宮内庁が友納尚子氏の記事に抗議

「週刊文春」(平成26年11月13日号)の記事について
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h26-1113.html

平成26年11月13日
「週刊文春11月13日号」に掲載された「雅子さま“復活の笑顔”「晩餐会」直前に掛けた一本の電話」
と題する友納尚子氏の記事についての事実関係及び宮内庁としての対応は下記の通りです。


同記事は,「十一年前の「衝撃的な出来事」」との小見出しの下に,
2003年10月,メキシコ大統領を迎えた宮中晩餐の前席で,大統領に対する天皇陛下の皇族御紹介が,
「雅子妃を飛ばして,秋篠宮殿下に移ってしまった」ことから,
「雅子妃が妃殿下としての自己の存在について,決定的に自信を喪失した」との趣旨のことを記しています。
しかしながら,以下に記すように,これまで踏襲されてきた皇族方の国賓に対する御紹介の段取りからして,
「皇太子妃殿下を飛ばして」というようなことは到底起こり得ないことです。
宮中晩餐御出席のために宮殿南車寄に到着された国賓御夫妻をお出迎えになった両陛下は,
国賓とご一緒に松風の間に入られます。
間内では,皇太子同妃両殿下始め皇族方が,御身位の順に列立してお待ちになっておられ,
天皇陛下は皇太子殿下から順番にお一人ずつ国賓御夫妻に御紹介になり,
すぐその後に続き皇后陛下が同様にして国賓夫人に次々と皇族方を御紹介になります。
そして御紹介が完了すると飲み物が供され,国賓御夫妻と皇族方の御懇談が始まります。
このようにして進められる国賓御夫妻と皇族方のお出会いは,通例15分程度で終了し,
次いで両陛下と国賓御夫妻お四方が松風の間を出,その日の晩餐会の招待者一人一人から
挨拶をお受けになるレシービング・ラインに立たれるため,石橋の間に向かわれます。
この石橋の間での行事の完了後,両陛下は国賓御夫妻とご一緒に,そして皇族方がその後を進まれ,
晩餐が供される豊明殿にお入りになります。
以上のように,国賓御夫妻への皇族方の御紹介及びそれに続く行事は,
毎回全く同じ段取りで取り進められており,
その第一段階で,秋篠宮殿下以下全員の皇族が見守られる中で,
天皇陛下が,皇太子妃殿下を賓客に御紹介になることなく,
秋篠宮殿下を御紹介になるというようなことは到底起こり得ません。
念の為2003年10月にメキシコ大統領を国賓としてお迎えした際の宮中晩餐での御紹介の状況につき,
当時皇太子妃殿下の次に控えておられた秋篠宮殿下に伺ったところ,
自分(殿下)は,行事などの際に,何か手順通りに進められなかった場合は,直ちに気が付く方だし,
また,再発を防ぐためにもかなりの長きにわたりそれを記憶しているつもりだが,
これまで国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で
何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく,
皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されたということは決してないと思う。
また,万一にも自分が先に紹介されそうになったら,自分は必ずその場で陛下に申し上げ,
皇太子妃殿下の紹介が先になるように取り計らったと思うとの御返事を頂きました。
国賓を迎えるという晴れの席で,天皇陛下がそのようなことをなさるという事実に反することが
手記として掲載されたことは,陛下に対する礼を失する誠に遺憾なことであり,
本日付で週刊文春編集長及び友納尚子氏に速やかに訂正することを要求しました。



