2014年10月

皇太子ご夫妻、芸術祭公演を鑑賞 国立劇場で
皇太子ご夫妻は1日、東京都千代田区の国立劇場で
第69回文化庁芸術祭オープニング公演「伝統芸能の交流―日本・モンゴルの歌と踊り」を鑑賞された。
日本からは善養寺恵介さんらが演奏する尺八連管「鹿の遠音」や、
岩手県花巻市に伝わる民俗芸能「落合鹿踊」が地元の保存会によって披露され、
モンゴル側は、伝統的な楽器「馬頭琴」や民俗舞踊などを上演。
文化庁芸術祭は芸術文化の振興を目的に1946年から毎年秋に開催されている。
2014/10/01 20:26 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014100101002040.html

皇室:皇太子さまが水資源テーマのシンポに出席
毎日新聞 2014年10月02日 11時23分
皇太子さまは2日、東京大学伊藤国際学術研究センター(東京都文京区)を訪れ、
「持続的発展に向けた水資源の管理」をテーマとする「第3回スルタン・カブース学術講座シンポジウム」の
開会式に出席した。
皇太子さまは「国際社会において水問題の解決に向け連帯の輪が一層広がることを願ってやみません」
と英語であいさつした。
3日までで、オマーンの寄付で世界の13大学に開設された学術講座の研究成果が発表される。
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141002k0000e040227000c.html

天皇、皇后両陛下:豊島岡墓地で、桂宮さまの墓所に拝礼
毎日新聞 2014年10月03日 11時07分(最終更新 10月03日 12時55分)
天皇、皇后両陛下は3日、東京都文京区の豊島岡墓地を訪れ、
今年6月に66歳で亡くなられた桂宮さまの墓所に拝礼した。
喪主代理を務める三笠宮家の彬子(あきこ)さまが出迎えた。
桂宮さまの逝去から100日目となる9月15日に同墓地で「墓所百日祭の儀」が行われたが、
両陛下は慣例により出席していなかった。【古関俊樹】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141003k0000e040178000c.html

三笠宮さまが退院
宮内庁は3日、風邪のため9月24日から聖路加国際病院(東京都中央区)に入院していた
三笠宮さま(98)が退院されたと発表した。
微熱とせきの症状があったが、ここ数日は落ち着いており、
8日に都内で行われる高円宮家の次女典子さま(26)の結婚を祝う晩さん会に、
妻の百合子さま(91)とともに出席する見通しという。(2014/10/03-16:29)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014100300657&g=soc

2014.10.4 07:00
皇室ウイークリー(351)
両陛下、最後の高齢者施設ご訪問 愛子さまは運動会に元気にご参加 常陸宮ご夫妻、ご結婚から50年
学習院女子中等科(東京都新宿区)1年の皇太子ご夫妻の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは9月27日、
女子中・高等科の運動会に参加された。小町恭士東宮大夫によると、愛子さまは左足の指にすり傷がある中、
麻袋を履いたままジャンプして競争する「みのむし」、ポンポンを持ったダンス、
バスケットボールを使ってリレーする「ドリブル競争」に元気に出場し、
最後のフォークダンスにも臨まれた。ご夫妻は最後まで観覧されたという。
http://www.sankei.com/life/news/141004/lif1410040002-n1.html

皇太子さま秋田

ねんりんピック 常陸宮ご夫妻来県
10月4日 朝刊
「ねんりんピック栃木2014」視察のため、常陸宮ご夫妻は3日午後3時半、
新幹線でJR宇都宮駅に到着された。
常陸宮さまは車いすでホームに降り、後に華子さまが続き、
福田富一知事や佐藤栄一宇都宮市長らの出迎えに、笑顔で応えた。
1980年の本県の「栃の葉国体」でも来県し、剣道などを観戦したご夫妻。
今回は4日、県総合運動公園の総合開会式に出席し、5日に卓球、弓道の各交流大会を視察して帰京の予定だ。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141004/1736014

秋篠宮両殿下メキシコ・グアテマラご訪問

両陛下、日本武道館50周年式典に
天皇、皇后両陛下は5日、東京都千代田区の日本武道館で行われた同館の開館50周年記念式典に出席された。
同館は武道の普及を目的に建設され、1964年10月3日に開館、東京五輪の柔道競技会場となった。
66年のビートルズ来日公演をはじめ、コンサート会場にも使われ、毎年8月15日には両陛下出席の下、
政府主催の全国戦没者追悼式が行われる。
式典には約4800人が出席。式に続く「日本武道祭」では、柔道や剣道、相撲などの演武が披露され、
両陛下は壇上から拍手を送った。(2014/10/05-15:41)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014100500099&g=soc

皇太子さま、京都入り=科学技術・人類の未来フォーラム出席などで
皇太子さまは6日、「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」
第11回年次総会閉会式出席などのため、新幹線で京都市入りされた。
7日、年次総会の全体会議と閉会式に出席し、帰京する。
台風18号の影響で、出発を予定より3時間半余り遅らせたため、京都国立博物館訪問は取りやめとなった。
(2014/10/06-18:06)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014100600610&g=soc

両陛下、御嶽山噴火でお見舞い=長野、岐阜両県知事に
天皇、皇后両陛下は6日、御嶽山噴火による被害のお見舞いと、捜索救助活動を続けている警察、消防、
自衛隊など関係者へのねぎらいの気持ちを、川島裕侍従長を通じ、
長野県の阿部守一、岐阜県の古田肇両知事に伝えられた。
宮内庁によると、両陛下は噴火で多くの犠牲者が出たことに心を痛めているという。(2014/10/06-17:58)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014100600600&g=soc

砺波で皇室献上のチューリップ球根箱詰め
2014年10月06日 11:24
砺波市が皇室に献上するチューリップ球根の箱詰め作業が6日、
同市大門の県花卉(かき)球根農業協同組合で行われた。
天皇、皇后両陛下や皇太子さま、各宮家に計4千球を贈る。
献上するのは、県内で開発したものを中心に6品種。
5月の県チューリップほ場品評会で農林水産大臣賞に輝いた埜村丈雄さん(同市高道)が育てた
「紅(くれない)美人」や、北陸農政局長賞の梅次勲さん(滑川市大窪)が生産した「白雲」、
県知事賞の大窪康則さん(南砺市苗島・福野)が栽培した「夢の紫」などを用意した。
市職員が「献上 砺波市」と書かれた白い箱に、ネットに入った状態で入れた。
夏野砺波市長が11月13日に宮内庁へ持参。水越久男同組合常務理事が同行する。
球根の献上は旧砺波市施行の1954年から毎年行い、61回目となる。
http://webun.jp/item/7127734

