両陛下パラオご訪問

平成27年4月8日(水)
パラオご訪問ご出発に当たっての天皇陛下のおことば(東京国際空港)

本年は戦後70年に当たります。先の戦争では,太平洋の各地においても激しい戦闘が行われ,
数知れぬ人命が失われました。祖国を守るべく戦地に赴き,
帰らぬ身となった人々のことが深く偲(しの)ばれます。
私どもはこの節目の年に当たり,戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ,パラオ共和国を訪問いたします。
パラオ共和国は,ミクロネシア連邦,マーシャル諸島共和国と共に,
第一次世界大戦まではドイツの植民地でしたが,戦後,ヴェルサイユ条約及び国際連盟の決定により,
我が国の委任統治の下に置かれました。そしてパラオには南洋庁が置かれ,我が国から多くの人々が移住し,
昭和10年頃には,島民の数より多い5万人を超える人々が,これらの島々に住むようになりました。
終戦の前年には,これらの地域で激しい戦闘が行われ,幾つもの島で日本軍が玉砕しました。
この度訪れるペリリュー島もその一つで,この戦いにおいて日本軍は約1万人,
米軍は約1,700人の戦死者を出しています。太平洋に浮かぶ美しい島々で,
このような悲しい歴史があったことを,私どもは決して忘れてはならないと思います。
この度のパラオ共和国訪問が,両国間にこれまで築かれてきた友好協力関係の,
更なる発展に寄与することを念願しています。私どもは,この機会に,
この地域で亡くなった日米の死者を追悼するとともに,パラオ国の人々が,
厳しい戦禍を体験したにもかかわらず,戦後に,慰霊碑や墓地の清掃,
遺骨の収集などに尽力されてきたことに対し,大統領閣下始めパラオ国民に,
心から謝意を表したいと思っております。
この訪問に際し,ミクロネシア連邦及びマーシャル諸島共和国の大統領御夫妻が
私どものパラオ国訪問に合わせて御来島になり,パラオ国大統領御夫妻と共に,
ペリリュー島にも同行してくださることを深く感謝しております。
終わりに,この訪問の実現に向け,関係者の尽力を得たことに対し,深く感謝の意を表します。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/speech/speech-h27e-palau.html#AIRPORT



2015.4.7 05:04更新
【産経抄】
サイパンそしてパラオ 4月7日
米自治領サイパン島北部、海に突き出た断崖はバンザイクリフと呼ばれる。
昭和19年6月に上陸した米軍に追い詰められ、多数の日本人が身を投げたところだ。
▼平成17年6月、天皇、皇后両陛下は、この地で紺碧(こんぺき)の海に向かって
黙祷(もくとう)をささげられた。後ろからお二人をとらえた異例の写真は、
どれほど多くの日本人の胸を打ったことだろう。
両陛下にとって、慰霊を目的にした、最初の外国訪問だった。
▼実はそれ以前から両陛下が希望されていた、南太平洋のパラオ共和国への旅がいよいよ実現する。
先の大戦でパラオ群島の一つ、米軍が「天皇の島」と呼んだペリリュー島では、
約1万人の日本軍が玉砕、米軍も1600人を超える死者を出した。
▼昨年9月に開催されたペリリュー戦70周年日米合同式典には、
わずか34人の生還者の一人、元海軍上等水兵の土田喜代一さんの姿もあった。
同行したジャーナリストの井上和彦さんによると、「君が代」の演奏で始まった式典では、
土田さんと元米海兵隊員が、挙手の礼を交わした後、
満面の笑みで手を握りあう姿が見られた(『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか』PHP研究所)。
▼95歳の土田さんにとって、これがパラオへの最後の旅のはずだった。
両陛下のご訪問の実現で、事情が変わる。先月には皇居・御所に招かれ、激しい戦いの様子を伝えたという。
すでに一足先に現地入りしており、両陛下のご到着を心待ちにしている。
▼パラオ側でも道路の清掃など、「世界一の親日国」らしい、歓迎の準備も整っているようだ。
現地では海上保安庁のヘリコプターで移動され、巡視船に宿泊する、厳しい条件の旅となる。
ともに風邪気味でいらっしゃる、両陛下の体調だけが心配である。
http://www.sankei.com/column/news/150407/clm1504070004-n2.html


