大喪礼、即位礼、大嘗祭

平成皇室論
橋本明 朝日新聞出版2009年7月

(昭和天皇のご大喪)
ともあれ、ご大喪は大正天皇の時と同じく新宿御苑で行われ、八王子・武蔵野墓地内の
武蔵野陵に永遠の眠りに就かれた。京都市伏見区の伏見桃山陵に埋葬された明治天皇の
先例を踏襲していない。旧皇室典範では即位の礼および大嘗祭は京都において行う(十一条)とされ、
私の母方祖父、陸軍騎兵中将三好一(騎兵監・弘前師団長)も大礼服を着用して参加している。
(中略)
東園基文掌典長からご大喪祭官の一人として奉仕するように伝えられた級友旧公爵島津忠廣は
皇居へ向かって遥拝し、12日宮内庁へ登庁、正式に辞令交付を受けた。祭官長はご学友永積寅彦、
祭官副長に山内豊秋、香川朝男を配し、柳原承光、嵯峨公元、園基信、松平保定ら計十八人、
祭官補十八人には宮内庁OBが当たった。政教分離の原則から現職公務員は皇室の宗教儀式に携われない。
掌典職も宮中三殿の通常祭祀をとりおこなうため、ご大喪には参加できない。(島津忠廣『昭和天皇の
ご大喪に奉仕して』)
ご大喪の神道に置かれている、シンプリシティ(簡素)とピュアリティ(清潔)とでもいおうか、
古代から受け継がれてきた日本人の素朴な自然観、生命観を通じて培われた伝統的な文化が息づいている。
例えば一年の喪明け11月に行われる大饗の儀二日間だが、天皇が神々と食した
食事やお酒を国民の代表として参列した人々にふるまう儀式である。
この祝宴を通して神々と天皇、そして国民が一体になる。
殯宮(ひんきゅう)に関連する儀式、斂葬から轜車発引(じしゃはついん)の儀、葬場殿(そうじょうでん)の儀、
山稜関係の儀式、一年にわたる権殿(ごんでん)の儀などが皇室行事であった。皇室の伝統を守り、
旧皇室喪儀令、貞明皇后大喪儀などを斟酌して諸儀式の内容が詰められたと聞く。
これ以外に行われる大喪の礼あるいは即位礼は国の儀式であり、新天皇即位礼の年の仲冬に
行われる大嘗祭もまた、皇室行事である。こうした区別はもとより祭政不一致の原則から明確にされたのだった。
練習を意味する習礼(しゅうらい)は五回行われた。1月31日午前10時に追号奉告の儀、
つまり亡き天皇に、新たに百二十五代天皇となった方が「贈り名」を告げる儀式が先行し、
「大行天皇には、御即位にあたり、国民の安寧と世界の平和を祈念されて昭和と改元され」
「ここに、追号して昭和天皇と申し上げます」と述べた。それから殯宮祗候までに
全ての儀式に参加する祭官と祭官補のために練習が組み込まれたのだった。
宮殿で最後のお別れの儀式が2月24日午前7時半から行われ、お柩が南車寄から宗明楽の調べが
奏でられるなか、皇居を後にした。二重橋から桜田門、国会議事堂前と進むころ警視庁音楽隊が演奏する
哀之極(かなしみのきわみ)が静かに流れた。島津は「普段は多くの人で賑わう四谷の駅前も
人の姿はなく、警戒の機動隊の車だけが目にとまり、西部劇にみる死の街さながらの後継を眺めながら…」と
都心のたたずまいを描写した。
冷雨が降りしきっていた。葱華輦(そうかれん)は左右に並んだ幄舎(あくしゃ)を埋めた内外の列席者に
見守られて祭場殿に奉安される。ここで奏でられた調べを道学(みちがく)という。古代から伝わる雅楽だ。
祭場殿の儀は三方二十一台の献饌に始まり、天皇ご拝礼、皇后、皇太后(ご名代常陸宮華子妃殿下)、
皇太子以下皇族の拝礼を経て、ほぼ50分で終わった。
手ひどい寒さはテレビ画面を見つめた国民にも均しく感じられた。八王子市郊外にある武蔵野陵御陵総門に
儀式が移った午後3時過ぎ、さしもの雨も降り止み、北山杉が靄に包まれて、「雅楽の悲しい調べと
玉砂利を踏みしめる音だけが聞こえていた」(前掲島津)。ご親族だけによる「お土かけ」という
内輪の儀は柩が御須屋(おすや)に納められてから薄闇に暮れなずむ午後6時まで進行した。
ぞうりなど日常のご愛用品、礼宮文仁親王の字を刻んだ墓碑銘(陵誌)が昭和天皇にご一緒し、
永遠の眠りにつかれた。

