新元号

「令和」と決定 菅官房長官が発表
2019.4.1 11:42
政府は1日午前、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した。
菅義偉(すが・よしひで)官房長官が記者会見で発表した。
新元号を記した政令は同日中の天皇陛下による署名・公布後、
皇太子さまが新天皇に即位される5月1日午前0時に施行される。
皇位継承前の公表は憲政史上初めてで、改元に伴う国民生活への影響を最小限にすることを重視した。
645年の「大化」から数えて248番目の元号となる。
菅氏の記者会見に続き、安倍晋三首相も正午ごろ記者会見し、談話を発表。
新元号の意義を自ら国民に説明する異例の対応で臨む。
天皇一代で元号一つを定める「一世一元」制が確立した明治以降は、天皇崩御に伴い改元した。
今回は一代限りの譲位を可能とする皇室典範特例法に基づく。
政府は譲位が天皇の政治関与を禁じた憲法に抵触しないよう平成改元時の元号選定手続きを原則踏襲した。
1日は菅氏の会見に先立ち、政府が各界有識者の懇談会で複数の原案を示し意見を求めた。
原案は国文学、漢文学、日本史学、東洋史学の専門家が考案した候補名から絞り込んだ。
衆参両院の正副議長に意見を聴き、全閣僚会議を経て臨時閣議で政令を決定した。
https://www.sankei.com/life/news/190401/lif1904010025-n1.html

「令和」の出典は万葉集 日本の歌集から初採用 菅長官
2019.4.1 11:55
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は1日午前の記者会見で、
新元号「令和」の出典は万葉集であることを明らかにした。
中国ではなく日本の歌集から採用されたのは確認される限り、初めて。
https://www.sankei.com/politics/news/190401/plt1904010016-n1.html


首相談話全文「希望とともに花咲かせる日本でありたい」
2019.4.1 13:25
安倍晋三首相は1日、新元号「令和(れいわ)」に関する談話を発表した。首相談話の全文は次の通り。

本日、元号を改める政令を閣議決定いたしました。
新しい元号は「令和」であります。
これは、万葉集にある「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして 
気(き)淑(よ)く風(かぜ)和(やわら)ぎ 梅(うめ)は
鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き 蘭(らん)は
珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」との文言から引用したものであります。
そして、この「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められております。
万葉集は、1200年余り前に編纂(へんさん)された日本最古の歌集であるとともに、
天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで、
幅広い階層の人々が詠(よ)んだ歌が収められ、わが国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。
悠久(ゆうきゅう)の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。
こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。
厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、
一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。
そうした日本でありたい、との願いを込め、「令和」に決定いたしました。
文化を育み、自然の美しさを愛(め)でることができる平和の日々に、
心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ちあふれた新しい時代を、
国民の皆さまとともに切り拓(ひら)いていく。新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。
5月1日に皇太子殿下がご即位され、その日以降、この新しい元号が用いられることとなりますが、
国民各位のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
政府としても、ほぼ200年ぶりとなる、歴史的な皇位の継承が恙(つつが)なく行われ、
国民こぞって寿(ことほ)ぐことができるよう、その準備に万全を期してまいります。
元号は、皇室の長い伝統と、国家の安泰と国民の幸福への深い願いとともに、
1400年近くにわたるわが国の歴史を紡(つむ)いできました。
日本人の心情に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものともなっています。
この新しい元号も、広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくことを心から願っております。
https://www.sankei.com/life/news/190401/lif1904010038-n1.html


新元号は「令和」 出典は万葉集 首相「希望とともに花咲かす日本に」
2019.4.1 17:50
政府は1日、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した。
菅義偉(すが・よしひで)官房長官が記者会見し、墨書を掲げて公表した。
安倍晋三首相も記者会見で自ら談話を発表し
「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ意味が込められている」と述べた。
出典はわが国最古の歌集「万葉集」で、日本古典からの引用は初めて。
645年の「大化」以降、248番目の元号となる。
新元号を記した政令は天皇陛下が1日に署名・公布され、
皇太子さまが新天皇に即位される5月1日午前0時に施行される。
政府は、憲政史上初めてとなる天皇陛下の譲位に伴う皇位継承の準備に万全を期す。
「令和」の出典は「万葉集」巻五の「梅花(うめのはな)の歌三十二首并(あわ)せて序(じょ)」。
「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、
梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」から引用された。
首相は「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、
日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたい、
との願いを込めた」と語った。
菅氏は、「令和」について「日本人の生活の中に深く根ざすよう努める」と強調した。
考案者や決定前の原案を明らかにすることは「適当ではない」として公表しなかった。
政府は午前9時半ごろ、京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授ら各界の有識者9人を起用し、
首相官邸で開いた「元号に関する懇談会」に6つの原案を示して意見を求めた。
原案は国文学、漢文学、日本史学、東洋史学の専門家が考案した候補名から絞り込んだ。
その後、衆院議長公邸で衆参両院の正副議長に意見を聴取し、
全閣僚会議を経て、臨時閣議で新元号を定める政令を決定した。
https://www.sankei.com/life/news/190401/lif1904010066-n1.html

