三笠宮崇仁親王殿下薨去

2016.10.27 09:24更新
三笠宮さま薨去される 天皇陛下の叔父、100歳
大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が27日午前8時34分、
入院していた東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。
100歳で、皇位継承順位は第5位であられた。
三笠宮さまの薨去により、皇室は19方、皇位継承資格者は4方となった。
三笠宮さまは平成24年に心臓の僧帽(そうぼう)弁が十分に機能しないために血液が逆流する
鬱血性心不全と診断され、96歳でご手術。
今年5月16日に急性肺炎で同病院に入院された後、心機能の低下が確認され、体調悪化が懸念されていた。
http://www.sankei.com/life/news/161027/lif1610270007-n1.html

三笠宮さま ご逝去 昭和天皇の弟で100歳
10月27日 8時55分
昭和天皇の弟で、天皇陛下の叔父の三笠宮さまが、入院先の東京都内の病院で亡くなられました。100歳でした。
三笠宮さまは、ことし5月16日、せきや発熱の症状を訴え、急性肺炎と診断されて
東京・中央区の聖路加国際病院に入院されました。治療によって肺炎の症状は改善しましたが、
三笠宮さまは、心臓の働きの低下がみられ、胸にたまった水を抜く治療を受けたり、
新たに誤えん性の肺炎を発症したりして病室と集中治療室とを行き来される状況が続きました。
また、6月下旬には、心臓の拍動のリズムを整える「ペースメーカー」を埋め込む治療を受けられました。
7月下旬以降は、集中治療室での治療が続き、8月には一時、体調が悪化して、
皇族方が相次いで見舞いに訪れました。
そして、27日、脈が弱まり血圧も低下するなど容体が悪化して、午前8時34分に亡くなられたということです。
三笠宮さまは、4年前の平成24年、96歳で心臓の弁の機能を回復するための手術を受け、
その後、外出の機会は減ったものの、去年12月に明治以降の皇族で初めて100歳を迎えられました。
ことし1月の新年の一般参賀では、妃の百合子さまとともに元気な姿を見せ、
4月には、お住まいの宮邸でトルコに赴任する日本の大使と面会する公務にも臨まれていました。
聖路加国際病院には、三笠宮妃の百合子さまが、26日から、ご自身の検査のため入院していて、
三笠宮さまを看取られたほか、高円宮妃の久子さまと長女の承子さま、三女の絢子さまも、駆けつけられています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161027/k10010746021000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

2016.10.27 11:30更新
【三笠宮さま薨去】
宮内庁が午前10時半すぎに発表
大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が
27日午前8時34分、心不全のため、東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。
100歳で、皇位継承順位は第5位であられた。
戦時中は陸軍の軍人、戦後は古代オリエント史の研究者として活躍された。
本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は約1週間後に
東京都文京区の豊島岡(としまがおか)墓地で執り行われるとみられる。
薨去により、皇室は19方、皇位継承資格者は4方となった。
宮内庁は27日午前10時半すぎから、加地隆治宮務主管と名川弘一皇室医務主管が記者会見し、
三笠宮さまの薨去を発表した。
昨年12月に明治以降の皇族では初めて100歳を迎え、ご存命の中で唯一の大正生まれの男性皇族でもあられた。
昭和天皇、秩父宮、高松宮の弟にあたられ、幼少期の称号は澄宮(すみのみや)。
学習院初・中等科、陸軍士官学校を卒業後、陸軍騎兵学校、陸軍大学校へと進み、先の大戦中の昭和18年、
お印の「若杉」から「若杉参謀」と名乗り、支那派遣軍参謀として南京に赴かれた。
19年には大本営参謀となり、終戦時は陸軍少佐であられた。
16年10月に高木正得(まさなり)子爵の次女、百合子さまと結婚し、寛仁親王殿下、桂宮宜仁親王殿下、
高円宮憲仁親王殿下、●(=ウかんむりの下に心、その下に用)子(やすこ)さん(近衛忠●(=火へんに軍)夫人)、
容子(まさこ)さん(千宗室夫人)の3男2女をもうけたが、
平成14年に高円宮さま、24年に寛仁さま、26年に桂宮さまを相次いで亡くされた。
戦後は東京大学文学部の研究生となり、歴史学者の道を歩まれた。メソポタミア地方(イラク)の学術探検、
トルコの古代遺跡視察のほか、友好親善や葬儀参列のため、北欧や東南アジアなども訪問し、
戦後の皇室による国際親善に大きな足跡を残された。
90歳を過ぎると体調を崩しがちになり、20年6月に急性心不全との診断を受けてご入院。
21年と23年にも軽い心不全で入院された。寛仁さまが薨去された直後の24年7月には、
心臓の僧帽(そうぼう)弁が十分に機能しないために血液が逆流する鬱血性心不全と診断されて
96歳で手術を受けられた。
手術後は公の場に出る機会が減ったが、27年12月2日に100歳となり、28年1月2日には
皇居で行われた新年一般参賀で元気な姿を見せられた。
しかし、5月16日に急性肺炎で同病院に入院後、心機能の低下が確認され、ご入院は約5カ月に及んでいた。
最近は容体が安定していたが、27日午前7時40分ごろに容体が急変して同8時ごろに心停止となり、
百合子さまが付き添われる中で息を引き取られたという。
http://www.sankei.com/life/news/161027/lif1610270027-n1.html