(即位礼)
明仁天皇は一年を三期に分けた喪が明けると、大正15(1926)年12月25日大正天皇崩御後の
「昭和大礼」について残された詳細な資料を取り寄せ、書陵部に収集されている唐時代などの
即位礼なども加えて、「平成大礼」をどのように構成するか、勉強を重ねられたと聞いている。
昭和大礼当時は首相の下に「大礼使」という組織体を置き、総数1499人で即位礼の準備にかかっている。
また登極令という決まりでは、「天皇は神器を奉じて皇后とともに京都に赴く」と決まっていた。
一体として動かなければならない天皇と皇后に注目しよう。
新皇室典範に場所を京都に特定する条項はもはやない。
昭和天皇は香淳皇后と共に名古屋一泊を加え京都へ向かったのだが、両陛下に先んじて
賢所など宮中三殿も移送された。賢所大前の儀はこうして京都御所で行われ、
昭和3(1928)年11月10日午後両陛下は紫宸殿に入っている。
平成の場合、式典は政府・行政・司法が置かれる首都東京で挙行と決定。
従って京都御所紫宸殿から高御座と御帳台が東京に運ばれた。
こうして迎えた平成2(1990)年11月12日の即位礼。午前、先立つ賢所大前の儀が
皇居内で行われた。これは国家行事である即位礼とは異なる皇室行事であり、
皇族がたは白絹を地とした白の束帯をそれぞれ召されて臨んだ。
午後、即位礼正殿の儀は宮殿の正殿松の間を舞台にして展開した。
正殿、およびチャールズ英皇太子・ダイアナ妃はじめ外国賓客が参列する長和殿、
さらに豊明殿などで囲むほぼ正方形の中庭に緑、黄、白、紫の旛が林立。
鉦、鼓、桙さらに弓、太刀をたばさんだ古装束の宮内庁職員らが居並んだ。
正殿に向かって左際に月像纛旛(げっしょうとうばん)、右際に日像纛旛(にっしょうとうばん)、
十八段階段下左右に万歳旛、菊花大中小旛、威儀者棒持者が中庭左右に居並んだことになる。
即位の礼委員長海部俊樹首相ら三権の長が正殿に向かって左側回廊から松の間に入った。
続いて男子皇族が入場、そして同年6月29日結婚されたばかりの秋篠宮紀子妃ら女子皇族が
位置に着いた。男子皇族は束帯を着用し、これまで永らく陛下が着用されていた黄丹袍(おうにのほう)は
いまや徳仁親王が身に着けて陛下の前に、女子皇族は十二単姿で皇后の前に列立する。
天皇は黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)に立纓冠(りゅうえいのかんむり)で高御座に立ち、
皇后は五衣・唐衣・裳(十二単)の正装で御帳台に昇る。
高御座は総檜木づくり三層の継壇上に八角形の屋根を据えた構造。
幅六メートル、奥行き五・四メートル、八トンで高さ六メートルの頂点に大鳳凰が乗っている。
鏡・玉・小鳳凰で飾られ、深紫を表とし、濃い朱色を裏地とした帳(とばり)が正面と斜め左右だけ
開けてある。畳二枚の上に陛下のいすが置かれている。御帳台は一回り小柄で、
天井に鏡が張っていない。
新天皇は、「さきに、日本国憲法及び皇室典範の定めるところによって皇位を継承しましたが、
ここに『即位礼正殿の儀』を行い、即位を内外に宣明いたします。
このときに当たり、改めて、御父昭和天皇の六十余年にわたる御在位の間、いかなるときも、
国民と苦楽を共にされた御心を心として、常に国民の幸福を願いつつ、日本国憲法を遵守し、
日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓い、国民の叡智と
たゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と
繁栄に寄与することを切に希望します」
と宣じた。昭和天皇の場合は難解な勅語であったから、平明な話し言葉に時代の変化が読み取れた。
海部首相が寿詞(よごと)を述べ終わると、三、四歩下がり、「ご即位を祝して」との言上を合図に
万歳三唱が参列者から沸き起こる。零時五十分の首相入場から数えて午後一時四十分、
予定より十分食い込んで即位式は終了した。