天皇皇后両陛下 パラオに出発、戦没者慰霊へ
戦後70年にあたり太平洋戦争の戦没者を慰霊するため、
天皇皇后両陛下が激戦地・パラオに向け出発されました。
「戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ、パラオ共和国を訪問いたします」
羽田空港では、皇太子さまや安倍総理らが見守る中、出発式典が行われました。
両陛下を乗せた特別機は、午前11時20分過ぎにパラオに向け出発しました。
これに先立ち、皇居・御所を出発する際は、皇太子妃雅子さまや秋篠宮妃紀子さまらが
お見送りをしたということです。
今回の訪問は、戦後70年にあたり太平洋戦争の戦没者を慰霊したいという
両陛下の強い希望もあって実現したものです。
初日の8日は国際親善として晩さん会などに臨み、9日は激戦地・ペリリュー島で戦没者を慰霊されます。(08日11:30)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2464211.html

2015.4.8 12:08更新
両陛下、パラオにご出発 「悲しい歴史、忘れてはならない」
天皇、皇后両陛下は8日午前、戦後70年の節目に戦没者を慰霊するため、
羽田空港発の民間チャーター機でパラオ共和国に向けて出発された。
慰霊目的での海外ご訪問は、平成17年6月の米自治領サイパン島以来で10年ぶり2度目。
天皇陛下は羽田空港で見送った安倍晋三首相らに、9日に訪問する同国ペリリュー島で日本軍約1万人、
米軍約1700人が犠牲になったことに触れ、
「このような悲しい歴史があったことを、私どもは決して忘れてはならないと思います」と述べられた。
8日夕にパラオ本島の空港に到着し、空港内でパラオのレメンゲサウ大統領とご会見。
その後、パラオと同じ日本の委任統治領として戦禍に遭ったミクロネシア連邦と
マーシャル諸島共和国の両大統領と懇談し、晩餐(ばんさん)会でも同席される。
9日には、宿泊先の海上保安庁の巡視船からヘリコプターでペリリュー島にご移動。
島南端に日本政府が建立した「西太平洋戦没者の碑」と近くにある米軍の慰霊碑に供花し、
追悼の祈りをささげられる。
両陛下ご訪問を前に訪島した生還者の元海軍上等水兵、土田喜代一さん(95)らとも面会される。
http://www.sankei.com/life/news/150408/lif1504080020-n1.html

2015.4.8 19:06更新
「訪問実現に感謝」十年来の宿願かなえられるご覚悟
戦後70年での戦没者慰霊のため、パラオ共和国を8日に訪問された天皇、皇后両陛下。
天皇陛下は出発前、
「この訪問の実現に向け、関係者の尽力を得たことに対し、深く感謝の意を表します」と述べられた。
このお言葉には、厳しい条件を受け入れつつ十年来の宿願をかなえられることへの覚悟が込められている。
戦後50年の平成7年に長崎、広島、沖縄、東京・下町をめぐる「慰霊の旅」を果たした後、陛下は側近に
「今度は南洋に慰霊に行きたい」と相談された。慰霊の旅を終えた感想の中でも「遠い異郷」との言葉で、
海外での戦没者や遺族への強い思いを示された。
南洋の地として、日本の委任統治領だったパラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国の
3カ国が検討されたが、移動手段の問題などで断念。両陛下は平成17年6月、
米自治領サイパン島で初めて海外での慰霊を果たされた。
ただ、宮内庁幹部は「サイパンで海外での慰霊を済まされたということはない。
両陛下のお気持ちに終点はない」という。別の側近も「パラオを含む南洋への慰霊のお気持ちは
この10年の間、弱まることがなかった」と打ち明ける。
1月にパラオご訪問が正式決定すると、防衛省や厚生労働省の担当者から戦禍や遺骨収集の現状について
改めて説明を受けられた。出発前のお言葉では「美しい島々」と「悲しい歴史」を対比、
戦争の悲惨さを忘れないよう訴えられた。
さらに、米国側の戦没者にも思いを寄せるとともに、パラオの人々が日本の遺族に代わり、
慰霊碑の清掃や遺骨収集に尽力してくれたことにも謝意を伝えられた。
移動の問題をクリアするため、異例の宿泊先として海上保安庁の巡視船を活用することも
「関係者の尽力」に含まれるだろう。
「一度口にされたことは、必ず実行される。パラオご訪問は、両陛下のお姿そのものだ」。
側近の一人はこう強調した。
http://www.sankei.com/life/news/150408/lif1504080032-n1.html