該当部分
週刊文春2014年11月13日号
雅子さま“復活の笑顔”「晩餐会」直前に掛けた一本の電話
ジャーナリスト 友納尚子 緊急寄稿

雅子妃の長期療養のきっかけとなったのが、十一年前の宮中晩餐会でのある"事件"だった。
それからほどなく不調を訴えられ、今日までの療養生活に入られた。
だからこそ晩餐会ご出席は、ご回復に向けての大きなハードルだった。それを後押ししたのは―――。
十一年前の「衝撃的な出来事」
雅子妃が「適応障害」で療養にはいられたのは、二〇〇四年のことだった。
〇三年十二月に帯状疱疹になり、入退院後、療養に入られたのである。
その二ヵ月前の十月に、メキシコ大統領を迎えた宮中晩餐会に臨まれたのだった。
実は、この晩餐会の際に、雅子妃が妃殿下としての自己の存在について、
決定的に自信を喪失した出来事があったという。
大統領に対する紹介が、皇太子の次に並んでいた雅子妃を飛ばして、秋篠宮殿下に移ってしまったのだ
(本誌『ザ・プリンセス雅子妃物語』十三年七月十一日号既報)。
「雅子妃殿下は世継ぎ問題などで疲れきっていたところに、
妃殿下としてメキシコ大統領に紹介されなかったことで大変なショックを受けられたと言われています。
歓談もままならずフランス料理の食事も何を食べたのか記憶に残らないほど
頭が真っ白になってしまったそうです」(宮内庁関係者)
この出来事こそ、ご病気になった要因の一つではないかと考えられたのだった。
今回、晩餐会にご出席されるまでの道程はけっして平坦ではなかった。
行動が制限される「皇室」という環境の中で、病を克服するのはたやすいことではない。
妃殿下として晩餐会にお出ましになるためには、
晩餐会のなかで起こった過去の出来事と向かい合わなくてはならなかった。
今回のご出席に向けて、夏頃から、主治医によるカウンセリングが行われるようになっていたという。
(中略)
「雅子さまは夏の静養から体調を整えられて、体力を温存されていたそうです。
精神的・身体的なエネルギーを高められて備えられたのです。
それでも十一年前の晩餐会での悲しいお気持ちを思い起こされる、
フラッシュバックと戦っておられました」(東宮職関係者)


秋篠宮さままで巻き込み…宮内庁“ウラ取り”の裏
(更新 2014/12/ 3 07:00)
宮内庁は11月13日、ホームページに「週刊文春」の記事の訂正を求める文章を発表した。
宮内庁が問題とするのは、週刊文春11月13日号に掲載された
「雅子さま“復活の笑顔”『晩餐会(ばんさんかい)』直前に掛けた一本の電話」という記事。
雅子さまが妃殿下として「決定的に自信を喪失した」要因の一つではないかとして、
帯状疱疹(ほうしん)で入院する2カ月前の03年10月のできごとを挙げる。
それは、来日したメキシコ大統領を迎えた宮中晩餐の前席で、天皇陛下が大統領に皇族を紹介する際、
「雅子妃を飛ばして、秋篠宮殿下に移ってしまった」ことで、雅子さまがショックを受けたという内容だ。
雅子さまはその後11年間、晩餐会に出席しなかった。
これに対して、宮内庁は、「事実に反し、陛下に対する礼を失する」と訂正を求めた。
その際、宮中晩餐の手順を詳細に説明したうえで、異例なことに秋篠宮さまを証言者として登場させている。
「秋篠宮殿下に伺ったところ、(略)これまで国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で
何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく、
皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されたということは決してないと思う」
この宮中晩餐の話は、同誌がこれまでも報じていたが、訂正要求は出ていなかった。
宮内庁幹部によると、「繰り返し報道され、事実として定着することは見過ごせない」ということのようだ。
確かに、元宮内庁職員の山下晋司氏が、
「ご家族だけの私的な場ではなく、元首として国賓を接遇する場面で、そうしたことがあれば、
お客さまにも大変失礼な話です。まずあり得ないと思います」
と話すように、天皇陛下が雅子さまの紹介を飛ばすとは考え難い場面ではある。
一方で、この異例の訂正要求は、「秋篠宮さまに確認を取るのであれば、
なぜ皇太子ご夫妻に確認を取らないのか」という疑問も生じさせる。
このため、宮内庁側(両陛下や秋篠宮さま)と、東宮側(皇太子ご夫妻)との
対立構図があるのではないかとの臆測も呼びかねない。
「週刊文春」編集部は、宮内庁の訂正要求については黙したままだ。
もし、雅子さまの病気の要因に“誤解”があったとしたら、この一件によってわだかまりが解け、
快復へのきっかけとなることを願いたい。
※週刊朝日 2014年12月12日号より抜粋
http://dot.asahi.com/wa/2014120200095.html