両陛下、7日間ご服喪 秋の園遊会はお取りやめ
2016.10.27 13:20
宮内庁は27日、三笠宮崇仁親王殿下の薨去を受け、天皇、皇后両陛下が同日から7日間の喪に服されたと発表した。
これに伴い、両陛下が主催されて11月1日に催される予定だった秋の園遊会も取りやめる。
皇太子ご一家、秋篠宮ご一家、常陸宮ご夫妻も7日間の喪に服される。
三笠宮妃百合子さまは90日間、寛仁親王妃信子さま、三笠宮家の彬子さま、瑶子さま、
高円宮ご一家は30日間それぞれ服喪される。
http://www.sankei.com/life/news/161027/lif1610270038-n1.html

オリエント史研究に情熱=戦争、皇室批判も−激動の一世紀歩む・三笠宮さま
亡くなられた三笠宮さまは終戦まで軍人生活を送り、戦後は古代オリエント史研究に情熱を傾け、
「オリエントの宮さま」と呼ばれた。戦時中の体験から戦争批判を繰り広げ、歴史学者の立場から紀元節復活に反対。
時に大胆な発言が波紋を呼んだが、暗い時代に戻るまいとの強い決意の表れでもあった。
◇聖戦の裏側で
第1次世界大戦中の1915年12月生まれ。幼少時に童謡を作詞し、「童謡の宮さま」と呼ばれた。
陸軍大学校を卒業した41年12月、太平洋戦争が始まった。意気盛んな青年将校だった三笠宮さまに、
戦争に対する決定的な疑問を抱かせたのは、支那派遣軍総司令部参謀として赴いた戦地の中国・南京で見聞きした
日本軍の残虐行為だった。
44年1月、三笠宮さまが陸軍を批判した文書は50年後の94年7月に見つかった。
自身の「お印(しるし)」にちなんだ秘匿名「若杉参謀」の名で書かれ、
「支那事変に対する日本人としての内省」と題し、「現在日本人、特に軍人に欠如しているものは『内省』と
『謙譲』」と述べ、軍部に猛省を迫った。
日本軍の残虐行為をテーマにした映画を日本に持ち帰り、昭和天皇に見せたこともあった。
「聖戦という大義名分が、事実とはおよそ懸け離れたものであった」
「聖戦に対する信念を完全に喪失した私としては、求めるものはただ和平のみとなった」。
著書に付した「わが思い出の記」で当時の苦悩を吐露している。
終戦の年の45年5月、宮邸は空襲で全焼。妻の百合子さま、1歳だった長女の近衛※子さん
(※ウカンムリの下に心その下に用)と共に、コンクリート製の防空室で生活した。
終戦直前には、後ろ盾を期待する抗戦派陸軍幹部からの働き掛けを断固として拒み、陸軍に反省を促したとされる。
◇「菊のカーテン」
戦後、東大文学部の研究生となり、古代オリエント史研究者の道を歩み、「学者皇族」として活躍。
テレビやラジオ、雑誌などにもたびたび登場した。憲法9条について「戦争放棄は大変いいと思いました」と述べ、
紀元節復活の動きには「歴史学的、考古学的な裏付けがない」と反対。
時に踏み込んだ見解を示し、保守派勢力から「赤い宮さま」とやゆされたこともあった。
太平洋戦争以前の皇室制度を「格子なき牢獄(ろうごく)」と著書で表現。皇室の閉鎖性を、
東西冷戦時代の「鉄のカーテン」になぞらえ、「菊のカーテン」と表現した。
「皇室を尊厳の対象にしようとすると、また昔の状態に向かう恐れがあるのではないでしょうか」と
雑誌の対談で述べたこともあった。
研究では、宮内庁書陵部内に三笠宮研究室を開設する一方、東京女子大などの教壇に立った。