2015.4.8 21:18更新
天皇陛下の晩餐会でのご答辞・全文
天皇陛下は、パラオ共和国主催の晩餐会で答辞を述べられた。

戦後七十年に当たる本年、皇后と共に、パラオ共和国を訪問できましたことは、誠に感慨深く、
ここにレメンゲサウ大統領閣下のこの度の御招待に対し、深く感謝の意を表します。
今夕は、私どものために晩餐会を催してくださり、大統領閣下から丁重な歓迎の言葉を頂き、
ありがとうございました。また、この訪問に合わせ、モリ・ミクロネシア連邦大統領御夫妻、
ロヤック・マーシャル諸島共和国大統領御夫妻がここパラオ国を御訪問になり、
今日、明日と続き、私どもと行動を共にしてくださることも誠にうれしく、心より感謝いたします。
なお、この度の訪問を前にして、ミクロネシア連邦を襲った台風の被害を耳にいたしました。
ここに犠牲になられた方々を悼み、御遺族へのお悔やみをお伝えするとともに、
被害を受けた大勢の方々に心よりお見舞い申し上げます。地域の復興の一日も早いことを念願しております。
ミクロネシア地域は第一次世界大戦後、国際連盟の下で、日本の委任統治領になりました。
パラオには、南洋庁が設置され、多くの日本人が移住してきました。
移住した日本人はパラオの人々と交流を深め、協力して地域の発展に力を尽くしたと聞いております。
クニオ・ナカムラ元大統領始め、今日貴国で活躍しておられる方々に日本語の名を持つ方が多いことも、
長く深い交流の歴史を思い起こさせるものであり、私どもに親しみを感じさせます。
しかしながら、先の戦争においては、貴国を含むこの地域において日米の熾烈(しれつ)な戦闘が行われ、
多くの人命が失われました。日本軍は貴国民に、安全な場所への疎開を勧める等、
貴国民の安全に配慮したと言われておりますが、空襲や食糧難、疫病による犠牲者が生じたのは
痛ましいことでした。ここパラオの地において、私どもは先の戦争で亡くなったすべての人々を追悼し、
その遺族の歩んできた苦難の道をしのびたいと思います。
また、私どもは、この機会に、この地域の人々が、厳しい戦禍を体験したにもかかわらず、
戦後に慰霊碑や墓地の管理、清掃、遺骨の収集などに尽力されたことに対して心から謝意を表します。
ミクロネシア三国と日本との外交関係が樹立されてから二十年以上がたちました。
今日、日本とこの地域との間では漁業や観光の分野を中心として関係が深まってきていることは
誠に喜ばしいことです。今後それぞれの国との間で一層交流が盛んになることを願ってやみません。
ここに杯を挙げて、パラオ共和国大統領閣下、令夫人、ミクロネシア連邦大統領閣下、令夫人、
及び、マーシャル諸島共和国大統領閣下、令夫人の御健勝とそれぞれの国の国民の幸せを祈ります。
http://www.sankei.com/life/news/150408/lif1504080037-n1.html

両陛下、ペリリュー島「戦没者の碑」前で供花
2015年04月09日 10時59分
【ペリリュー(パラオ)=沖村豪、太田雅之】
戦後70年の「慰霊の旅」としてパラオを訪問中の
天皇、皇后両陛下は9日午前(日本時間同)、ペリリュー島の「西太平洋戦没者の碑」の前で供花された。
同島や南方のアンガウル島が激戦地となり、パラオ全体で日米計約1万8000人が戦死。
この日は、同国のレメンゲサウ大統領夫妻のほか、ミクロネシア連邦とマーシャル諸島の両大統領夫妻、
旧日本軍兵士や遺族らも供花を見守った。
両陛下は同日午前10時前、日本の守備隊1万人余が玉砕したペリリュー島南端にある平和記念公園の
「西太平洋戦没者の碑」に到着。
供花台の前で一礼し、白菊の花を供えられた。さらに、南の方角を望み、ペリリュー島と同様に
約1100人の守備隊が玉砕したアンガウル島に向かって拝礼された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150409-OYT1T50036.html


2015.4.9 11:25更新
ペリリュー島で慰霊碑にご供花 生還者の元日本兵らともご面会
【ペリリュー島(パラオ共和国)=伊藤真呂武、今村義丈】戦没者慰霊のためパラオ共和国を訪問中の
天皇、皇后両陛下は9日午前(日本時間同)、激戦地だったペリリュー島で、
日本政府が建立した「西太平洋戦没者の碑」に供花して犠牲者を追悼された。
碑のそばで出迎えた同島などでの戦いの生還者の元日本兵らとも面会し、改めて苦労をねぎらわれた。
両陛下は、宿泊先となったコロール島沖の海上保安庁の巡視船からヘリコプターに乗り、
ペリリュー島に移られた。同島では先の大戦で上陸してきた米軍約5万人を迎え撃った日本軍約1万人が
ほぼ全滅。日本政府が昭和60年に米軍上陸地点に近い島南端に碑を建て、英霊を慰めてきた。
両陛下は、日本から持参した白菊の花を碑に供え、深々と拝礼された。
続いて、日本軍約1200人が犠牲になったアンガウル島に向かっても頭を下げられた。
パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国の大統領夫妻も同行した。
ペリリュー島の生還者で元海軍上等水兵の土田喜代一さん(95)やアンガウル島で重傷を負った
元陸軍2等兵の倉田洋二さん(88)、遺族や遺骨収集の関係者らの出迎えを受け、
両陛下は一人一人の話に耳を傾けられた。米軍の慰霊碑にも供花するなどし、同日夕に帰国の途に就かれる。
http://www.sankei.com/life/news/150409/lif1504090021-n1.html