さらに
「週刊文春(平成26年11月13日号)の記事について」の一部訂正について
平成27年12月1日

宮内庁は,平成26年11月13日付の当庁ホームページ「週刊文春(平成26年11月13日号)の記事について」と
題する発表文の中で,同記事に記載された事実関係について説明し,
2003年10月のメキシコ大統領を迎えた宮中晩餐の前席で,天皇陛下が,皇太子妃殿下を賓客に御紹介になることなく,
秋篠宮殿下を御紹介になるというようなことは到底起こり得ないとの見解を示し,
関係者に速やかに記事の訂正を求めたことを公表しました。
この時の当庁の見解に何ら変更はありません。
発表文にある秋篠宮殿下の御発言は,週刊文春がメキシコ大統領宮中晩餐において「大統領に対する紹介が,
皇太子の次に並んでいた雅子妃を飛ばして,秋篠宮殿下に移ってしまったのだ」との
友納氏の記事を掲載したことから,天皇陛下が国賓に皇族方お一人お一人を御紹介する場において,
記事にあるような奇異な出来事がこれまでにあったのかをお伺いしたことに対し,
殿下が,国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく,
万一にも皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されそうになったら,
必ずその場で陛下に申し上げたと思うと述べられたことを記載したものであります。
週刊文春の記事内容をそのままに受け取り,「雅子妃を飛ばして,秋篠宮殿下に移ってしまったのだ」との
同誌の記事から,「当時皇太子妃殿下の次に控えておられた」と記載したことにより,実際には当日,
秋篠宮殿下は愛知県お成りのため欠席されていましたが,
秋篠宮殿下がメキシコ大統領の宮中晩餐におけるお話をされたような印象を与えたことは当庁の不手際でありました。
当時の発表文の中で,「念の為2003年10月にメキシコ大統領を国賓としてお迎えした際の
宮中晩餐での御紹介の状況につき,当時皇太子妃殿下の次に控えておられた秋篠宮殿下に伺ったところ」との記載は,
「念の為宮中晩餐で,出席されたすべての皇族方を天皇陛下が御紹介する場において,
秋篠宮殿下が何か奇異に感じられたことがあったかを伺ったところ」と訂正します。
以上の経過を踏まえた平成26年11月13日号の週刊文春の記事についての事実関係と宮内庁の見解は
下記の通りです。
なお,この点における当庁の事実関係の説明に一部誤解を与える点があったことは,
週刊文春の関係者にも通知しています。


同記事は,「十一年前の「衝撃的な出来事」」との小見出しの下に,2003年10月,
メキシコ大統領を迎えた宮中晩餐の前席で,大統領に対する天皇陛下の皇族御紹介が,「雅子妃を飛ばして,
秋篠宮殿下に移ってしまった」ことから,「雅子妃が妃殿下としての自己の存在について,
決定的に自信を喪失した」との趣旨のことを記しています。
しかしながら,以下に記すように,これまで踏襲されてきた皇族方の国賓に対する御紹介の段取りからして,
「皇太子妃殿下を飛ばして」というようなことは到底起こり得ないことです。
宮中晩餐御出席のために宮殿南車寄に到着された国賓御夫妻をお出迎えになった両陛下は,
国賓とご一緒に松風の間に入られます。間内では,皇太子同妃両殿下始め皇族方が,
御身位の順に列立してお待ちになっておられ,天皇陛下は皇太子殿下から順番にお一人ずつ
国賓御夫妻に御紹介になり,すぐその後に続き皇后陛下が同様にして国賓夫人に次々と皇族方を御紹介になります。
そして御紹介が完了すると飲み物が供され,国賓御夫妻と皇族方の御懇談が始まります。
このようにして進められる国賓御夫妻と皇族方のお出会いは,通例15分程度で終了し,
次いで両陛下と国賓御夫妻お四方が松風の間を出,その日の晩餐会の招待者一人一人から挨拶を
お受けになるレシービング・ラインに立たれるため,石橋の間に向かわれます。
この石橋の間での行事の完了後,両陛下は国賓御夫妻とご一緒に,そして皇族方がその後を進まれ,
晩餐が供される豊明殿にお入りになります。
以上のように,国賓御夫妻への皇族方の御紹介及びそれに続く行事は,毎回全く同じ段取りで取り進められており,
その第一段階で,秋篠宮殿下以下全員の皇族が見守られる中で,天皇陛下が,皇太子妃殿下を
賓客に御紹介になることなく,秋篠宮殿下を御紹介になるというようなことは到底起こり得ません。
念の為宮中晩餐で,出席されたすべての皇族方を天皇陛下が御紹介する場において,
秋篠宮殿下が何か奇異に感じられたことがあったかを伺ったところ,自分(殿下)は,行事などの際に,
何か手順通りに進められなかった場合は,直ちに気が付く方だし,また,再発を防ぐためにも
かなりの長きにわたりそれを記憶しているつもりだが,これまで国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で
何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく,
皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されたということは決してないと思う。
また,万一にも自分が先に紹介されそうになったら,自分は必ずその場で陛下に申し上げ,
皇太子妃殿下の紹介が先になるように取り計らったと思うとの御返事を頂きました。
国賓を迎えるという晴れの席で,天皇陛下がそのようなことをなさるという事実に反することが
手記として掲載されたことは,陛下に対する礼を失する誠に遺憾なことであります。
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h27-1201.html