同大の食堂で学生と語らい、いつも注文する1杯20円のきつねうどんは「宮さまうどん」と呼ばれた。
◇内助の功に感謝
2008年に「わが歴史研究の七十年」を「総括の意味」で出版。
「古代史はこれからつくられるのです」と、若い研究者への思いを記し、研究への情熱は晩年も衰えなかった。
「顧みれば、70年間、陰になり日なたになり私を助けてくれたのは、何といっても妻百合子であった」
「今静かに過去の70年を振り返ってみるとき、百合子に対して感謝の言葉も見付からないほどである」
(11年10月、結婚70年の所感)
 「世界中の人々の幸せを願い、70年以上にもわたり私を支えてくれている妻百合子に感謝しつつ、
楽しく穏やかな日々を過ごしていきたい」(15年12月、100歳の所感)
 晩年、高円宮さま、寛仁さま、桂宮さまと最愛のお子さま3人に先立たれ、96歳での心臓手術など、
苦難の連続だった三笠宮さま。人生の節目には、長年連れ添った妻百合子さまに、感謝の言葉をつづっていた。
(2016/10/27-09:51)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102700177&g=soc

両陛下と皇族方 弔問のため赤坂御用地に
10月27日 17時41分
天皇皇后両陛下は、午後5時前、弔問のため東京・元赤坂の
赤坂御用地にある三笠宮さまのお住まいを訪ねられました。
車に乗った両陛下は、沈痛な表情で、赤坂御用地の門を入られました。
これに続いて、皇太子ご夫妻、それに、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまが弔問のため、
三笠宮さまのお住まいを訪ね、その後、皇居を訪れて両陛下に弔意を表されたということです。
安倍総理大臣は27日夕方、弔問のため東京・元赤坂の赤坂御用地にある三笠宮さまのお住まいを訪れました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161027/k10010746601000.html

2016.11.1 09:09更新
葬儀費用約2億8900万円
10月27日に薨去(こうきょ)された三笠宮さまの葬儀や墓所の建設に必要な費用は
約2億8900万円との見込みを宮内庁がまとめ、
うち約2億900万円を平成28年度の国の予備費から支出することが1日の閣議で決まった。
宮内庁によると、残りの費用は来年度の予算要求に盛り込むなどしてまかなうという。
費用の内訳は本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」の葬場関係に約1億3400万円、
墓所の建設に約1億2400万円などで、平成26年6月に薨去された次男、桂宮さまの時より
計約2700万円増える見込み。宮内庁は主な要因として労務単価の上昇のほか、
参列者に儀式が見えやすいようにするモニターの設置費用などを挙げた。
葬儀は三笠宮妃百合子さまを喪主とし、私的行事として神道形式で営まれるが、
「国家的な弔意の対象」(宮内庁)を理由に、国費が充てられる。
http://www.sankei.com/life/news/161101/lif1611010011-n1.html

