皇太子 大分

宮内庁・大分県記者会見
日時:平成19年12月3日 22時45分〜
場所:大分全日空ホテルオアシスタワー21階エトワール

行啓主務官 
大変設定が遅いうえに、また開会も遅くなりまして、恐縮でございます。
今回の大分行啓の行啓主務官を務めております東宮侍従の坂根でございます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。それでは早速ですが、
殿下から本日のご感想を頂戴しておりますのでご紹介を申し上げます。
「第1回アジア・太平洋水サミットが世界各国から多くの参加者を迎えて開会したことをうれしく思います。
このサミットを通し、アジア・太平洋地域の多様な水問題が話し合われ、
その解決に向けての議論が深まることを期待します。
今日一日、水に関するさまざまな話を伺いながらアジア・太平洋地域の水問題が
非常に深刻であるという認識を新たにしました。
温暖化に伴うヒマラヤの氷河湖の決壊の問題などは日本に居てはなかなかその実態がつかみにくいですが、
ヒマラヤ周辺の人々にとっては大変深刻な問題であるということを深く心に刻みました。
水問題は極めて奥の深い問題だと思います。
私も名誉総裁として水問題への理解をさらに深めながら名誉総裁の立場で、
この問題に積極的に取り組んでいきたいと思います。
また今日はPlaza Puer光の園を訪れましたが、子どもたちがいきいきと
お遊戯やクッキーづくりを行っている姿が印象的でした。
多くの県民の皆さまに温かく迎えていただき感謝いたします。」

広瀬知事 
大分県知事の広瀬でございます。よろしくお願いいたします。
殿下は昨夜遅く20時30分にご到着でございました。
空港からこちらのホテルまで直行されたわけでございますけれども、
多くの県民の皆さんが大変熱い気持ちでお迎えになったというふうにお見受けいたしました。
殿下も車を止められて挨拶を返しておられましたのが大変印象的でございました。
本日はビーコンプラザで第1回のアジア・太平洋水サミットの開会式がございましたけれども、
36ヶ国880名の方の参加をいただきました。
元首級の方もそのうちの10名に及ぶ大変立派な開会式を開催することができました。
森会長のご挨拶のあと、殿下からお言葉がございました。福田総理、トミー・コーさんのお話もございました。
その後、アレキサンダー皇太子と、皇太子殿下から記念講演があったわけでございます。
大変、殿下のお言葉は力のこもったお言葉で、その後のレセプション、夜のレセプションでも各国から大変、
讃辞が述べられておりました。また基調講演では水運の話に関連しまして、大分県の国埼津(くにさきのつ)、
あるいは坂門津(さかとのつ)のお話が出てまいりました。またフランシスコ・ザビエルの足跡をたどりながら
瀬戸内の水運についてお話がございました。また田染荘(たしぶのしょう)、
これは水を有効に使っているという例証としてお話がございました。
いろんなところで大分県のお話が出まして大変感激をしたところであります。
午後、私の方から大分県の県政概要についてご説明を申し上げました。
その際には改めまして殿下のご来県につきまして感謝を申し上げるとともに、
大分県の県政の概要についてご説明を申し上げたところでございます。
大分県では「安心・活力・発展」ということをキーワードに県政に取り組んでおりますけれども、
そのことを中心にご説明を申し上げました。
その後、いまお話のございました光の園へ行啓をいただいたところでございます。
保育所と児童養護施設をご視察いただきました。保育所では園児によるメジロンダンスのお遊戯を
ご覧いただきました。その後、「よくできましたね」という、お褒めの言葉もございましたし、
それから「保育所は楽しいですか」とか、「どんなことが面白いですか」といったようお言葉がございまして、
大変、子どもたちに温かいお気持ちで接していただきました。
それから児童養護施設の方ではクッキーづくりを殿下自ら仲間に入ってやっていただきました。
「この道具はどうやって使うんですか」とか、「いつもみんなでクッキーづくりをしてるんですか」とか、
「楽しかったね」といったようなお話をしておられました。
大変ご熱心にクッキーづくりにも参加していただきまして、お召しものがちょっと粉で汚れるぐらい熱心に
やっておられました。家庭に恵まれない子どもたちの施設でございましたけれども、楽しく明るくやっているか
どうかということを本当にお気を遣いながら質問をしておられたのが印象的でございました。
その後、ビーコンプラザにお戻りになりまして、分科会の一つ「ヒマラヤ地域の氷河と水」という
セッションで熱心にお話を聞いておられました。
そしてその後、大分県委員会主催の歓迎レセプションにもご出席をいただきました。
歓迎レセプションでは出席された各国の首脳の皆さん方と丁寧にお話をしておられました。
大変皆さま感激をしておられました。
それから、終わりましてオアシスタワーにお帰りになったということでございます。
もう遅くなっておりましたけれども、沿道で多くの市民が歓迎をしておりました。
一々殿下の方からもお応えをしていただきまして大変に感激をいたしました。
私からは以上でございます。
(中略)

記者 
講演の直後だったので、何か講演に関して殿下ご自身、
もしくは出席者の方から何かお話等はございませんでしたでしょうか。

尾田 
出席者の間は、もう皆さん方、殿下のご講演を第3回の時、第4回の時もお聞きになってられる方が多くて、
今回どういうことをお話いただけるかなと、みんな興味を持っておりましたので、今回の記念講演に関して、
みんなそれは当然大変面白いお話で、しかも殿下の自らの写真をお使いになったり、自らの経験をベースにして、
その上で水問題との関連でお話になりましたので、まさに、殿下ご自身のお考えをお聞かせ願ったという
受け止め方をした人たちが非常に多いことと、それと最初の写真が、皆さんご覧になったかと思いますが、
自らお撮りになられたネパールでの写真ですが、女性と子どもが集まっているのに、水が本当に落ちないという、
あの写真が殿下の水問題をお考えになっておられる原点の一つだということをみんなよくわかったということで、
そこからまたいろんな話が広がったりしておりました。

記者 
いまお話にも出たのですが、愛子様が非常に水問題にお詳しいというお話があったそうですが、
具体的には何かエピソードみたいなものというのはあったのでしょうか。
たとえば殿下とのやりとりの中で。

尾田 
具体的なエピソードというところまではないですが。
記者 
何かお家の中で、こういうことに注意されているとか、そういう話とかではないでしょうか。
尾田 
特になかったように思いますが。
司会 
よろしいでしょうか。それでは隣の方、どうぞ。
記者 
いまの愛子様のところで、もう一度。先ほど、愛子様が皇太子殿下より、自分より詳しくなって、
地位がどうのこうのという冗談ということで、どうのこうのというのは、
もう自分の地位が脅かされてしまうとか、そういうような意味のジョークということなのでしょうか。
尾田 
いやいや、そこまではありませんが、愛子内親王殿下が水問題に興味を持って
非常に詳しくなっておられるということを、ある比喩の形でお話になっておられたということです。
記者
どんな比喩を、、、
尾田
いや、、、
記者 
ジョークということだったら、何かそんな刺激的な、、
尾田 
私よりも水問題、詳しいかもわからないというようなジョークを言われて、
それでみんながドッと笑ったということもございました。
(中略)
広瀬知事 
愛子内親王殿下と言えば、今日、養護施設の方で、施設長さんが、
みんなで愛子様の誕生日の時のテレビを拝見しましたと、こういうお話をしましたら、
子どもの中から愛子様じゃなくて、愛ちゃんでしょうという話がありまして、
大変殿下が大笑いをしておられました。
http://www.pref.oita.jp/10400/chiji/kaiken/h19/12-rinji1/index.html

目次2へ