福沢諭吉の皇室論を読み解く

月刊正論平成21年1月号
福沢諭吉の皇室論を読み解く
―混迷の今こそ賢哲の洞察の深さに学ぶ
平沼赳夫

●皇族に対する不当な差別待遇
平成17年11月な政府の諮問機関である「皇室典範に関する有識者会議」が、
それまでの皇室の伝統を無視して、女系天皇を認める報告書を出しました。
百二十五代にわたって守られてきた皇室の伝統を僅か十名程度の「有識者たち」の議論によって変えることは
おかしいと考えて、「報告書」に対する反対運動を行いました。
平成18年3月7日には、日本武道館で「皇室の伝統を守る一万人大会」を開催しましたが、
このような私たちの活動を「右翼だ」とみなす人が多かったことは残念でした。
官僚たちも、国家公務員の上級試験を通ってきていますが、皇室のことをまともに学んできていません。
ですから、天皇陛下が国家の安泰と国民の幸福を祈られる皇居・宮中三殿の補修費用なども、
財政難を理由に極力削ろうとする。宮中三殿の塀などがぼろぼろになってしまっていても、少しも気にしていない。
あまり知られてはいませんが、皇族に対する処遇もおかしいことばかりです。
ひげの殿下とよばれている寛仁親王殿下は九回も癌の手術をされていますが、
皇族は国民健康保険に入ることもできないため、医療費の負担が大変なのです。
宮様の場合、一般の人々との相部屋というわけにもいきませんから、入院費が一カ月に何百万とかかるわけです。
その費用を決して多くない皇族費から捻出しなければならない。
皇族は国民健康保険に入れないだけでなく、選挙権もありません。ところが税金だけはしっかりと取られる。
昭和天皇の弟宮にあたられる高松宮殿下は港区高輪にお屋敷があって、八千坪もありました。
その内、半分の四千坪はご自身の所有地でした。その四千坪の敷地をすべて国に寄付されたんです。
昭和62年の時ですから、バブルの時代で坪一億として時価四千億ですよ。
それでも高松宮様が薨去されたとき、税務署の役人たちが高松宮邸に来て、
相続税を算定するためにお蔵の財産に査定額の札を貼って莫大な相続税を課した。
やむをえず妃殿下は相続税を支払うために、葉山の別邸を売却されたわけです。
四千億も寄付された高松宮家から相続税を取り立てたんですよ。
選挙権もなく、国民健康保険もないのに、相続税などの税金は一般と同じく取られる。
現行憲法でも「国民統合の象徴」と規定されている皇室に対しては、
それにふさわしい処遇が整えられてしかるべきではないかと思います。
そもそもこんなおかしな法体系となっているのは、占領政策が原因です。
日本の敗戦後、アメリカの占領軍が皇室を「日本最大の財閥だ」と誤解して財産を没収しただけでなく、
最小限の経費しか使えないようにしたからです。国民統合の象徴でありながら
天皇陛下も皇族も不当な扱いを強いられてきた。そうした「占領遺制」は戦後半世紀、
ほとんど是正されずに今日に至っているわけで、政治家として誠に申し訳なく思っています。

●「自由な政治論争がもたらす軋轢」を緩和する力
皇室に対して不当な扱いをしている戦後体制を是正するためにはまず何よりも、
政治家の見識と世論の支持が必要ですが、現状でははなはだ心もとない。
私は若いときに谷口雅春先生の皇室論を読む機会に恵まれて皇室の尊さを理解することができましたが、
戦後教育しか受けていなければ皇室の尊さがわからないのも無理はない。
そこで現代の人々にも皇室のことを理解してもらうためにどうしたらいいのか、調べておりましたら、
私の母校の慶應義塾大学の創設者である福沢諭吉先生が皇室のことについて立派な論文を残されていることに
気付きました。福沢先生と言えば、「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」という言葉でも
有名なように、どちらかというと進歩的な開明思想の持ち主だというのが大方の印象でしょう。
その福沢先生が明治時代に「なぜ皇室は尊いのか」「日本の将来にとって皇室がいかに重要なのか」を
丁寧に論じていらっしゃるのです。現代の評論家や政治家が主張するよりも。
福沢先生が皇室の尊さを力説されていたという事実に非常に価値があると思って、
このほど『福沢諭吉の日本皇室論』(島津書房)という本を出した次第です。
この本には、国会設立が決まったことを受けて明治15年(1882)に発表された「帝室論」と、
明治21年に発表された「尊王論」の、それぞれの原文とその現代語訳を収めていますが、
日本人なら必ず読んでおくべき近代皇室論の古典だと思います。
天皇陛下も中等科時代に、東宮職参与となった小泉信三博士とともに、
福沢先生の『帝室論』を輪読されておられます。
福沢先生はいわば西欧近代化、自由民権運動のオピニオンリーダーだったわけですが、
単純な自由民権論者ではありませんでした。
(中略)