皇太子さま、科学技術総会に出席
2014年10月7日15時10分
皇太子さまは7日、京都市の国立京都国際会館で開かれた「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」
第11回年次総会に出席した。
閉会式で「人類の持続的発展に向けて、科学技術を最大限にいかす方法を模索する努力が
続けられることを望みます」と英語であいさつした。
このフォーラムは2004年度以降、毎年京都で開催され、今回は各国の研究者や経営者ら約1千人が参加した。
http://www.asahi.com/articles/ASGB655KYGB6UTIL04P.html

両陛下、菱田春草展ご鑑賞
2014.10.8 21:39更新
天皇、皇后両陛下は8日、東京都千代田区の東京国立近代美術館を訪れ、
近代画家、菱田春草の生誕140年を記念して開催されている回顧展「菱田春草展」を鑑賞された。
同展には、重要文化財の「王昭君」「落葉」など100点以上の作品を展示。
陛下は異なる構図や技法で描かれた「落葉」の連作を観て、
「やはり秋の落葉は印象に残るのでしょうね」と話されていた。
http://www.sankei.com/life/news/141008/lif1410080064-n1.html

ルクセンブルク皇太子夫妻と昼食 御所に招き両陛下
天皇、皇后両陛下は9日、経済使節団の団長として来日中のルクセンブルクの
ギヨーム皇太子夫妻を住まいの皇居・御所に招き、昼食を共にして懇談された。
両陛下は玄関で夫妻を笑顔で出迎え、御所の中に招き入れた。
両陛下はギヨーム皇太子が2011年5月に来日した際も、御所で昼食を共にしている。
夫妻は元赤坂の東宮御所を訪ね、皇太子ご夫妻とも懇談した。
皇太子さまは12年10月の夫妻の結婚式に出席している。
2014/10/09 17:41 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014100901001280.html

皇太子さま、山形県入り…「縄文の女神」を見学
2014年10月11日 19時09分
皇太子さまは11日、第38回全国育樹祭出席のため、新幹線で山形県入りされた。
同日午後は山形市内の県立博物館で、国宝に指定されている土偶「縄文の女神」を見学。
材質などについて説明を受け、「相当な技術が要ったんでしょうね」と話された。
その後、天童市内で育樹祭関係者との懇談会に出席された。育樹祭の式典は12日に開かれる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141011-OYT1T50104.html?from=ycont_top_txt

天皇、皇后両陛下が長崎市の平和公園で供花
2014年10月11日 19時56分
天皇、皇后両陛下は11日、空路で長崎県に入られた。
長崎市の原爆爆心地にある平和公園で供花した後、被爆者のための老人ホーム「恵の丘長崎原爆ホーム」で
被爆者と懇談された。両陛下が同公園と同ホームを訪問されるのは、
戦後50年にあたる1995年の「慰霊の旅」以来、19年ぶり。
午後3時頃、両陛下は同市の平和公園で、16万人余りの原爆犠牲者の名簿が納められた碑に
白菊の花を供えられた。
その後、原爆ホームに移動。101歳から76歳までの被爆者10人と懇談された。
森山君子さん(96)とは19年ぶりの再会となった。
前回、脳梗塞の後遺症で寝たきりになっていた森山さんはこの日、車いす姿で参加。
「両陛下の励ましによってリハビリを頑張れました」と感謝の言葉を、涙ながらに伝えると、
皇后さまはかがんで、森山さんと視線を合わせながら、「本当に良かった。こちらのお痛みは?」と、
マヒしたという森山さんの左腕を優しくさすられた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141011-OYT1T50111.html

両陛下、国体開会式で長崎入り 平和公園で供花
天皇、皇后両陛下は11日、国体の総合開会式出席などのため、羽田発の特別機で長崎県に入り、
長崎市の平和公園にある原爆落下中心地碑に白菊の花束を供え、深く一礼された。
碑の前の奉安箱には被爆後亡くなった16万人以上の名前を記した原爆死没者名簿の
マイクロフィルムが納められている。
平和公園訪問は戦後50年の「慰霊の旅」として長崎、広島、沖縄と東京都慰霊堂を巡った1995年以来。
今回は来年の戦後70年を前に両陛下の希望で日程に組み入れられ、
宮内庁は広島市の平和記念公園への訪問も検討している。
両陛下は碑の近くで被爆者団体の代表と懇談した。
2014/10/11 18:44 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014101101001618.html

両陛下、長崎からのご帰京繰り上げ 県警などの災害対応考慮され
2014.10.12 09:58
宮内庁は12日午前、国体開会式臨席などのため長崎県を訪問されている天皇、皇后両陛下のご日程について、
台風19号が接近していることから、ご帰京を当初の13日から、12日に繰り上げると発表した。
12日午後に諫早市内で開かれる国体開会式に臨席した後、長崎空港(大村市)から特別機で戻られる。
宮内庁によると、両陛下は、県や県警による災害対応が予想されることも考慮されたという。
当初のご日程では、12日夜には諫早市内のホテルで大会役員らと懇談し、
13日に国体のフェンシング競技を観戦してから帰京される予定だった。
http://www.sankei.com/life/news/141012/lif1410120030-n1.html

皇太子さま来県、金山できょう全国育樹祭 11年7月以来9回目
2014年10月12日 09:50
皇太子さまは11日、第38回全国育樹祭の式典出席などのため、来県された。
山形市のJR山形駅東口で、集まった市民に手を振って応えた後、同市の県立博物館などを見学された。
同日午前、山形新幹線つばさで山形駅に到着。吉村美栄子知事、鈴木正法県議会議長、
市川昭男山形市長らの出迎えを受けた。
山形市の遊学館や県立博物館を訪問後、天童市の滝の湯では、育樹祭関係者との懇談会に臨まれた。
雅子さまは同行されておらず、同日の記者会見で吉村知事が「来県できなくて残念に思います。
県民の皆さんによろしくお伝えください」との雅子さまのメッセージを読み上げた。
全国育樹祭は12日、金山町の県遊学の森で開催される。皇太子さまはあいさつの後、2002年の全国植樹祭で
天皇、皇后両陛下が植えられたブナとヤマボウシに肥料をまいて手入れされる。
皇太子さまの本県訪問は11年7月に山形市で開かれた献血運動推進全国大会以来で9回目。
最上地方へは初の訪問となる。13日に木質バイオマスを使った最上町の地域冷暖房システムや、
新庄ふるさと歴史センターなどを視察し、帰京される。
http://yamagata-np.jp/news/201410/12/kj_2014101200225.php

皇太子さま、育樹祭に出席=山形
皇太子さまは12日、山形県金山町の「遊学の森」で開催された第38回全国育樹祭に出席された。
式典で皇太子さまは、今年の度重なる豪雨災害や、御嶽山噴火による犠牲者に哀悼の意を表した。
その上で、森林が果たす地球温暖化防止などの役割に触れ、
「森林を守り育てる活動の輪が、ここ山形の地から世界へ、
そして未来へと大きく広がっていくことを願います」とあいさつした。
(2014/10/12-11:52)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014101200040

