahi.com/articles/ASG3T5S63G3TUTIL044.html

両陛下が伊勢神宮を参拝
< 2014年3月26日 16:51 >
25日から三重県の伊勢神宮を訪れている天皇・皇后両陛下は26日の午前から午後にかけて、
神宮を参拝された。
26日午前、陛下と皇后さまはそれぞれ、伊勢神宮の外宮を参拝された。
まず陛下が、側近である侍従の先導の下、川島侍従長や風岡宮内庁長官と共に参道を歩いて進み、
正殿に玉串をささげて拝礼された。続いて皇后さまが正殿に玉串をささげ、拝礼された。
両陛下は26日正午頃、内宮に到着し、雨があがった午後2時頃からお1人ずつ参拝された。
内宮には皇室の先祖とされる天照大神がまつられている。
内宮では外宮と同じようにまず、陛下が約500メートルの参道を歩いて進み、
正殿に玉串をささげて拝礼された。続いて皇后さまも参拝された。
両陛下は式年遷宮の翌年に伊勢神宮に参拝するのが慣例となっている。両陛下は28日まで内宮の中に滞在し、
27日は遷宮を紹介する施設などを訪問される予定。
http://www.news24.jp/articles/2014/03/26/07248133.html

両陛下、伊勢神宮外宮ご参拝
2014.3.26 12:58
三重県伊勢市を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日午前、伊勢神宮の外宮を参拝された。
昨年終わった20年に1度の式年遷宮「遷御の儀」後初めてのご参拝で、午後には内宮を参拝される。
両陛下は、宿泊所の内宮行在所(あんざいしょ)から車で外宮行在所へ。
最初に、モーニング姿の陛下が、衣食住の神である豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る
外宮の正宮(しょうぐう)へ向かわれた。神職からおはらいを受けた後、
正殿(しょうでん)前に進み、玉串をささげて拝礼された。
裾の長い参拝服姿の皇后さまも同様に正宮に向かい、参拝された。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140326/imp14032613080003-n1.htm

両陛下、せんぐう館を視察=三重
伊勢神宮参拝などのため、三重県を訪問中の天皇、皇后両陛下は27日午前、
同県伊勢市の展示施設「せんぐう館」を視察された。
同館は伊勢神宮の外宮にあり、昨年の式年遷宮を記念し、2012年4月に開館した。
両陛下は式年遷宮の流れについて説明を受けた後、伊勢神宮の神宝に関する展示物や、
外宮正殿の実物大模型などを見て回った。
昨年3月に秋篠宮ご一家が訪れた際、長男悠仁さま(7)が組み立てた建築様式の模型を見ると
顔をほころばせ、かがみ込んで興味深そうに眺めていた。 
(2014/03/27-11:45)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014032700301

天皇・皇后両陛下、「せんぐう館」を視察
< 2014年3月27日 14:18 >
三重・伊勢神宮を訪れている天皇・皇后両陛下は27日、式年遷宮について紹介した施設を視察された。
両陛下が訪れたのは、去年の式年遷宮を記念して伊勢神宮の外宮(げくう)に作られた「せんぐう館」。
遷宮の儀式に使う神宝の他、外宮の正殿の一部を実物大で再現した模型などが展示してある。
皇后さまは、2006年に皇居の中で自ら育てている蚕の糸80キロを遷宮の神宝を制作するために
伊勢神宮に贈られていて、どのように使われたか説明も行われた。
また、去年3月に秋篠宮ご一家が訪問された際の悠仁さまの様子を聞かれて、
両陛下が顔をほころばせる場面もあった。
http://news24.jp/articles/2014/03/27/07248188.html


両陛下が神宮入り 20年ぶり「剣爾動座」 知事ら出迎え
2014/3/26(水)
天皇、皇后両陛下は二十五日、遷宮後の伊勢神宮を参拝するため、伊勢市を訪問された。
鈴木英敬知事らが近鉄宇治山田駅で出迎え、大勢の市民が歓迎する中、
特別車で宿泊先の内宮行在所(あんざいしょ)に向かった。
歴代天皇の新宮参拝は昭和天皇が初めてで、今回で四度目となる。二十八日まで四日間滞在する。
二十六日に外宮と内宮を参拝する。二十七日は外宮の「せんぐう館」と
明和町竹川の斎宮歴史博物館を視察する。
両陛下の県内訪問は平成十三年十一月の地方事情視察以来。遷宮後の新宮ご参拝は二度目となる。
臨時専用列車で宇治山田駅に到着した両陛下はにこやかな表情でホームに立ち、
鈴木知事と山本勝県議会議長、高須一弘県警本部長、鈴木健一伊勢市長、
世古口新吾同市議会議長らの出迎えを受けた。
駅前には市民約三百五十人(県発表)が詰め掛け、日の丸の小旗を打ち振り、歓声を上げた。
両陛下は手を振って応え、御幸道路を通って内宮行在所に到着した。
道路沿いや宇治橋前には歓迎の市民や参拝客ら約五千人であふれた。
今回は通常の地方訪問と違い、皇位継承の象徴とされる
「三種の神器」の剣と爾(じ)(勾玉(まがたま))を持参された。
皇居外へ持ち出す「剣爾動座」は前回遷宮後の参拝以来、二十年ぶり。
皇居には、「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)のほか、内宮の「八咫鏡(やたのかがみ)」と
熱田神宮の「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」の複製品を安置している。
両陛下は今回、新宮参拝に当たり、三夜にわたって行在所で斎戒(飲食や行動を慎み心身を清める)される。
http://www.isenp.co.jp/news/20140326/news01.htm

