天皇ご一家 迎賓館へ

天皇ご一家 迎賓館を視察
5月30日 13時6分
天皇ご一家は30日、大規模な改修を終えて、
国宝に指定された東京・港区の迎賓館を視察されました。
明治42年に皇太子の住まいとして建てられた迎賓館は、戦後、国の施設として使われるようになり、
現在は国賓の宿泊先や首脳会談の会場などとして使用されていますが、
去年、大規模な改修が終わり、国宝に指定されました。
天皇皇后両陛下は、午前10時半すぎに迎賓館に到着し、
皇太子さまや秋篠宮ご一家とともに、改修を終えた内部の様子などを視察されました。
皇太子妃の雅子さまと長女の愛子さまは、体調を見ながら参加を検討し、途中から加わられました。
ご一家は、両陛下が国賓と会う際に使用する、最も格式の高い部屋とされる「朝日の間」をご覧になりました。
天井には、部屋の名前の由来となった「朝日を背に馬車を走らせる女神」が描かれているほか、
壁には京都の西陣織の装飾が施されています。
両陛下は、国賓の歓迎行事などで迎賓館を訪問することがたびたびあるものの、
建物の内部をゆっくり視察される機会は少ないということです。
30日は秋篠宮家の長男の悠仁さまも視察に加わり、この秋で4歳になる悠仁さまは、
広い室内に飾られた絵や工芸品などを珍しそうに眺めたり、母親の紀子さまに質問したりされていました。
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100530/t10014776691000.html


両陛下:迎賓館を視察 皇太子さまや秋篠宮ご一家も同行
天皇、皇后両陛下は30日、東京都港区の迎賓館赤坂離宮を訪れた。
06年から約3年間の大規模改修工事が終わり、昨年4月から賓客の接待を再開したことを受け、視察した。
皇太子さま、秋篠宮ご一家も同行。皇太子妃雅子さまと長女愛子さまも途中から合流した。
両陛下や皇太子さまらは「朝日の間」「花鳥の間」などを一緒に見学。
両陛下はその後、赤坂御用地の秋篠宮邸に移り、皇太子ご一家、秋篠宮ご一家と昼食をともにした。
毎日新聞 2010年5月30日 18時16分
http://mainichi.jp/select/wadai/koushitsu/news/20100531k0000m040017000c.html

220530.jpg

【皇室ウイークリー】(135)
2010.6.5 07:00
天皇、皇后両陛下と皇太子ご一家、秋篠宮ご一家の計10方が5月30日、
東京都港区の迎賓館赤坂離宮を視察された。
皇居や赤坂御用地以外の施設に、陛下と、大勢の皇族方が集合されるのは珍しい。
【皇室ウイークリー(112)】で紹介したが、
昨年12月には横浜市の児童厚生施設「こどもの国」に黒田清子さん夫妻を含む天皇ご一家が集まっている。
このとき敬宮愛子さまは風邪気味のためお越しにならなかった。
今回の迎賓館には、愛子さまは皇太子妃雅子さまとともに、遅れて姿を見せられた。
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまは、車を降りると秋篠宮妃紀子さまと手をつながれて玄関へ。
出迎えの迎賓館関係者らに、小さい声で「こんにちは」とあいさつされた。
ホールでは、高い天井を興味深そうに見上げられていた。
国賓・公賓用のサロンとして使われる「朝日の間」に着くと、紀子さまがしゃがみ、
目線を合わせて何かを説明され、悠仁さまが「ふーん」と納得されている様子もみられた。
今春から幼稚園に通っている3歳の悠仁さまの興味の対象は広く、聞こえただけでも
「どーれ」「何の音?」「(絵を探しながら)チャボはどこ?」
「(花の絵を見て)つぼみ」などとおっしゃられていた。
満面の笑顔で走り出されて部屋から出て行ってしまい、
あわてて探しに行った紀子さまがだっこして戻られる場面もみられた。
朝日の間では、陛下と秋篠宮さまが、天井に描かれたニワトリを見ながら
「野鶏」(野生のニワトリ)か「家鶏」かを議論されていた。
皇后さまと皇太子さまは、隣あって腰を下ろして話をされていた。
眞子さまと佳子さまは視察全体を通じ、一緒に行動される場面が多かった。
終戦直後の一時期、迎賓館に住んでいた陛下は、各部屋を興味深そうに見ながら
「ここで朝食を食べました」「生活していたのはここです」などと話されたという。
「随員の宿泊用の部屋も見学された」というので同行記者らは「?」となったが、
実はこの部屋はかつての寝室だったそうだ。
なお、迎賓館では、報道各社の代表による写真撮影の機会が数カ所であったが、
雅子さまと愛子さまがお越しになったのは両陛下のご到着から約25分後で、撮影がすべて終了した後だった。
このため今回はお二方の写真を掲載していない。
東宮職では「ご体調などが整ったので、途中からお越しになった」と説明している。
愛子さまはピンクの服に白いバッグを持ち、腰までの三つ編みを左右に垂らされていた。
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100605/imp1006050701001-n1.htm