寛仁親王妃が子規博を視察 2度目の来県
2014年10月12日(日)
愛媛県松山市で開催中の「日本青年会議所第63回全国大会松山大会」に出席する寛仁親王妃信子さまが11日、
来県し、同市道後公園の子規記念博物館など道後地区を視察された。県によると、来県は2002年以来2度目。
信子さまは、竹田美喜館長の案内で館内の資料や写真を見て回った。
「子規のすごいところは批判するときに反論を恐れなかったところ」「文章にユーモアがある」などと
人柄や作品の説明を受けると、相づちを打っていた。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20141012/news20141012476.html

長崎国体記事 (2014年10月11日更新)長崎新聞
皇太子さまら6人が来県
中村法道知事は10日の定例会見で、長崎がんばらんば国体・大会出席のため、
皇太子さまら皇族6人が来県すると発表した。
皇太子さまは31日から3日間の日程でがんばらんば大会の開会式などに出席される。
皇太子さまの本県訪問は2009年10月の全国育樹祭以来5年ぶり。
31日は大村市の社会福祉法人を訪問。1日は諫早市で開会式に出席した後、
東彼波佐見町の県窯業技術センターを見学する。2日は佐世保市でアーチェリーとバレーボールを視察される。
秋篠宮ご夫妻は21、22両日に来県。21日は長崎市の爆心地公園にある原爆落下中心地碑で献花し、
グラバー園などを訪れる。
22日は同市でバスケットボールを視察し、諫早市である国体総合閉会式に出席される。
故寛仁親王の長女彬子さまは16日から3日間の日程で佐世保、平戸、松浦3市でハンドボールや軟式野球を視察。
彬子さまの妹、瑶子さまは18、19の両日、東彼川棚町、大村、五島両市を訪問し、
ホッケーや剣道を見学する。高円宮妃久子さまは16日から3日間の日程で諫早、島原、雲仙、南島原4市を訪れ、
重量挙げやサッカー、馬術を見られる。
中村知事は「皇室の皆さまのご来県を県民と心から歓迎申し上げ、
来県がつつがないものになるよう万全を期したい」と話した。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/n-kokutaikiji/2014/10/11130725.shtml

【台風19号】 常陸宮ご夫妻が国体観戦お取りやめ
2014.10.12 20:57更新
宮内庁は12日、台風19号が九州に接近している影響で、常陸宮ご夫妻が国体競技観戦のため
13〜14日に予定していた長崎県訪問を取りやめられたと発表した。
宮内庁によると、卓球、テニス、体操の各競技をごらんになる予定だった。
http://www.sankei.com/life/news/141012/lif1410120042-n1.html

カッター所持し規制区域へ 皇太子さま訪問の山形 銃刀法違反容疑で48歳男逮捕 
2014.10.12 22:20
皇太子さまが訪問された全国育樹祭の式典会場近くでカッターナイフを所持したとして、山形県警新庄署は
12日、銃刀法違反の疑いで、山形市上町、職業不詳、鈴木和真容疑者(48)を現行犯逮捕した。
同署によると、黙秘している。鈴木容疑者は交通規制区域に入ろうとしたといい、同署が動機を調べている。
逮捕容疑は12日午後1時40分ごろ、同県金山町有屋の路上で、
刃体の長さ約8・3センチのカッターナイフ1本を所持したとしている。
皇太子さまは同町有屋で開かれた式典に出席し、午後は町内を視察された。
同署によると、式典会場に向かおうとする不審な車に気づいた警察官が職務質問し、
ダッシュボードからカッターを発見した。
http://www.sankei.com/affairs/news/141012/afr1410120026-n1.html

三笠宮家の瑶子さまご臨席 大阪市長居障害者スポーツセンター 開館40周年記念式典
2014.10.13 08:44
三笠宮家の瑶子さまは12日、大阪市長居障がい者スポーツセンター(東住吉区)の
開館40周年記念式典に臨席された。
平成24年に薨去(こうきょ)した父のェ仁親王殿下がセンターのスキー教室で障害者を指導されたことに触れ、
「父とは違い微力ではございますが、お力になれたらいいなと思っております」とあいさつされた。
式典には約180人が出席。視覚障害のある女性は、ェ仁さまが指導されたスキー教室の思い出を語り、
「センターがこれからも障害のある人たちのスポーツの聖地であり続けてほしい」と話した。
センターは昭和49年、全国初の障害者のためのスポーツ施設として開館。府内に住む障害者の利用は無料。
平成25年度の利用者約9万2千人のうち、大阪市民以外も約2万7千人が利用している。
http://www.sankei.com/west/news/141013/wst1410130017-n1.html

皇太子さまが全国育樹祭出席 山形
2014年10月12日19時33分
皇太子さまは12日、山形県金山町で開かれた「第38回全国育樹祭」に出席した。
式典であいさつし、「緑を守り、育んできた技術や文化を次の世代に引き継いでいくことは、
極めて大切なこと」と述べた。この後、2002年の植樹祭で植えられた木々に肥料を施した。13日に帰京する。
http://www.asahi.com/articles/ASGBD4GJXGBDUZHB001.html

皇太子さま、バイオマス施設視察 山形・最上の地域冷暖房
全国育樹祭の式典出席などのため、山形県に滞在中の皇太子さまは13日、
最上町で木質バイオマスエネルギーを利用した地域冷暖房システムを視察された。
午後は新庄市へ移動し、ふるさと歴史センターで新庄まつりに使う華やかな山車などを見て回った。
同日夜、新幹線で帰京した。
最上町は森林が町の約8割を占めており、間伐材で作ったチップを燃料にして、
町立病院などがある医療・福祉総合施設の冷暖房と給湯を賄っている。
皇太子さまはボイラー設備の前で担当者の説明に、うなずきながら耳を傾けた。
隣接する特別養護老人ホームも回り、入所する高齢者に「お体を大切に」と声を掛けた。
2014/10/13 19:06 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014101301002299.html

皇室:皇太子さま、13日に視察で山形に
毎日新聞 2014年10月14日 09時42分
皇太子さまは13日、山形県最上町が運営するバイオマスボイラー施設を視察した。
間伐材のチップを大型ボイラーで燃やし、温水を冷暖房と給湯に使うシステムで、
皇太子さまは「24時間ずっと燃えているんですか」と質問した。
同県新庄市の「新庄ふるさと歴史センター」なども視察し13日午後、帰京した。【古関俊樹】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141014k0000e040055000c.html

皇太子さま、パルジファルをご鑑賞
2014.10.14 17:09
皇太子さまは14日、東京都渋谷区の新国立劇場を訪れ、
ドイツの音楽家ワーグナー作曲のオペラ「パルジファル」を鑑賞された。
オペラが趣味の皇太子さまは年に数回、劇場に足を運んでいる。
今回の舞台は第69回文化庁芸術祭の主催。
指揮者、飯守泰次郎さんが9月に同劇場オペラ部門の芸術監督に就任して初めての公演で自らタクトを振った。
http://www.sankei.com/life/news/141014/lif1410140013-n1.html