両陛下、せんぐう館ご視察
2014.3.27 17:17
三重県伊勢市を訪問中の天皇、皇后両陛下は27日、20年に1度、社殿を造り替え、
ご神体を移す伊勢神宮の式年遷宮に関する資料を展示する「せんぐう館」(同市)視察し、
衣食住の神、豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る外宮(げくう)の正殿(しょうでん)の
実物大模型などを見て回られた。
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまが昨年3月、
神宮を参拝した際に組み立てられた社殿の小型模型もご覧になった。
続いて、7〜14世紀に天皇の代わりに神宮に仕えた未婚の皇女・斎王(さいおう)が生活した
「斎宮(さいくう)」の史跡資料などを紹介する斎宮歴史博物館(同県明和町)を訪問された。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140327/imp14032717220001-n1.htm

【皇室ウイークリー】
(324)
2014.3.29 07:00
天皇、皇后両陛下は25〜28日、20年に1度、社殿を造り替え、
ご神体を移す式年遷宮「遷御(せんぎょ)の儀」を昨年終えた伊勢神宮を参拝するため、
三重県伊勢市を訪問された。両陛下の神宮ご参拝は平成13年11月以来で、即位後4回目。
今回注目されたのが、皇位とともに伝わる「三種の神器」のうち、剣と璽(じ)(勾玉(まがたま))を携行する
「剣璽(けんじ)ご動座(どうざ)」。専用列車内での様子はうかがえなかったが、
両陛下が東京駅や乗り換えの名古屋駅などで移動される際には、
侍従2人がそれぞれ、首に肩掛けベルトを掛け、剣璽を収めた黒いケースを
うやうやしく捧げ持つようにして、陛下に付き従った。
ご動座は前回の式年遷宮後に神宮を参拝された平成6年以来20年ぶりで、
居合わせた利用客や奉迎者らは興味深げに見守っていた。
神宮は皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る内宮(ないくう)、
衣食住の神である豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る外宮(げくう)を中心にした125の宮社の総称。
神宮司庁によると、神宮の参拝は「外宮先祭(せんさい)」といい、
外宮、内宮の順に参拝するのが慣例となっている。
両陛下は26日、午前に外宮、午後に内宮を参拝された。外宮ではあいにくの雨となったが、
静寂に包まれた神域の中を、最初にモーニング姿の陛下が、ゆっくりと正宮(しょうくう)へ向かわれた。
榊の枝に麻の繊維を付けた「大麻(おおぬさ)」と、御塩(みしお)で神職からおはらいを受けた陛下は、
正殿(しょうでん)前にしつらえられた「御浜床(おはまゆか)」と呼ばれる木製台(約1メートル四方)へ進み、
玉串をささげて拝礼された。陛下が参拝を済まされると、続いて、白い裾長の参拝服姿の皇后さまも、
同様に参拝された。午後には雨も上がり、両陛下は内宮も同じ手順で参拝された。
陛下の伊勢ご到着後、剣璽は神域内にあるご宿泊先の内宮行在所(あんざいしょ)で、
陛下のお近くの部屋にケースから出して安置。ご参拝の間も行在所で侍従が見守っていた。
両陛下は27日、式年遷宮の資料を展示した外宮内の「せんぐう館」を訪れ、
外宮正殿(しょうでん)の一部を原寸大で再現した模型や神宝などを視察された。
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまが昨年3月、
神宮参拝の際に組み立てられた社殿の模型も笑顔でご覧になり、陛下は「階段がおもしろいね」と話された。
(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140328/imp14032821540003-n1.htm

両陛下が帰京、三種の神器「剣璽」も皇居に
伊勢神宮参拝のため、三重県を訪問していた天皇皇后両陛下は、
28日午後2時前、東京駅に到着し、皇居に戻られました。
今回の訪問では、三種の神器の「剣璽」といわれる「剣」と「曲玉」が20年ぶりに皇居の外に持ち出され、
帰京の際にも皇居まで慎重に運ばれました。
滞在中は、式年遷宮が終わった伊勢神宮の外宮、内宮を、時折、雨が降る中、
陛下、皇后さまの順に参拝したほか、式年遷宮を紹介する「せんぐう館」などを訪れ、
興味深く見学されていました。
27日は沿道や伊勢神宮の周辺に合わせて2万4000人が集まるなど、
連日、大勢の人が両陛下を歓迎していました。(28日14:40)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2159967.html