友納尚子

友納尚子氏が週刊文春に連載していた「ザ・プリンセス雅子妃物語」は
事実と相違する事柄が多々あるものの
雅子妃の思考回路、精神状態を知る手がかりにはなる。 
http://seesaawiki.jp/w/dosukono/d/%a5%d7%a5%ea%a5%d0%a5%d0



雅子妃の一方的な被害妄想事例

週刊新潮2013年5月2・9日号
「2000年6月16日、皇太后さまが崩御されましたが、その際のことです」
そう振り返るのは、さる宮内庁の古参職員だ。
7月25日には豊島岡墓地で、一般の本葬にあたる「斂葬の儀」が営まれたのだが、雅子妃はこれをご欠席。
「前日には東宮大夫の会見で、妃殿下は『暑さが続き、夏バテのような状態』で体調を崩され
『お体を大切にしていただく見地からお取り止めになった』との発表がありましたが、
案の定、懸念や批判の声が相次ぎました」(同)
これに先立ち、皇族方や宮内庁職員らが24時間交代でお棺の側に詰める「殯宮祗候(ひんきゅうしこう)」が、
40日間にわたって続けられていた。
実はこの時期に、今に至るまでトラウマとなっている「出来事」が、雅子妃に起きていたというのだ。
「殯宮祗候と並行し、斂葬の儀当日までは連日、さまざまな儀式が続きました。その際、妃殿下は現場で
行事におけるきまりごとについて、皇后陛下からごく簡単なアドバイスを受けたのですが…」(同)
それは、お召し物のベールの長さなど、これまで営々と続けられてきた、しきたりに関するものであったという。が、
「妃殿下は、この皇后陛下とのやりとりを『叱責』と受け止めてしまわれたのです。大勢の皇族方や職員の前で
自分だけが咎められたのだと解釈なさり、ショックを受けてしまいました」(同)
こうした“アクシデント”もあり、斂葬の儀だけでなく、前日に吹上大宮御所で営まれた儀式なども、
雅子妃は欠席された。
実際には「叱責」の事実などなかったのだが、
「後に妃殿下はこの一件を、主治医である大野裕医師のカウンセリングを受けた際、お話しになっています。
そして、この時の体験が大きな心の傷となり、御所への参内もままならないという趣旨のご説明をされている。
御所の側にもそうした“思い込み”は漏れ伝わっており、念のため儀式に携わった人たちに
当日の様子を確かめたところ、そうした場面は一切なかったことが分かったといいます」(同)
一方的な思い込みがあらぬ誤解を生み、ご自身の中でも大きなわだかまりとして燻っているというのだ。