≪政治の党派が生じて相互に敵視し、積年の恨みがだんだん深くなり、解決できないという状況の最中に、
外からの攻撃が生じて国の存亡にかかわる事態が到来したら、どうするのか。
自由民権が非常に大切であるとはいっても、その自由民権を享受させてくれた国が、あげて侵略され、
不自由で無権力ま有り様に陥ったなら、どうするのか。…小さい者どうしがお互い争って
勝敗が容易に決着せず、全身の力をすでに使い果たして残る力もない。こんな状態で他国のことを考えて、
それに対処する余裕があるだろうか≫

福沢先生がこの論文を執筆されたのは今から百二十年前のことですが、現代の政治の姿を彷彿とさせます。
驚くべき先見性だと思います。
続けて、このような「国会における自由な政治論争がもたらす軋轢」を緩和させるためにも
「一種特別な大勢力」が必要だとして、次のように述べていらっしゃいます。

≪民心軋轢の惨状を呈するときにあたって、その党派論にはいささかも関係するところのない
一種特別な大勢力があり、その力をもって、相争う双方を緩和し、無偏無党の立場から両者を安んじいたわって、
各々が度を過ぎないよう導くことは、天下無常の美事であり、人民には無上の幸福といえるだろう≫

そして、我が国において「相争う双方を緩和し、無偏無党の立場から両者を安んじ、いたわって、各々が
度を過ぎないよう導く」力をもっているのは、党派をこえて国家・国民のために祈られる皇室しかないと、
福沢先生はいわば西欧近代化、自由民権運動のオピニオンリーダーだったわけですが、指摘されているのです。

●マッカーサーとのご会見に見る「皇室の本質」
確かに福沢先生の指摘している通り、有史以来我が国は幾度しなく国難に出合っていますが、
そのときは必ず皇室が中心となって、しっかりまとまって危機に対応してきました。
元寇のときの亀山上皇、幕末・明治維新のときの孝明天皇と明治天皇、
そして占領軍が乗り込んできた昭和二十年のときの昭和天皇と、いずれも皇室を中心にまとまってきました。
まさに皇室があるかに、国家は分裂せずに守られてきたと言えると思います。
日本の敗戦後の武装解除ひとつをとっても、天皇のご存在がなければ、絶対に失敗していたと思いますね。
皇室は常に国家・国民のことをお考えになっていらっしゃる。その皇室に対する敬愛の念において
国民がまとまっていなければ、武装解除もあれほど平和裡に進まなかったでしょうし、
ゲリラ闘争が各地で頻発して現在の日本の繁栄もなかったと思いますね。
国家が分裂せずにまとまることの重要性は、イラク戦争後のイラクの復興の様子をみればよくわかります。
国民を統合する存在がなければ、イラクのように内乱が続いていたかも知れないのです。
では、なぜ皇室に国民を統合する力があるのか。日本の歴史を見れば、源氏にしても平家にしても
織田信長にしても、その軍事力と権力によって皇室を無にすることはできた。
しかし、そうしなかったのは、神話の世界につながる日本最古の宗家としての重みを持ち、
国家の安泰と国民の幸福を日々祈られる皇室の権威を誰もおかすことができなかったからです。
しかも、いざとなれば国民のために捨て身の行動をとられてきた。
思い出すのは、日本敗戦後の昭和二十年九月のマッカーサー元帥とのご会見のことです。
(中略)

陛下は命乞いをされずに「自分はどうなってもいいから日本国民を救ってほしい」と切々とおっしゃられて、
マッカーサーは大変感動したわけですね。ですから、最初はぞんざいな扱いであったのが、
お帰りになるときは玄関まで見送りにでた。
国民のためならば命を投げ出される無私の行動をとられた昭和天皇だからこそ、
日本国民も戦争には負けたけれども、皇室に対する敬愛の念をいささかも変えなかったわけです。

