公務の定義

(いちからわかる!)天皇陛下や皇族の活動、何を公務と呼んでるの?
2015年8月11日05時00分

◇国事行為(こくじこうい)や国内外への訪問など。実は、明確な定義はない
コブク郎:天皇陛下(へいか)や皇族方の活動は「公務(こうむ)」と言われるけど、公務って何?

A:実は「公務」に明確な定義はないんだ。天皇陛下の活動をみると、
(1)首相の任命(にんめい)、国会召集(しょうしゅう)など、憲法で定めた
「国事行為(こくじこうい)」(2)国内外各地への訪問、式典出席といった
「公的行為」(3)プライベートな外出や宮中祭祀(さいし)などの
「私的行為」に分けられる。国事行為と公的行為を合わせて「公務」と呼んでいるよ。

コ:区別しにくいね。

A:秋篠宮(あきしののみや)さまは会見などで、天皇陛下の国事行為のみを
「公務」とみなす考えを示している。皇族の場合には「規定のある公務というものはないと
考えていいのだと思います」とも述べ、最近は、自らの活動にも公務という表現を
使っていない。皇族方の間でも認識が分かれているようだ。

コ:皇族方の公的な活動はどうやって決まるの?

A:行事や式典の主催者側からの「願い出」が前提になる。宮内庁によると、
日程や訪問先の内容などを踏まえ、偏(かたよ)らないように訪問歴も参考にするという。
天皇、皇后両陛下の場合、お二人が一緒の三大行幸啓(ぎょうこうけい)と呼ばれる「全国植樹祭」
「国民体育大会」「全国豊かな海づくり大会」など、毎年恒例の行事も少なくない。

コ:被災地訪問や戦没者慰霊(いれい)も数多いね。

A:両陛下や皇族方の意向を踏まえ、宮内庁側から先方に話を持ちかけることも少なくない。

コ:負担を軽くすることも検討されているの?

A:宮内庁が昭和天皇と天皇陛下の公務を同じ年齢で比べたところ、都内や地方への訪問は
約2倍、赴任する大使との面会などは約5倍だった。天皇陛下が「象徴天皇」を模索(もさく)し、
国事行為以外の公的行為を幅広く積み上げてきた結果だろう。
でも、皇后さまとともに80歳以上の高齢で、体調も万全ではない。宮内庁も対策を検討中だ。

(島康彦)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11909497.html

目次5へ