(山梨)紀子さま、母子愛育会の活動を視察 南アルプス
2014年10月15日03時00分
秋篠宮妃紀子さまは14日、社会福祉法人恩賜(おんし)財団母子愛育会総裁として南アルプス市内を訪れ、愛育会の活動や地方事情を視察した。
2010年の総裁就任から初めての地方視察だという。
初めに市櫛形健康センターを訪問。母親と幼児が体を動かしながら歌うのに合わせて手拍子をしたり、
幼児らと手をつないで遊んだりした。
次に源地区愛育会館を視察。
1934年にできた母子愛育会に、旧源村が37年、愛育村の指定を受けた。
現存する地方の愛育会で最も歴史があることなどが今回の訪問の理由という。
終戦後、幼児や妊産婦のたんぱく源としてヤギの乳を飲ませるため、
ヤギの年齢や雌雄などを記した「山羊(やぎ)名簿」や、
「愛育の母」と呼ばれた故矢崎きみよさんの銅像などを説明した白根母子愛育会の小林妙子前会長(70)は「古い資料が残っていることをほめて頂きました」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASGBG5605GBGUZOB01F.html

松山のホテルで動物園技術者研究会 秋篠宮さま、ご出席
2014.10.15 07:07更新
全国の動物園の技術者が集う第62回動物園技術者研究会(日本動物園水族館協会主催)が14日、
松山市内のホテルで始まり、同協会総裁を務める秋篠宮さまが出席された。
秋篠宮さまの来県は、6月に砥部町で開かれた全日本愛瓢(あいびょう)会に次いで今年2回目。
同研究会は飼育技術の向上が目的。飼育、繁殖の研究成果の発表や意見交換などがある。
全国62園から約90人が参加し、獣医師による動物の疾病治療などポスター掲示も含めると
50以上の事例発表がある。
県内では平成元年以来の開催。
研究会では同協会の荒井一利会長が「台風の影響で開催が危ぶまれたが、無事開催できることになった」
とあいさつ。
このあと、秋篠宮さまがご入場。クロサイの治療を報告した県立とべ動物園(砥部町)などの
事例発表に耳を傾けられた。
研究会に先立ち、秋篠宮さまは県果樹研究センター(松山市)をご視察。
15日は同動物園などを訪問し帰京される。
http://www.sankei.com/region/news/141015/rgn1410150052-n1.html

天皇・皇后両陛下“傘寿”記念し特別展
< 2014年10月16日 15:42 >
天皇・皇后両陛下がそろって80歳の傘寿を迎えられることを記念して、1
6日から東京・日本橋で特別展「天皇皇后両陛下の80年」が開かれている。
この特別展は、20日に皇后さまが80歳となり、両陛下がともに傘寿を迎えられることを記念し、
80年の歩みを約300点の写真とゆかりの品で振り返るもの。
中には、天皇陛下の学習院初等科時代の制服やランドセル、終戦直後に「平和国家建設」と書かれた書き初めなど、
初めて公開されるものも約80点ほど含まれている。
また、3人のお子様方が幼稚園時代に皇后さまのために作られたエプロンや、
皇后さまが外国や地方に行く際に携帯されていたお子様方の写真入れなど
貴重なプライベートの品々も展示されている。
特別展は27日まで日本橋高島屋で開催されている。
http://www.news24.jp/articles/2014/10/16/07261522.html

愛子さまの家庭教師が交代 中等科進学に伴い
2014年10月16日20時51分
宮内庁は16日、皇太子ご夫妻の長女で、学習院女子中等科1年の愛子さま(12)の家庭教師役として、
元高校教員、大橋志津江(しづえ)さんを御用掛に採用した。教員時代の専門は数学という。
御用掛は非常勤の国家公務員。
愛子さまが4年生のときから学習を指導していた元公立小学校教諭、糸川順子さんは15日付で退職した。
愛子さまの中等科進学に伴った交代という。
http://www.asahi.com/articles/ASGBJ6DD3GBJUTIL05G.html

世界の弁護士らの国際大会 両陛下も出席
< 2014年10月19日 20:40 >
世界各国の弁護士らが集まる国際大会が東京で行われ、天皇・皇后両陛下が出席された。
年に一度、世界各国の弁護士らが集まる国際法曹協会の年次大会の開会式が19日午後、
天皇・皇后両陛下や安倍首相が出席し、東京国際フォーラムで行われた。
今年は約130か国、4000人の弁護士や法曹関係者が集まった。
開会式に続いてレセプションが行われ、両陛下は各国の代表と懇談された。
冒頭、挨拶にたった主催者から20日が皇后さまの誕生日であることが紹介されると、
両陛下は目を合わせてにっこりとほほえみ、乾杯のシャンパングラスを合わせられていた。
大会は今月24日まで開催される。
http://www.news24.jp/articles/2014/10/19/07261705.html


皇后さま80歳「争いの芽摘む努力を」
2014.10.20 05:07更新
皇后さまは20日、80歳の誕生日を迎えられた。
昨年12月に80歳となられた天皇陛下とともに、夫婦そろっての傘寿をお迎えになった。
お誕生日に先立ち宮内記者会の質問に文書で回答し、陛下との55年間の結婚生活を振り返り
「子どもたちや私を、時に厳しく、しかしどのような時にも寛容に導いて下さり、
私が今日まで来られたのは、このお蔭(かげ)であったと思います」と感謝の意を示された。
陛下が平成24年に心臓手術をされた後、お二人でご静養先の葉山御用邸(神奈川県葉山町)周辺を散策中、
一般の男性から「陛下よろしかったですね」と明るく声をかけられたエピソードを紹介し、
「しみじみとした幸せを味わいました」とつづられた。
来年の戦後70年を前に、両陛下は今年6月に沖縄、10月には長崎で慰霊を重ねられた。
来年には激戦地のパラオを訪問されることが検討されている。
皇后さまは、遺族が一貫して平和で戦争のない世界を願ってきたと指摘し、
「平和の恩恵に与(あずか)っている私たち皆が、絶えず平和を志向し、
国内外を問わず、争いや苦しみの芽となるものを摘み続ける努力を
積み重ねていくことが大切ではないかと考えています」とのお気持ちを寄せられた。
広島の土砂災害や御嶽山(おんたけさん)の噴火などで多数の犠牲者が出たことにも触れ
「犠牲者の冥福を祈り、遺族の方々の深い悲しみと、未だ、
行方の分からぬ犠牲者の身内の方々の心労をお察しいたします」と記された。
http://www.sankei.com/life/news/141020/lif1410200009-n1.html