三笠宮さまの通夜、皇太子ご夫妻ら参列 元赤坂の宮邸
2016年11月2日21時25分
故・三笠宮崇仁(たかひと)さまのご遺体が安置された東京・元赤坂の宮邸で2日、通夜が始まった。
喪主の妻・百合子さま(93)や皇太子ご夫妻、親族らが参列。
30分ごとに参列者が入れ替わり、三笠宮さまをしのんだ。
床や壁などを白い布で覆った部屋で、ひつぎの周りには天皇、皇后両陛下から贈られた菓子や果物などが飾られた。
車いす姿の百合子さまや皇太子ご夫妻が拝礼した。
これに先立ち、ひつぎを宮邸内の正寝と呼ばれる部屋に移す儀式「正寝移柩(せいしんいきゅう)の儀」が行われ、
百合子さまや秋篠宮ご夫妻、皇族方が参列。
宮内庁によると、百合子さまは皇族方が拝礼する様子を静かに見守ったという。
「正寝移柩の儀」の後には、両陛下が宮邸を訪れ、拝礼した。
http://www.asahi.com/articles/ASJC141DBJC1UTIL01N.html

天皇皇后両陛下、三笠宮さまに最後のお別れをされる
11/03 20:05
天皇皇后両陛下は3日午後、赤坂御用地を訪れ、三笠宮さまに最後のお別れをされた。
天皇皇后両陛下は、3日午後3時半ごろ、赤坂御用地にある三笠宮邸を訪問された。
4日、本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」が行われるが、両陛下は、皇室の慣例により参列しないため、
ひつぎに拝礼し、最後のお別れをされた。
その後、午後5時から、逝去にともなう儀式の1つである「霊代安置の儀」が行われ、
皇太子さまや秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さまなど、皇族方が参列された。
斂葬の儀は、4日午前10時から、東京・文京区の豊島岡墓地で営まれる。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00340838.html

三笠宮さまの葬儀「斂葬の儀」
11月4日 17時51分
先月27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまの葬儀にあたる「斂葬の儀」が4日、
東京の豊島岡墓地で行われました。
三笠宮さまのひつぎを乗せた車は午前9時前に東京の赤坂御用地にある三笠宮邸を出発しました。
葬列が皇居前にさしかかると、見送りに出た大勢の人たちが深々と頭を下げていました。
そして午前9時半すぎ、東京・文京区の豊島岡墓地に到着すると葬列は徒歩列に変わり、
皇太子ご夫妻などの皇族方や安倍総理大臣、各界の代表など、
600人近くの参列者が見守る中をゆっくりと進みました。
三笠宮さまのひつぎは式場正面に設けられた葬場に安置され、
午前10時すぎから告別式にあたる儀式が始まりました。
式ではまず、儀式をつかさどる司祭長が弔辞にあたる祭詞を読み上げ、
歴史研究やレクリエーションの発展に尽くされた三笠宮さまの功績をしのびました。
続いて、両陛下の使いの侍従長と侍従次長、それに、喪主を務める三笠宮妃の百合子さまが
祭壇に玉串をささげて拝礼したあと、皇太子ご夫妻など皇族方もひつぎに向かって拝礼し、
最後のお別れをされました。天皇皇后両陛下は皇室の古くからの慣例にしたがって参列されませんでした。
このあと行われた一般の人たちの拝礼にはゆかりのあった人たちなど1300人余りが訪れ、
三笠宮さまをしのびました。
夕方には豊島岡墓地にある3人のお子さまの墓のすぐそばに造られた三笠宮さまの墓の前で納骨の儀式が行われ、
喪主の代理として孫の三笠宮彬子さまがお別れの言葉をかけられました。
墓には三笠宮さまが俳句を記されていた手帳や国語辞典、原稿用紙のほか、ワイシャツや背広、
茶わんや箸など身の回りの品々が一緒に納められたということです。
三笠宮さまの墓には5日、両陛下が参拝されるほか、
6日から2日間は午前10時から午後3時まで、一般の人たちの参拝も受け付けられます。