●行政の限界と皇室の役割
福沢先生が皇室に期待した役割は、政治論争に伴う軋轢を緩和することだけではありませんでした。
(中略)
明治23年(1890)、政府は第一回帝国議会に、第一号法律案として「窮民救助法案」を提出しました。
障害者・傷病者・老衰者等で自活の力なく飢餓にせまる者と養育者のない孤児を対象に、
衣食住給与と医療、埋葬まで行うというものですが、衆議院は法案をなんと否決してしまったのです。
「なぜ一部の困窮者を助けるために国民の税金を使うのか」という批判が多数を占めたというのです。
しかし、貧富の格差を放置し、飢え死に寸前の人々ょ見捨てるような風潮が蔓延すれば、社会は荒みます。
助け合い支え合うよき社会としていくためにも、親に孝行を尽くし、困った人に手を差し伸べるような善行を
讃える世論を高めていくことが重要ですが、法令に基づいて行政を行う政府官僚がその役割を担うことは
なかなか難しい。では、どうしたらいいのか。皇室ならば、社会が荒むことを防ぎ、助け合い支え合う
よき社会の美風を高めることができると訴えているのです。

≪国会議員の政府は、道理の府であるために、情を尽くすことができない。
理を通そうとすれば情を尽くすことができず、情を尽くそうとすれば理を通すことができない。
この二者は両立できないものと知らねばならない。では、このような状況で、日本国中を見渡してみて、
こうした人情の世界を支配して徳義の風俗を維持することのできる人がいるだろうか。
ただ帝室(皇室)があるのみである≫

国家・社会の現実を見据えた福沢先生の「皇室論」は当時の指導者層にも支持され、皇室は、貧民救済など
福祉に尽力されるようになります。例えば、明治44年、明治天皇は困窮者に対する無料の医療事業を起こすべく
「施療済生の勅語」を出され、御内帑金(ごないどきん ポケットマネー)をもとに恩賜財団済生会が設立され、
全国各地に貧しい人向けの病院や診療所が建てられました。
大正14年には、関東大震災を被災した老人を救済収容する目的で、
皇室の御内帑金と大震災に対する一般義捐金をもって財団法人浴風会を創設し、
病院を併設し五百人を収容する大養老院浴風園を設立しています。
この浴風園のおかげで全国の養老院の水準が大いに上がったと言われています。
明治新政府は、欧米諸国の軍事的脅威から独立を守るために富国強兵を最優先にせざるを得ませんでした。
いわば、能率を優先させ、採算重視の資本主義のもとで経済発展をしていかなければなりませんので、
資力が乏しい当時の政府は、福祉を後回しにせざるを得なかったわけです。
しかし、能率的採算本位の資本主義は、拝金主義を招き、格差を生み、国民精神を退廃させていくことになります。
そこで、富国強兵では切り捨てられる部分、つまり学術・文化の高貴さを保ち、
福祉を重視して格差を是正する役割を、皇室に担っていたたくべきであると福沢先生は考えられ、
実際に皇室はそのような役割を担ってこられたわけです。
もちろん、皇室が福祉や伝統文化の顕彰を行おうと思えば一定の財産が必要です。
ですから福沢先生の「帝室論」の結論も、福祉や伝統文化擁護のため、
皇室には一定の財産をお持ちいただきたいということでした。
幸いなことに明治の時代は、政権担当者たちも精神的分野で皇室が大きな役割を果たされるべきだと考えて、
ヨーロッパの王室とは比較になりませんが、一定の皇室財産をお持ちいただくことになりました。
行政ができることには限界があるからこそ、それ以外の精神的分野における皇室の役割は大きい。
この福沢先生のご指摘は平成の今でも立派に通用すると思いますね。