お痛み抱えながら年300件超のご公務
2014.10.20 05:07更新
20日に80歳、傘寿の節目を迎えられた皇后さま。
宮内庁によると、持病による肩や腕の痛みなどを抱えながら、
この1年で300件を超えるご公務を果たされた。
地方ご訪問は慰霊を兼ねた沖縄、長崎や、東日本大震災の被災地である宮城、青森など12府県。
昨年11〜12月には、53年ぶりにインドを公式訪問された。
お誕生日に先立つ文書回答では、ご家族への感謝や来年に戦後70年を迎える心境、
災害被災地への見舞いのお気持ちなどを示された。
宮内庁はお誕生日に合わせ、ご近況を紹介する写真を公開。
皇居・御所の庭を天皇陛下とともに散策したり、皇居内で皇太子ご一家、
秋篠宮ご一家とともにアワを収穫されたりする様子などが収められている。
同時に撮影した映像は、20日から「政府インターネットテレビ」で無料で視聴できる。
http://www.sankei.com/life/news/141020/lif1410200010-n1.html

皇太子さまや秋篠宮ご一家と陸稲・粟を植える天皇、皇后両陛下=
皇居内の畑で2014年5月25日(宮内庁提供)
010.jpg
http://mainichi.jp/graph/2014/10/20/20141020ddm001040177000c/010.html

皇后陛下お誕生日に際し(平成26年)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h26sk.html

政府インターネットテレビ
皇后陛下 傘寿をお迎えになって
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg10653.html

皇族方、首相らが宮殿でお祝いのあいさつ
2014.10.20 19:20更新
皇后さまが80歳の傘寿(さんじゅ)の誕生日を迎えられた20日、皇居で祝賀行事が行われた。
昨年はお誕生日直前に起きた伊豆大島での土石流災害を受け祝賀行事をすべて取りやめられており、
2年ぶりのお祝いとなった。
午前には皇居・宮殿で、皇太子ご夫妻をはじめ皇族方がお祝いのあいさつをされた。
安倍晋三首相や衆参両院議長、閣僚らも祝意を伝えた。
閣僚のうち、同日午前に経済産業相を辞任した小渕優子氏は欠席した。
午後に法相を辞任した松島みどり氏は出席した。
夜には、未成年の孫にあたる敬宮(としのみや)愛子さま、佳子さま、悠仁さまが御所を訪ねられた。
皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻が両陛下の長女、黒田清子さん夫妻とともに集まられての「お祝御膳」も催された。
皇后さまは20日、傘寿に当たり、各国の赤十字社などを支援する「昭憲皇太后基金」への金一封を、
名誉総裁を務める日本赤十字社を通じて伝達された。
http://www.sankei.com/life/news/141020/lif1410200050-n1.html

皇后さま傘寿の祝賀行事、皇太子ご夫妻や安倍首相ら出席
2014年10月20日19時32分
皇后美智子さまの80歳の誕生日を祝う行事が20日、皇居であり、
皇太子ご夫妻ら皇族方や、安倍晋三首相ら三権の長らが出席した。
一連の祝賀行事は午前10時半から皇居・宮殿で午後まで行われ、
皇太子ご夫妻は午前11時半ごろ、沿道の人らに手を振って半蔵門から皇居に入った。
夜、両陛下は御所で、皇太子家の愛子さま、秋篠宮家の佳子さま、悠仁さまからお祝いを受けたあと、
皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、黒田清子さん夫妻らと、慶事用の食事「お祝御膳」を囲んだ。
http://www.asahi.com/articles/ASGBN5G15GBNUTIL03C.html

秋篠宮ご夫妻、爆心地で供花=被爆者らに「お体大事に」−長崎
第69回国民体育大会総合閉会式出席などのために長崎県入りした秋篠宮ご夫妻は21日午後、
長崎市の平和公園を訪れ、「原爆落下中心地碑」に供花された。
ご夫妻は出迎えた被爆者代表らに「お体を大事に頑張ってください」と声を掛けたという。
ご夫妻は午後2時すぎに同公園に到着。中心地碑の前で花束を手向け、頭を下げて犠牲者の冥福を祈った。
4歳のときに被爆し、修学旅行生らに自身の体験を語っている吉田勲さん(74)はご夫妻から
「これからも活動を続けてください」と声を掛けられた。「思いやりのある温かい気持ちをいただいた」と話した。
(2014/10/21-17:18)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014102100663

両陛下、傘寿祝うコンサートに=皇宮警察音楽隊が演奏−皇居
天皇、皇后両陛下がそろって80歳の傘寿を迎えたことを祝う皇宮警察音楽隊のランチタイムコンサートが
21日、皇居・東御苑で開かれ、両陛下が鑑賞された。
開始直前になって両陛下の来場が告げられると、集まった約350人の観客からはどよめきが起こった。
コンサートは東京オリンピックのファンファーレで始まり、
天皇陛下が詠んだ琉歌に皇后さまが曲を付けた「歌声の響」、
両陛下の結婚を祝って作られた「祝典行進曲」などが次々と披露された。
天皇陛下は終了後、楽長に「懐かしい思い出のある曲を演奏してくれてありがとう」と話していた。
(2014/10/21-15:08)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2014102100554

天皇、皇后両陛下:傘寿記念の特別展を鑑賞
毎日新聞 2014年10月22日 11時19分(最終更新 10月22日 11時26分)
天皇、皇后両陛下は22日、東京都中央区の日本橋高島屋で開催中の特別展
「天皇皇后両陛下の80年‐信頼の絆をひろげて」(毎日新聞社主催、宮内庁侍従職監修)を観賞された。
両陛下がそろって80歳の傘寿(さんじゅ)を迎えたことを記念する展示で、
両陛下は約40分をかけ、写真などを見て歩いた。
両陛下が到着すると、正面玄関で高島屋の木本茂社長が出迎えた。
その後、両陛下はメイン会場の8階ホールで毎日新聞社の朝比奈豊社長の案内を受けながら展示に見入った。
両陛下は「懐かしいね」と語り合いながら観賞。出会いとなった長野・軽井沢でのテニス大会の
トーナメント表の前で足を止め、出場した選手の名前を見ながら「この少年も上手だった」と当時を懐かしんだ。
また、2005年に栃木県那須町を訪問した際の写真に秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまが写っていることに気付き、
天皇陛下が「まだ小さいね」と皇后さまに話しかける場面もあった。
特別展は27日まで。両陛下の幼少期から現在までをたどる約170枚の写真と
約130点のゆかりの品を公開している。午前10時〜午後8時(最終日は午後6時)。入場無料。
【古関俊樹】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141022k0000e040203000c.html