(大嘗祭)
新帝の即位の礼の年に行われる新嘗祭を大嘗祭という。天皇がその年の新穀を神々に供え、
五穀豊穣を感謝し、それを神々と共に食するのが新嘗祭であり、日本の収穫祭である。
皇室ばかりでなく広く日本人の伝統的な習俗の中にその源泉をもっており、大嘗祭は
それを大きくしたもので、基本的には変わらない。
皇位継承儀礼に国費から捻出された総額123億円の費用は大嘗祭も含んでの額だった。
皇居東御苑に大嘗宮域が、東に悠紀殿(ゆきでん)、西に主基殿(すきでん)、
北に廻立殿、外部に幄舎を造成して形を成した。間口95メートル、奥行き99メートルの大嘗宮であった。
皮付きの木材が柱に使われ、屋根は茅葺、床は竹張りがしてあった。その上に莚あるいは近江表が敷かれ、
屋根には古代の殿舎を模して千木と勝男木が乗った。
即位礼から十日後の11月22日午後6時半、純白祭礼服に身を包んだ天皇が前後に剣璽を持つ
侍従らを従え廻立殿から悠紀殿に着いた。かがり火だけたかれた荘重な雰囲気に囲まれて
悠紀殿供饌(きょうぜん)の儀が始まった。
全国民がテレビの前に釘付けになった。陛下は采女(うねめ)(饌女とも書く)の助けで
秋田県で収穫された新穀、白酒、黒酒、果物、調理した鯛など神饌を神座脇に供えた。
拝礼の後、お告文(つげぶみ)を述べ、新穀と酒を口にされ、儀は午後9時過ぎ終了。
さらに日が変わって午前0時半から三時間ほどかけて今度は主基殿供饌の儀が大分県農民が
生産した新穀を使っておこなわれ、天皇は天照大神に供え、国家の平安を祈り五穀豊穣に感謝した。
これが皇室の秘儀とされるのは、新天皇が皇祖天照大神を招じて魂の一体化を実現する
一夜の宴が、注目されるからであろう。天皇となる皇子が“こもり”、そこで霊格を得る、
あるいは入魂の場を持つという解釈なのだが、厳格な儀礼に埋もれる何か温かな交流を見る思いで、
国民が注視している。非科学的なところに、とても捨て去れない物語性が認められ、
国家の神秘な部分が天皇の営まれる祭祀によって代表されていることを実感する。
大嘗祭こそ万世一系というか日本の同一性と連続性を保証している。国家という組織体には
物語部分が必要不可欠だと言ってもいい。それは神話と置き換えられる世界である。
国の持つ神秘性は最も純粋に日本的なものを守って継承してきた唯一絶対の日本人、
天皇によって体現され、国民と共にあろうとする象徴性に加えて伝統の守り手の側面を色濃くにじませる。
農商務が専門であり朝日新聞の論説委員も務めた民俗学者・柳田国男はこう書き残している。
「世界最古の国の公の御祭、起源もっとも遥かな大嘗祭にいつも常民生活と比べて、
多くの著しい一致を見出すkとは第一の神秘である。豊かな秋の収穫を終えて後、
直ちに新穀を取って酒を温め飯を炊き、神に感謝の祭りを申すことは、
今も村々の常の行事であって、ことに直会の古例を存する土地においては、
至尊御自ら執行させたまうところとほぼ様式を一にしている」

お二人の時代が到来したご大喪以降、初めて両陛下と旧華族との桎梏がとりはらわれる機会となったのが
平成の即位礼および大嘗祭であった。さまざまな役目は旧華族を召しだして依頼し、
仕事を割り振って協力を求めた。受けるほうも大きな伝統的式典の再現であり、
重々しい即位の大礼への関与であるから、光栄と感じて引き受けた。
壮大なドラマが完結したとき両陛下はねんごろに彼らの奉仕に感謝した。