●ハンセン病と高松宮殿下
現行憲法となって皇室に対する法制度は確かに変わりました。
しかし、福沢先生が指摘されたような、行政とは異なった立場から福祉や文化・芸術など精神的分野において
皇室が大きな役割を果たされるという点については、ほとんど変わっていないのではないでしょうか。
私がまだ若い代議士の頃、私の選挙区である岡山にハンセン病の療養施設がありまして、
高松宮同妃両殿下がお見えになりました。私も随行させていただきましたが、ハンセン病の重い患者などは
手も爛れているんですが、高松宮殿下と妃殿下はしっかりと手を握られて激励されたんです。
当時はまだハンセン病に対する誤解も残っていて感染するのではないかと、随行の知事や政治家は
患者のそばに近寄らなかった時代ですよ。そんな患者さんの手をしっかりと握られる殿下のお姿を間近に
拝見していて、やはり皇族というのは違うなと思いましたよ。目が見えないその患者さんに
看護師さんが「いま手を握ってくださっているのは高松宮殿下ですよ」と話しかけると、涙が流れたんです。
何しろ爛れて手の形をしていない状態です。宮様はいやいやではなくて、本当に心をこめて手を握られる。
恐らく誰も手を握ってくれなかったんだと思うのです。
ハンセン病に対する社会の偏見を取り除く上で皇族が果たされた役割は本当に大きかったと思いますし、
青年時代に「帝室論」をお読みになっていらっしゃるためなのでしょうか、現在の天皇皇后両殿下も
障害者福祉など、時の行政の手が及ばない国民の重要事に精神的な支援をなさっていらっしゃいますよね。
御即位十年のときに皇后陛下も、行政との関係を念頭に、次のようにおっしゃられています。
「この十年間、陛下は常に御自身まお立場の象徴性に留意をなさりつつ、その上で、人々の喜びや悲しみを
少しでも身近で分け持とうと、お心を砕いていらっしゃいました。社会に生きる人々には、
それぞれの立場に応じて役割が求められており、皇室の私どもには、行政に求められるものに比べ、
より精神的な支援としての献身が求められるように感じます」
実際、皇室の「より精神的な支援としての献身」によって救われた国民は多いと思いますが、
そうした「現実」を国民の側がどれほど知っているのでしょうか。現在の皇室に戦前のように
多くの財産があれば、もっと福祉や伝統文化振興のために大きな役割を果たしていただけるでしょうに、
いまはお気の毒で、乏しい予算ですので、皇族の関係者が結婚される際に宮家が出されるお祝いは
申し上げるのも憚られる金額だと伺っています。もちろん、お祝いをいただく側は
宮家からいただいたということで有難く思っていると思いますが、
一般の会社員並みのお祝いさえお包みになれない状況にあることは本当に申し訳ない次第です。
皇室が「福祉などのために基金を出されたい」とお考えの際に、ある程度自由に使える財産を
お持ちいただくことができるように、せめて国民の側から皇室に寄付できるような制度があればいいのですが、
占領軍から強制された現行憲法では、国民からの寄付もほとんど認められていません。
ですから、一日も早く憲法改正を成し遂げ、国民からの寄付の道を開くとともに、
皇室には、自由な政治論争に伴う軋轢を和らげ、行政ではできない精神的な側面で
もっともっと大きな役割を果たしていただくようにしていくべきだと思います。
その際、現行憲法では、総理大臣も元首的な機能を持っているし、天皇陛下も国事行為を始めとして
元首的な役割を果たされている。このため学界では厳密にはどちらが元首なのかという論争が
行われていると聞いていますから、「党派を超えた尊いご存在である天皇陛下こそ
日本国を代表される元首である」ということを明記すべきだと思います。
私の知り合いには慶応出身者が多いのですが、ほとんどの人は福沢先生が皇室論を書いていらっしゃることを
知りませんでした。『学問のすすめ』だとか『福翁自伝』は知っていますが、
『帝室論』と『尊王論』はほとんど知りませんでした。
慶応大学の塾長室を訪ねて安西塾長にも差し上げましたが、安西塾長も出版のことを大変喜んで下さったのです。
天皇陛下は御在位二十年を迎えられます。皇室と国民の絆をめぐり様々な議論が交わされてもいます。
なかには合点のいかぬ問題提起や心ないと思えるものもあります。我が国にとって天皇、皇室が
いかなる存在であるのか。それを今を生きる国民としてしっかり見つめ直さねばならない。
しかしそのためには先哲の残された古典を繙き、その叡知に向き合うなかで
私たちの先人がどのように考えたのかを学び、自らを省みる営みはとても大切で忘れてはならないように思う。
福沢先生の『帝室論』と『尊王論』はこれまで長い間忘れ去られた論文だったわけですが、
「自由民主主義」を推進する立場から皇室の尊さを説く福沢先生の「皇室論」は
百二十年の歳月を経た今日でも、将来の日本を構想していく上で、大きな示唆と誇りを与えてくれると思います。


目次5へ