皇太子さま、海外日系人大会の歓迎交流会に出席
2014年10月22日
皇太子さまは22日、東京都千代田区で開かれた第55回海外日系人大会の歓迎交流会に出席された。
交流会には23か国・地域の日系人約140人を含む約300人が参加。
皇太子さまは参加者とともに乾杯し、にこやかに懇談された。
大会は24日までで、和食などの日本文化と日系社会をテーマに意見交換を行う。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000304/20141022-OYT1T50134.html

秋篠宮ご夫妻が県工業技術センター視察
秋篠宮ご夫妻は22日、大村市の県工業技術センターを視察し帰京されました。
出席された国体閉会式の前には県立総合体育館で
福岡が4年ぶり8度目の優勝を飾ったバスケットボール少年男子決勝をご覧になった秋篠宮ご夫妻。
県工業技術センターでは5年前開発した世界最軽量の光で糖度を測る計測器や指を置くだけで
血糖値を図ることが出来る開発段階の測定器をご覧になりました。
研究員が実際にリンゴの糖度を測り説明すると
秋篠宮さまはスイカのような大きなものも計測できるかどうかなどを尋ねられ、
興味深そうにご覧になりました。
2014年10月22日 19時33分
http://www.ncctv.co.jp/news/

長崎国体が閉幕 県勢が45年ぶり天皇杯獲得

総合閉会式には秋篠宮ご夫妻も出席されました。
県内各地で熱戦を繰り広げた長崎がんばらんば国体。
長崎は1巡目の長崎国体以来45年ぶりの男女総合優勝に輝きました。
県選手団の団長で相撲の成年男子団体の優勝メンバー松永六十四選手が
秋篠宮さまから天皇杯を受け取りました。
一方、女子の総合優勝「皇后杯」は東京が獲得。長崎は惜しくも2位でした。
県内の市や町から集めた「炬火」は来月1日に始まる長崎がんばらんば大会に引き継がれました。
最後は長崎の選手団が競い合った他県の選手たちを見送り、長崎国体は幕を閉じました。
2014年10月22日 19時31分
http://www.ncctv.co.jp/news/

秋篠宮ご夫妻世界遺産候補を視察
秋篠宮ご夫妻は21日、長崎市の世界遺産候補を視察されました。
長崎の教会群とキリスト教関連資産の1つ大浦天主堂。
カトリック長崎大司教区の諸岡清美司祭が建物やステンドグラスについて
説明すると秋篠宮さまは「絵画にはどのような意味があるのですか?」とお尋ねになりながら
興味深そうにご覧になりました。
紀子さまも「ステンドグラスはどこからのものですか?」とお尋ねになり司祭が
「江戸時代にフランスから取り寄せたものです」と説明しました。
また来年度の世界遺産を目指す明治日本の産業革命遺産の構成資産の1つ
「グラバー園」ではブライアン・バークガフニ名誉館長の案内で長崎港の景色などをご覧になりました。
2014年10月22日 19時28分
http://www.ncctv.co.jp/news/

天平美人を描いた屏風も…正倉院展開会式
2014年10月23日 21時11分
奈良・正倉院に伝わる至宝の数々を紹介する「天皇皇后両陛下傘寿記念 第66回正倉院展」
(主催・奈良国立博物館、特別協力・読売新聞社)の開会式が23日、奈良市の同博物館で開かれ、
招待客約2400人が訪れた。式後には、皇太子さまが会場を訪問された。
一般公開は24日から11月12日までの20日間。
初公開6件を含む宝物59件を展示。正倉院を代表する宝物の一つで、
ふくよかな天平美人を描いた「鳥毛立女屏風とりげりつじょのびょうぶ」は、
全6扇のうち4扇が出展される。残り2扇は、東京・上野の東京国立博物館の「日本国宝展」
(会期は12月7日まで)で11月3日まで公開中だ。
ほかにも正倉院展には、ガラス製の水差し「白瑠璃瓶はくるりのへい」や、
聖武天皇が履いたとされる赤色の靴「衲御礼履のうのごらいり」など華やかな宝物が並ぶ。
式では、湯山賢一・奈良国立博物館長が「個々の宝物が語る天平文化の息吹を感じてもらいたい」とあいさつ。
杉本一樹・宮内庁正倉院事務所長は「傘寿のお祝いの気持ちを込め、ふさわしい宝物選定を心がけた」と語った。
その後、筒井寛昭かんしょう・東大寺別当や弘中喜通・読売新聞大阪本社社長ら4人がテープカットした。
午後6時過ぎに会場に到着された皇太子さまは、1時間以上かけて見学。
弦楽器の「桑木阮咸くわのきのげんかん」をのぞき込み、「革が貼られているのですか」と尋ねたり、
「鳥毛立女屏風」の前で「きれいですね」と感想を話されたりした。
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20141023-OYT1T50098.html

グルジア大統領夫妻と会見 皇居・御所で両陛下
天皇、皇后両陛下は24日午後、グルジアのマルグベラシビリ大統領夫妻と住まいの皇居・御所で会見された。
宮内庁によると、大統領が来日中に京都を訪れたことに触れながら
「日本は古い伝統、文化を守り、その中に新しい技術を採り入れていて素晴らしい」と賛辞を贈ると、
陛下は「明治維新後、西洋からいろいろなものを採り入れましたが、同時に伝統、文化も守ってきました」と応じた。
東日本大震災や御嶽山の噴火に対し、大統領からお見舞いの言葉があり、
陛下は震災の際にグルジアから義援金などの支援を受けたことへの謝意を伝えた。
2014/10/24 18:11 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102401001826.html

2014年10月24日
秋篠宮殿下が巡回診療船「済生丸」を初めてご視察
済生会総裁の秋篠宮殿下が10月15日、愛媛県松山港で瀬戸内海巡回診療船「済生丸」を視察されました。
同船のご視察は、殿下が昨年4月、第6代総裁に就任されてから初めてです。
秋篠宮殿下は、前日、松山市で開かれた第62回動物園技術者研究会にご出席のため松山市をご訪問。
松山港は13日に四国に上陸した台風19号の影響が心配されましたが、
多少、波は高かったもののさわやかな秋晴れとなりました。
秋篠宮殿下は午後1時前、炭谷茂理事長、愛媛県の兵頭昭洋保健福祉部長、
関啓三愛媛県済生会支部会長らが出迎える中、お車で岸壁にご到着。中村潔船長の先導で済生丸に乗船されました。
済生会松山病院の宮岡弘明院長が、あらかじめ廊下に設置したパネルを用い、済生丸の歴史や運航状況、
離島での診療の模様、阪神・淡路大震災で神戸港岸壁に横付けして救援に当たったことなどをご説明しました。
済生丸事業は50年以上前に始まり、現在の船は今年1月に就航した4代目の「済生丸100」。
全体説明の後、中層階の診療室、検査室、待合室などを巡り、下層階では新たに整備された乳がん検診用の
マンモグラフィー等をご覧になりました。
また、新しく設置されたエレベーターや広くなった廊下など全体がバリアフリー化された状況もご視察になりました。
済生丸は岡山、広島、香川、愛媛4県の支部が共同で運営。約10日間ごとに4県の離島を巡回し、
島の人たちに医療を提供しています。
秋篠宮殿下は船員の勤務状況も尋ねられ、中村船長が巡回診療の際は、船員全員が船で寝泊まりすること、
今回の台風では船を守るために大変だったこと等を申し上げたところ、
秋篠宮殿下より労いのお言葉をいただきました。
愛媛県済生会 副参事:乾 太郎
https://www.saiseikai.or.jp/news/2014/1024/