2015.4.9 11:30更新
「英霊たちが喜ぶ姿、はっきり見える」両陛下ご慰霊に立ち会った戦友
天皇、皇后両陛下が戦没者を追悼されたペリリュー島の西太平洋戦没者の碑では9日、
日本を遠く離れた島での激烈な戦いで仲間をほとんど失い、重い戦後を生きた生還者の元日本兵2人が、
万感の思いで立ち会った。
「英霊たちが陛下に出会えて喜ぶことがとてもうれしい」。約1万人がほぼ全滅したペリリュー島守備隊で
生き残った34人の一人、土田喜代一(きよかず)さん(95)は、戦友の御霊(みたま)が
陛下と邂逅(かいこう)する場に立ち会いたいと、車いすの老身を押して島に来た。
弾薬も食糧も補給がないなか、後輩、同僚、上官が目の前で次々と命を落とした。爆弾を手に突撃する者も。
乾きのなかで水くみ任務中に撃たれた仲間も少なくない。「自分もいつ死んでもおかしくなかった」
守備隊の組織的戦闘は昭和19年11月に終結し、けわしく狭いサンゴ岩の洞窟に息を潜めての抗戦に。
20年8月の終戦も、土田さんたちは「徹底抗戦」命令を守って信じず、武装解除に応じたのは
22年4月だった。
訪島した初日の今月5日。遺族会の慰霊碑「みたま」の前でハーモニカを吹いた。
曲は、南洋での海軍兵らの郷愁を歌った当時の「ラバウル小唄」だった。
「1万の英霊たちが喜ぶ姿がはっきりと見える」。土田さんはつぶやいた。
「戦友に陛下のお声を聞かせたい」。西太平洋戦没者の碑から島影が見えるアンガウル島で戦った
倉田洋二さん(88)は、島で散った陸軍宇都宮歩兵第五十九連隊第一大隊約1200人の仲間の名簿を手に、
両陛下をお迎えした。
南洋にいた親類を頼って10代でパラオに移住。南洋庁に勤務しつつ、現地の人々から海や自然のすばらしさを学ぶ。
「一生住みたいほど楽しい青春だった」。そんななか現地召集に応じ、アンガウルで10倍以上の兵力の
米軍と対(たい)峙(じ)。砲撃で重傷を負いながらも「最後まで戦う」と決死の抗戦を続けたが、
作戦中に米兵に発見、拘束された。
「生き残ってしまった」との思いは消えず、靖国神社にはなかなか足を運べないという。
戦後はパラオに残した戦友の慰霊碑維持に尽力した。定年退職後、一時移住したことも。
体調が万全でない今も東京とパラオを往復する。「維持管理で現地との交流を通じ、
慰霊碑が『友好の碑』になってくれれば」
台風などで破損していたアンガウル島の碑を、ご訪問を控えて自ら修復。1週間前に完了し、
この日に間に合わせることができた。大きな節目を迎えたが、戦友の慰霊は生涯、続けていく。
 (ペリリュー島〈パラオ共和国〉今村義丈)
http://www.sankei.com/life/news/150409/lif1504090022-n1.html

