三笠宮崇仁親王殿下100歳

三笠宮さま:100歳の誕生日「楽しく穏やかな日々を」
毎日新聞 2015年12月02日 05時00分
昭和天皇の末弟の三笠宮さまが2日、100歳の誕生日を迎えられた。
宮内庁によると、明治以降で100歳となった皇族はほかにはおらず、最長寿。
最近は天気の良い日には妻の百合子さま(92)と住まいのある赤坂御用地を散策しているという。
宮内庁によると、2012年7月に心臓の僧帽弁の手術を受けたが、現在は健康状態に問題はないという。
日ごろは、百合子さまとテレビ番組の体操をしたり、1キロのダンベルを使って運動をしたりしている。
新聞をよく読んでいるほか、テレビで大相撲や歌謡番組を楽しんでいる。
三笠宮さまは大正天皇の四男として1915(大正4)年12月2日に生まれた。
陸軍士官学校、陸軍大学校に進み、現在の皇室では唯一、軍務経験がある。
中国に参謀として派遣されるなどした。
戦後は東京大文学部研究生となり、中東などを対象とする「古代オリエント史」の研究活動に入り、
東京女子大や青山学院大などで講師を務めた。
41年10月に結婚した百合子さまとの間に3男2女をもうけたが、02年に三男高円宮さま、
12年に長男寛仁親王殿下、14年に次男桂宮さまを亡くした。孫は9人、ひ孫は4人いる。【高島博之】

         ◇

100歳の誕生日にあたり、宮内庁は
「100歳を迎えるからといって、これまでと何ら変わることはありません。
世界中の人々の幸せを願い、また、70年以上にもわたり私を支えてくれている妻百合子に感謝しつつ、
楽しく穏やかな日々を過ごしていきたいと思います」との三笠宮さまの感想を公表した。
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20151202k0000m040153000c.html


三笠宮崇仁さま、100歳の誕生日 両陛下もお祝いのためご訪問
12/02 20:27
三笠宮崇仁さまは2日、明治以降の皇族として、初めて100歳になられた。
三笠宮さまは、天皇陛下の叔父にあたり、大正4年(1915年)生まれで、2日、100歳、百寿の誕生日を迎えられた。
宮内庁によれば、明治以降、皇族で100歳を迎えられるのは初めて。
三笠宮さまは、「100歳を迎えるからといって、これまでと何ら変わることはありません」、
「妻・百合子に感謝しつつ、楽しく穏やかな日々を過ごしていきたいと思います」と、文書で感想を寄せられた。
また、天皇皇后両陛下も、正午ごろからおよそ2時間、お祝いのため、
東京・港区にある三笠宮さまのお住まいを訪問された。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00310088.html