皇室:秋篠宮ご一家、「両陛下80年」特別展に
秋篠宮ご夫妻、次女佳子さま、長男悠仁さまは25日、
東京都中央区の日本橋高島屋で開催中の特別展「天皇皇后両陛下の80年?信頼の絆をひろげて」
(毎日新聞社主催、宮内庁侍従職監修)を観賞した。22日には両陛下も訪れている。
ご一家は常田照雄・毎日新聞社専務取締役の案内で、両陛下の幼少期からの写真と
ゆかりの品々約300点を一つ一つ見て回った。
天皇陛下が学習院初等科の時に使っていたランドセルを見た悠仁さまは「お手紙入れてたの」と興味を示した。
秋篠宮さまが幼稚園の時に皇后さまに贈ったエプロンに描かれた絵を見て「かわいくない」と話すと、
秋篠宮さまは「確かに雑だね」と苦笑いする場面もあった。
秋篠宮さまは「初めて見るものもありますね。いい展覧会でした」と感想を述べた。
開場後は大勢の人たちが訪れた。27日までで、午前10時から午後8時(最終日は午後6時まで)。入場無料。
両陛下の傘寿を記念する写真集(図録)「天皇皇后両陛下の80年 信頼の絆をひろげて」(税込み2700円、B5変型判184ページ)も好評発売中。
問い合わせは毎日新聞出版局出版営業部(電話番号省略)へ。【真鍋光之】
2014年10月25日
http://sp.mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141025k0000e040194000c.html

秋篠宮ご一家が見学 両陛下の「傘寿」祝う展覧会(10/25 11:55)
秋篠宮ご一家が天皇皇后両陛下の80歳の傘寿を祝う展覧会を訪れ、
これまでの歩みを伝える思い出の品々をご覧になりました。
皇后さまは20日に80歳の誕生日を迎えられ、東京の日本橋高島屋では、
両陛下の傘寿を記念した展覧会が開かれています。
長男の悠仁さまは、秋篠宮さまが幼稚園の時に皇后さまのために描いたエプロンを見ながら、
「自分にも描ける」と話し、紀子さまが「今度、描いて下さる?うれしい」と応じられていました。
秋篠宮さまは、12月に20歳になる次女・佳子さまに一つひとつの儀式や行事について説明をしたほか、
ご自身も「初めて見るものがありますね」とご覧になっていました
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000037458.html

秋篠宮ご一家、両陛下80歳を祝した特別展に
2014年10月25日12時39分
秋篠宮ご夫妻と次女佳子さま(19)、長男悠仁さま(8)は25日、
東京都中央区の高島屋日本橋店で開催中の特別展「天皇皇后両陛下の80年―信頼の絆をひろげて」を訪れた。
同展は27日まで。
両陛下がそろって80歳の傘寿を迎えたことを祝い、これまでの歩みを約170点の写真と、
初公開を含む約130点のゆかりの品々で振り返る特別展だ。
天皇陛下が学習院初等科時代に使っていたランドセルの前では、悠仁さまが「小さい」と驚いた様子を見せ、
紀子さまが「今の教科書と大きさが違うのよね」と語りかけた。
秋篠宮さまは、幼い頃、自身が皇后さまに贈ったドングリのネックレスを前に
「これ、覚えているんだよ。一緒に作ったんじゃないかな」などと話した。会場を後にする際、
担当者に「初めて見るものが多く、良い展覧会をありがとうございました」と伝えていた。
http://www.asahi.com/articles/ASGBT2RPQGBTUTIL002.html

両陛下がバレエ鑑賞 熊川哲也さんのカルメン
天皇、皇后両陛下は25日、東京・渋谷のbunkamuraオーチャードホールを訪れ、
バレエダンサー熊川哲也さんが主宰するKバレエカンパニーの15周年記念公演「カルメン」の後半を鑑賞された。
ビゼー作曲のオペラで知られるカルメンを基に今回、熊川さんが演出・振付を担当、
魔性の女カルメンに恋する竜騎兵ホセを自ら演じた。
両陛下は昨年10月に熊川さんの公演を鑑賞する予定だったが、伊豆大島の土石流災害に配慮して取りやめた。
2014/10/25 19:46 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102501001798.html

皇太子ご一家、両陛下の傘寿特別展を鑑賞
2014年10月26日23時28分
皇太子ご夫妻と長女愛子さまは26日夜、東京都中央区の高島屋日本橋店で開催中の特別展
「天皇皇后両陛下の80年―信頼の絆をひろげて」を鑑賞した。
ご一家は天皇陛下のランドセルや自作の図画などを見て回った。
皇太子さまが幼稚園時代、皇后さまのために絵を描いて贈ったエプロンを前に、
雅子さまは「久しぶり?」と尋ね、皇太子さまは「小さい時に描いたのね」と紹介していた。
また、ご夫妻の成婚時の写真に、雅子さまは「21年前ですね」と笑顔を見せていた。
同展は両陛下がそろって傘寿を迎えた記念として、写真やゆかりの品々を展示している。
この日は同店の閉店後にご一家が訪れた。
http://www.asahi.com/articles/ASGBV3DKCGBVUTIL001.html

皇太子ご一家:両陛下80年展を観賞
毎日新聞 2014年10月26日 21時00分(最終更新 10月27日 00時56分)
皇太子ご一家は26日、東京都中央区の日本橋高島屋で開かれている特別展
「天皇皇后両陛下の80年−信頼の絆をひろげて」(毎日新聞社主催、宮内庁侍従職監修)を観賞された。
22日には両陛下、25日には秋篠宮ご一家が会場を訪れている。
ご一家は毎日新聞の広田勝己・事業本部長の案内で、両陛下の幼少期からの写真や、
ゆかりの品々約300点を熱心に見学した。
広田事業本部長によると、天皇陛下の学習院初等科時代のランドセルを見た雅子さまは
「(愛子さまのものと)変わりませんね」と驚いた様子だった。
子供のころの皇太子さまの写真を見た愛子さまは、悠仁さまと似ていると指摘した。
皇太子さまは「見たこともない物がたくさんあり、素晴らしい展覧会でした」と感想を述べた。
(略)
【真鍋光之】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141027k0000m040080000c.html