2015.4.9 22:56更新
「慰霊の旅」の集大成 示された「覚悟」 
天皇、皇后両陛下は9日、先の大戦の激戦地だったパラオ共和国ペリリュー島の慰霊碑で戦没者を追悼し、
海外での2度目の「慰霊の旅」を無事に果たされた。戦後70年の節目だけでなく、
疎開などでご自身も戦争を体験した80代の両陛下にとり、
平和への祈りの集大成ともいえるこの旅で「不変」の強い覚悟を自らのお姿で示された。
日本軍約1万人が犠牲になったペリリュー島の最南端に建てられた「西太平洋戦没者の碑」。
両陛下は日本から持参した白菊の花束を手向け、深々と一礼された後、
海の先に望むアンガウル島にも拝礼された。
日本軍約1200人が命を落としたアンガウル島への拝礼は、
ご訪問直前に天皇陛下のご意向で急遽(きゅうきょ)予定に入れられた。
この機会に、より多くの英霊の鎮魂を祈り、思い残すことがないように務めを果たされる強い決意が垣間見える。
疎開体験を原点に、平和への思いを高めてこられた両陛下。沖縄戦の組織的戦闘終結の日(6月23日、
広島、長崎の原爆の日(8月6、9日)、終戦の日(同15日)を「忘れてはならない」4つの日として挙げ、
戦後50年の平成7年、広島、長崎、沖縄、東京・下町の戦地を巡る初めての「慰霊の旅」を行われた。
次いで、そのお心は「祖国を守るべく戦地に赴き、帰らぬ身となった人々」
(8日のパラオ訪問ご出発前のお言葉)に向けられる。
戦後60年の17年6月に初の海外での慰霊を米自治領サイパンで果たされた。
だが、側近が「両陛下のお気持ちは不変」と強調する通り、ほかの島々での戦没者への思いも持ち続けられた。
サイパン訪問後の17年12月のお誕生日会見で陛下は「心の重い旅でした」と述べられたが、
両陛下ともに80代となって迎えた戦後70年の節目はとりわけ重い。
サイパンから両陛下が年齢を重ねられたのと同じく、生還者や遺族も高齢化が進んでいる。
パラオご訪問を前に、両陛下がペリリュー島の戦いの「生の証言」をお聞きになれたのはわずかに2人だった。
パラオご訪問は集大成の一つではあるが、「サイパンの後にパラオ、パラオが終わったら次のことをお考えになる。
両陛下の戦没者慰霊のお気持ちに終着点はない」(宮内庁幹部)。9日夜、羽田空港に戻られた両陛下を、
その思いを引き継ぐ皇太子さま、秋篠宮さまが出迎えられた。
(伊藤真呂武)
http://www.sankei.com/life/news/150409/lif1504090037-n1.html


両陛下パラオ訪問「意義深い」=宮内庁長官が感想
宮内庁の風岡典之長官は10日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下がパラオを訪問されたことについて、
「長い間のお気持ちが戦後70年という年に実現をみたのは良かった。
先の戦争によって海外で亡くなられた全ての方々を慰霊し、
併せて平和を祈念する気持ちが示されたのは本当に意義深い」と感想を語った。
(2015/04/10-16:52)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015041000715&g=soc

パラオに感謝=政府
政府は10日、天皇、皇后両陛下が戦没者慰霊のため訪れたパラオから帰国されたことを受け、
「誠に有意義なご訪問だった。さまざまな協力をいただいたパラオ政府、
温かく歓迎していただいたパラオ国民に政府として感謝する」との菅義偉官房長官の談話を発表した。(2015/04/10-10:44)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015041000270&g=soc


2015.4.15 16:29更新
「職員一丸よくやった」 巡視船ご宿泊で海保長官
海上保安庁の佐藤雄二長官は15日の記者会見で、天皇、皇后両陛下がパラオを訪問された際、
巡視船「あきつしま」に宿泊したことについて「海保創設以来初めてで、大変光栄なこと。
職員は一丸となって取り組み、よくやってくれたと思う」と述べた。
佐藤長官は「万全を期して準備し、遺漏なく対応するよう努めた」と話した。
両陛下からは激励とねぎらいの言葉があったという。
海保によると、あきつしまは船内設備を改修、費用は海保が負担した。
具体的な改修内容や金額は明らかにしていない。ほとんどの改修箇所は今後もそのまま使用するという。
http://www.sankei.com/life/news/150415/lif1504150039-n1.html


2015.4.16 18:44更新
ご宿泊の巡視船、横浜に帰港 船長「重要な任務で大変光栄…」
天皇、皇后両陛下が今月8〜9日にパラオを訪問された際に宿泊した海上保安庁の巡視船
「あきつしま」が16日、所属する横浜海上保安部がある横浜港に帰港、式典が開かれた。
川上直実船長は式典の後、記者団に「重要な任務に携われたことを大変光栄に思う。
無事に帰港でき安堵している」とほっとした様子で話した。
佐藤雄二・海上保安庁長官は式典で「現地において抜かりなく対応できことは、
全職員が一丸となって業務と向き合った結果。日本とパラオとの関係強化につながったと確信している」
と訓示し乗組員をねぎらった。
両陛下は戦後70年に当たり、戦争の犠牲となった戦没者を慰霊し平和を祈念するため、
太平洋戦争の激戦地となったパラオを訪問。あきつしまは3月31日にパラオ沖へ出港し、
往復約6千キロの行程を終えて帰港した。
http://www.sankei.com/life/news/150416/lif1504160035-n1.html