三笠宮さま「斂葬の儀」 約600人が参列 最後のお別れ
11/04 19:08
10月27日に100歳で亡くなられた三笠宮崇仁さまの本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」が、
東京・文京区の豊島岡墓地で営まれた。
告別式にあたる「葬場の儀」は、4日午前10時ごろ始まり、
皇太子ご夫妻や、秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方のほか、安倍首相ら、およそ600人が参列した。
喪主の三笠宮妃百合子さまは、勲章のかけられたひつぎの前に進み出て、
車いすから立ち上がって、玉串をささげられ、皇太子ご夫妻など皇族方も拝礼された。
天皇皇后両陛下は、皇室の慣例で、葬儀には出席されなかった。
昼前からは2度にわたり、一般の拝礼も行われ、1,300人を超える人が、三笠宮さまとの別れを惜しんだ。
三笠宮さまのひつぎは、午後1時すぎ、皇太子ご夫妻などに見送られ、斎場へと向かい、
ご遺体は火葬された後、夕方、豊島岡墓地で、長男・寛仁さまの墓の隣に埋葬される。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00340918.html

2016.11.4
三笠宮さまの遺骨埋葬
10月27日に100歳で亡くなられた三笠宮さまの本葬に当たる「斂葬の儀」のうち、
遺骨を墓所に納める儀式「墓所の儀」が4日午後、東京都文京区大塚の豊島岡墓地でしめやかに営まれ、
喪主の妻百合子さまら皇族のほか、親族や宮内庁関係者らが参列した。
儀式は緑豊かな墓地で夕暮れ時に営まれた。車いすに乗った百合子さまを先頭に、
白い布に包まれた遺骨の箱を抱えた宮内庁職員がゆっくりと墓所の前に進むと、
皇族総代の秋篠宮ご夫妻や次女佳子さま、喪主代理を務める三笠宮さまの孫の彬子さまらが続いた。
遺骨は墓所内に設けられた石室に埋葬された。
http://www.daily.co.jp/society/national/2016/11/04/0009638308.shtml

両陛下が三笠宮さまの墓所参拝…墓標の前で拝礼
2016年11月05日 19時18分
天皇、皇后両陛下は5日、東京都文京区の豊島岡としまがおか墓地を訪れ、
本葬にあたる「斂葬れんそうの儀」が前日に行われた三笠宮さまの墓所を参拝された。
両陛下は午後4時頃、三笠宮さまの孫の彬子さまや妃殿下の百合子さまに出迎えられ、
それぞれ墓標の前で拝礼された。
宮内庁によると、両陛下は墓所を退出する際、百合子さまに歩み寄って声をかけられ、
百合子さまは車いすから立ち上がって応じられていたという。
墓所では、両陛下の参拝に先立ち、「斂葬後一日墓所祭・墓所十日祭の儀」が営まれ、
皇太子さまや秋篠宮さまをはじめとする皇族方が参列された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161105-OYT1T50090.html?from=ycont_top_txt

天皇皇后両陛下、三笠宮さまの墓所を訪れ拝礼される
11/06 01:39
天皇皇后両陛下は5日、10月27日に亡くなられた三笠宮さまの墓所を訪れ、拝礼された。
両陛下は5日午後4時前、東京・文京区の豊島岡墓地を訪問された。
両陛下は、皇室の慣例により、4日の本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」には参列せず、
三笠宮さまの墓所で玉串をささげ、拝礼された。
陛下は、75年間連れ添った三笠宮妃百合子さまの悲しみを案じ、
帰り際、車いすから立ち上がられた百合子さまに歩み寄り、声をかけられたという。
また、これに先立ち、墓所一日祭が行われ、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻、
長女の眞子さま、次女の佳子さまなど、皇族方も参列し、百合子さまに続き、拝礼をされた。
6日から2日間は、墓所での一般拝礼が行われる。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00341015.html