皇太子ご一家が両陛下の傘寿記念特別展をご鑑賞 皇太子さま、自作のエプロンに「電車かな」
2014.10.26 22:45
皇太子ご一家は26日夜、東京都中央区の日本橋高島屋を訪れ、
天皇、皇后両陛下の傘寿を記念してお写真やゆかりの品々約300点を紹介した特別展
「天皇皇后両陛下の80年−信頼の絆をひろげて」を鑑賞された。
皇太子さま、秋篠宮さま、黒田清子さんが幼稚園時代に皇后さまに贈られたエプロンの前では、
皇太子さまがご自身の書いた絵を見て「電車かな」と懐かしそうに話された。
皇太子妃雅子さまは「何年ぶり?」と尋ね、長女の敬宮(としのみや)愛子さまとともににこやかにご覧になった。
皇太子ご夫妻が平成5年のご成婚時、両陛下とともに撮られた写真を見ると、
お三方ともそろって笑顔を見せ、雅子さまは「21年前ですね」と話されていた。
http://www.sankei.com/life/news/141026/lif1410260038-n1.html

「湧水保全フォーラム」秋篠宮さまがご出席
27日、岐阜県大垣市で開かれた「湧水保全フォーラム全国大会」に秋篠宮さまがご出席された。
湧水保全フォーラムは、湧き水の魅力や活用方法を考えようというもので、
7回目の今回は水の都と呼ばれる大垣市で開催。
生物や自然に造詣が深い秋篠宮さまがご出席され、「湧水環境の保全のみならず、
失われつつある自然の回復につながるものになることを期待いたしております」と、述べられた。
秋篠宮さまは第2回のフォーラムから毎回出席されているということで、
講演やディスカッションを興味深そうに聞かれていた。
http://www.news24.jp/nnn/news86221734.html


佳子さま、国際基督教大に合格 来年4月入学
2014年10月30日23時24分
宮内庁は30日、秋篠宮家の次女佳子さま(19)が
国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)教養学部アーツ・サイエンス学科に合格した、と発表した。
来年4月に入学する。
佳子さまは同大の特別入学選考(AO入試)を受験。書類選考やグループディスカッションなどを経て
24日に合格が発表され、30日までに入学手続きを終えたという。171人が受験し、合格者は71人だった。
同庁によると、佳子さまは英語教育が充実していることや、幅広い分野を学べる点などから同大を志望した。
姉の眞子さま(23)も今年3月に同大を卒業している。来春の入学までは母親の紀子さまとともに、
または単独で公的な行事などに出席していく方針。
佳子さまは昨年4月に学習院大文学部教育学科に入学したが、学習院以外で学びたいという希望から、
8月末日付で退学した。
http://www.asahi.com/articles/ASGBZ4RWGGBZUTIL01J.html

佳子さま、国際基督教大に合格! 4月から東京・三鷹市で1年生 宮内庁が発表
withnews 10月30日(木)14時2分配信
秋篠宮家の次女・佳子さま(19)が国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)に合格した。宮内庁が発表した。
受験した特別入学選考(AO入試)の合格発表が24日にあり、通知されていた。
佳子さまは学習院大の文学部教育学科を8月末日付で退学していたが、
来年4月からはICUの「教養学部アーツ・サイエンス学科」の1年生になる。

志願者171人、うち合格者71人
AO入試は一次試験(書類選考)と二次試験(面接)があり、当初約40人の募集枠に171人が志願。
結果的に、佳子さまを含む71人が合格した。
ICUは1949年に創立されたキリスト教系の名門大学。
厳しい英語教育で知られ、東京三鷹市に東京ドーム13個分(約62万平方メートル)の広大な敷地を持つ。
入学当初は文系・理系を分けず、「リベラル・アーツ」と呼ばれる基礎教養の教育に重点を置いている。

佳子さまと「同じクラス」になる確率は?
新1年生は、英語のレベルによって4つのレベル、30程度のクラスに分けられる。
佳子さまもここでいずれかの英語クラスに所属して基礎教養を学んだあと、
2年生の終わりに学部にあたる「専修分野(メジャー)」を選択して、より専門的な教育を受けることになる。

卒業生にはあの著名人も
ICU出身の著名人には、ソニー社長の平井一夫氏、小説家の高村薫氏、奥泉光氏、劇作家の平田オリザ氏、
タレントのジョン・カビラ氏らがいる。佳子さまの姉の眞子さま(23)もICUを3月に卒業している。
佳子さまは、多くの皇族方が学んだ学習院に幼稚園から通っていたが、
女子高等科在学中に学習院以外で学びたいとの希望を持つようになり、
3年時には外部の大学を受験したこともあったという。
昨年4月に内部進学の選考を経て学習院大に入学したが、この希望は変わらず、退学していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00010001-withnews-soci

宮内庁が抗議 愛子さまめぐる週刊誌報道に
2014年10月30日21時20分
宮内庁は30日、「週刊文春」10月30日号に掲載された皇太子さまの長女、
愛子さま(12)の学校生活をめぐる記事について
「事実無根」だとして同誌編集部に27日付で抗議し、訂正を求めたことを明らかにした。
記事は、学習院女子中等科1年の愛子さまが、1人で授業を受けており、
特定の科目では別の先生がつくなどとする内容。
小町恭士東宮大夫は30日の会見で「このような事実はない」と否定した。
http://www.asahi.com/articles/ASGBZ6CYGGBZUTIL041.html

皇太子さまが長崎入り 全国障害者スポーツ大会に出席
2014年10月31日12時08分
皇太子さまは31日、第14回全国障害者スポーツ大会の開会式に出席するため、
羽田発の日航機で長崎県に入った。
大村市にある児童福祉施設「光と緑の園」や波佐見町の県窯業(ようぎょう)技術センターなどを視察し、11月2日に帰京する。
皇太子妃雅子さまは同行しない。
http://www.asahi.com/articles/ASGBW3V1JGBWUTIL00W.html?ref=rss

皇太子さま、児童施設を訪問 子どもたちと交流
2014年10月31日23時04分
皇太子さまは31日、長崎県大村市の社会福祉法人「光と緑の園」を訪れ、子どもたちと交流した。
この施設には、虐待を受けるなどして家庭で育てることができない子どもたち約100人が入所している。
施設側によると、皇太子さまは「虐待が増えてるんですね」などと話したという。
皇太子さまは2〜6歳の子どもたちが貼り絵で遊ぶ様子を見学。
かがみ込むようにして「きれいにできましたね」「楽しんでください」と声をかけて回った。
皇太子さまが3歳の女の子に自身のネクタイを触られ、「珍しいのでしょうか」と笑顔を見せる場面もあった。
皇太子さまは第14回全国障害者スポーツ大会の開会式などに出席するため、同日昼に長崎県入りした。
11月2日に帰京する。
http://www.asahi.com/articles/ASGBW3V1JGBWUTIL00X.html

月別ニュース記事