御寺泉涌寺

御寺泉涌寺を護る会
御寺泉涌寺は、皇室の御菩提寺として皇室より特別の尊崇と御帰依をいただき、
従って寺内諸堂・諸建造物の営繕修理は全て宮内庁において実施され、
日常の経費も御尊牌奉護料として下賜されておりました。
ところが昭和二十年の終戦、新憲法の施行に伴い
宮内庁が泉涌寺に国費を支出することが出来なくなりました。
それ以来、泉涌寺自体で全てを護持することになりましたが、何分由緒ある御寺でありますために、
尊厳を保持しながらの護持は非常に困難な様子に見受けられ、茲に志を同じくする者が結集して、
昭和四十一年五月、三笠宮崇仁親王殿下を初代総裁として、「御寺泉涌寺を護る会」が設立されました。
御寺泉涌寺の護持を致すと共に、佛教を厚く信仰されました御歴代天皇の和と慈悲の大御心を広く宣揚し、
世界平和・万民豊楽のために活動いたしております。
平成八年十月、創立三十周年の記念すべき節目に、
秋篠宮文仁親王殿下を第二代総裁に仰ぎ、新たな出発をいたしております。
皇室菩提寺 御寺泉涌寺を護る会
http://aoaaoba.co.jp/president/koushitsubodaiji



悠仁さまへ 秋篠宮家に受け継がれる愛の系譜
皇室ジャーナリスト 高清水有子 Gakken 2009年3月
秋篠宮さまは「御寺泉涌寺(みてらせんにゅうじ)を護る会」(昭和41年5月設立)の総裁もお務めになっています。
平成8年に、三笠宮崇仁さまのあとをお受けになり総裁に就任されたのです。
泉湧寺には、鎌倉時代の後堀河天皇、その皇子のわずか12歳で崩御された四条天皇、
後水尾天皇から孝明天皇までの江戸時代のすべての天皇、合わせて16人の天皇の陵墓があり、
皇后や皇族の陵墓も366もあるそうです。


文藝春秋2009年2月号
秋篠宮が天皇になる日
秋篠宮には幾つかの肩書があるが、その一つが「御寺泉涌寺を護る会総裁」だ。
京都にある泉涌寺には、四条天皇をはじめ歴代天皇十六人の陵墓がある。
泉涌寺の寺務長で「護る会」事務局長の藤田浩哉氏によると、
三笠宮のあとを受けて、秋篠宮が総裁に就任したのは平成八年だった。
「皇族の方は節目、節目に四代帝、孝明天皇、明治天皇、大正天皇、
そして昭和天皇への報告義務があるのです。
泉涌寺には孝明天皇の陵墓がありますから、
成人、即位、結婚や、学校を入学したり卒業したときは、報告にお見えになります。
数年前には秋篠宮ご夫妻とともに、眞子さま、佳子さまもご報告にお見えになりました。
このとき殿下はお二人をご案内されていました。
御座所の庭には普段、管理の都合上、立ち入り禁止の札が立っています。
うっかりそのままにしていた立て札を、殿下は茶目っ気たっぷりにパタンと倒してお庭へ降りて
陵墓へ向かって眞子さま、佳子さまに熱心にご説明されておりました。
総会に来られたときも、殿下は陵墓を見ながら、長い時間、ずっとたたずんでおられます。
そんなときは私たちにも近づけない雰囲気が漂っています」

【皇室ウイークリー】(104)
2009.10.31 07:00秋篠宮ご夫妻は27日、京都市の泉涌寺(せんにゅうじ)で
「平成21年度御寺泉涌寺を護る会定期総会」に出席された。
泉涌寺や宮内庁によると、同寺は御寺(みてら)とも呼ばれる皇室の菩提寺。
敷地内には鎌倉、江戸時代の数々の歴代天皇の陵墓があり、
「霊明殿」には天智天皇から昭和天皇までの多くの歴代天皇、皇后の御尊牌(位牌)がある。
お彼岸、お盆などの法要や、日々の回向(供養)が行われているという。
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091031/imp0910310702001-n1.htm

皇室ゆかりの泉涌寺霊明殿、25年ぶり開門 門外から参拝可能に
2014.4.10 14:08
皇室にゆかりが深く「御寺(みてら)」の別称がある泉涌(せんにゅう)寺(京都市東山区)で10日、
歴代天皇の御尊牌(位牌)を安置する霊明殿の唐門が約25年ぶりに開門され、
門外からの参拝が可能になった。今後拝観時間中は常時開門される。
泉涌寺によると、非公開の霊明殿には、明治期の廃仏毀釈(きしゃく)を受けて
皇室の位牌約140が集約されており、明治天皇、大正天皇、昭和天皇のお写真も安置されている。
屋外から霊明殿の外観を見通せる唐門は、天皇陛下が即位された後に警備上の理由で閉ざされたが、
参拝者らが「開けてほしい」と要望。寺側が侵入者対策を強化し、
この日営まれた明治天皇の皇后、昭憲皇太后の崩御100年式年祭に合わせて開門した。
泉涌寺は江戸時代に天皇の葬儀が営まれるなど皇室とのゆかりが深く、
山内にある月輪陵(つきのわのみささぎ)などの陵墓には四条天皇(87代)や
孝明天皇(121代)ら歴代の天皇16人が埋葬されている。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140410/wlf14041014080014-n1.htm


【御寺泉涌寺を護る会 50周年】
2016/6/11 0:50
[御寺泉涌寺を護る会] の50周年記念総会が 昨日開催されました。
この会は秋篠宮両殿下が 名誉総裁を遊ばされ、毎年 御成りを賜っております。
本山の行事は 塔頭や末寺の寺院僧侶が出仕するので
その間 自坊を寺庭婦人が全力で⁉︎ 守ることが務めなのですが 、
年に一回 [護る会総会] の時は 正装をして勅使門内で 両殿下をお出迎え申し上げる御役目を戴き
楽しみに致しております。
今年はホテルで開催の形になりましたが 、 両殿下は ご入洛後 すぐに泉涌寺へお向いになられ
歴代天皇様方・皇后様方のお位牌が祀られている 霊明殿 へご参拝 遊ばされました。
梅雨の真っ只中で 雨が心配されましたが 曇り空の 暑くもなく 寒くもないお天気で、
勅使門内ではいつも以上に 皆が喜びの中で両殿下をお出迎え申し上げ
秋篠宮殿下の清々しいお姿とベビーブルー色の爽やかなスーツ姿が
より一層お美しい妃殿下をお見上げ申し上げたのでした。
http://ameblo.jp/unryuin/entry-12169439920.html

目次1へ
目次3へ