安倍晋三首相、初の国書由来で日本の誇り世界に示す
2019.4.1 18:26
安倍晋三首相は1日、記者会見で新元号を「令和」と決めた理由を「一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる時代を築きたい」と説明した。
日本最古の歌集である万葉集から引用し、新元号が国民に広く親しまれることを意識した。
「広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざすものとしたい」
首相は昨年1月、新元号について訪問先のブルガリアでこう述べている。
「大化」(645年)から「平成」まで計247ある元号は、これまで全て中国の古典(漢籍)に由来してきた。
一方、現代の日本社会は国際化が進んで日常生活で西暦が定着していることもあり、元号不要論もくすぶっている。
そうした中で、首相は決定の1年以上前から新元号を日本の古典から引用する意志をにじませていた。
新時代への願いを示す元号に悠久の歴史や四季折々の自然など
「日本の決して色あせることがない価値」を反映させたい思いがあった。
ただし、権威ある学者から集めた候補から一つに絞るのは容易ではなかった。
選定作業が本格化した3月上旬には、首相の手元に「漢字2文字」「俗用されていない」
「明治(M)、大正(T)、昭和(S)、平成(H)の頭文字と重複しない」など条件が記され、
計100案ほどの候補名が考案者ごとに列記されたA3サイズの紙が届いた。
首相はこれを見て、周囲に「選ぶのは難しい」とこぼしたという。
30年続いた平成が幕を閉じようとする現在、日本は人口減少や変化の激しい国際情勢、
デジタル社会などで大きな転換点を迎えている。戦後70年、日本の繁栄を支えた外交や経済、社会保障など、
制度の抜本改革なしに次の時代に待ち受ける厳しい国際社会の荒波を乗り越えることは難しい。
「令和」の典拠に出てくる梅は中国原産で、古く日本に伝わり、
厳しい寒さが残る早春に桜に先駆けて凜(りん)と咲く。
首相は歴史上、初めて国書を由来とする元号を選ぶことで日本人の誇りとともに、
改革を前に進め、平和で豊かな日本を次世代に引き継ぐ覚悟を示した。(小川真由美)
https://www.sankei.com/life/news/190401/lif1904010069-n1.html

陛下と皇太子さまへ公表前に伝達 ご公務は普段通りに
2019.4.1 20:57
天皇陛下は1日午前、皇居・御所で宮内庁の山本信一郎長官から、
皇太子さまは東京・元赤坂の東宮御所で西村泰彦次長から、
それぞれ菅義偉(よしひで)官房長官による公表前に新元号の報告を受けられた。
山本氏によると、臨時閣議終了後に官邸から新元号決定の連絡があり、
東宮御所に待機する西村氏に電話した上で御所へ。メモ書きした新元号を陛下に示して報告した。
山本氏は「いつも通りの表情でお聞き届けいただいた」と話した。
西村氏によると、皇太子さまはにこやかに「分かりました」と応じられたという。
両陛下は同日午後、普段通り公務に臨まれた。
午後4時から皇居などで清掃をするボランティア「勤労奉仕団」の約160人と皇居・蓮池参集所で懇談し、
陛下は岡山県から来た男性に「去年は災害もありましたね。今はどうですか」と気遣われたという。
続いて今年1月の歌会始の儀で選者を務めた歌人らを御所に招いてご歓談。
出席者の一人は「新元号の出典となった万葉集も話題にのぼったが、
両陛下が新元号に言及することはなく、選者それぞれの話をくつろいだ表情で聞かれていた」と話した。
https://www.sankei.com/life/news/190401/lif1904010090-n1.html

和暦やめ西暦の原則使用、外務省が検討 読み替え煩雑で
清宮涼 2019年4月1日20時29分
外務省が元号を使った和暦の使用を原則的にやめ、西暦を使う方向で検討していることが1日、わかった。
これまで外交交渉で西暦を使用する一方、省内の文書は西暦と和暦が混在していたため、
読み替えが煩雑で間違う恐れもあった。
外務省幹部は取材に対し、「(省内の文書を含めて)基本は西暦を使うように変えていく」と明言した。
外務省関係者によると、西暦表記を原則とする手続きや時期について現在、検討を進めている。
会計年度や閣議の資料などの表記には例外的に元号を使わざるを得ないとみられるが、
外務省関係者は「わかりやすさを重視していく」と話した。
河野太郎外相は3月29日の記者会見で、「2019年が元年になると、計算をどうするのか。
西暦と元号の間の行ったり来たりというときに間違いがないように、しっかり対応していきたい」と述べていた。
(清宮涼)
https://www.asahi.com/articles/ASM416CQ4M41UTFK027.html

新元号、政府提示6案に英弘・広至など 典拠に古事記も
2019年4月2日01時30分
190402.jpg

新元号「令和(れいわ)」を決めるにあたり、政府は1日、六つの原案を選び、
有識者による「元号に関する懇談会」などに提示した。
政府は原案の数も含めて公表していないが、「令和」のほか、
「英弘(えいこう)」「広至(こうじ)」「万和(ばんな)」「万保(ばんほ)」などがあったことがわかった。
複数の政府関係者が1日夜、朝日新聞の取材に明らかにした。
6案の典拠は国書と漢籍が三つずつで、国書は「令和」の万葉集に加え、日本書紀、古事記だった。
「万和」は、6世紀に中国で成立した全30巻の詩文集「文選(もんぜん)」が典拠。
漢詩研究の第一人者として知られる石川忠久・元二松学舎大学長(86)が
政府に提出した13案の一つだったことも判明した。
https://www.asahi.com/articles/ASM4201XCM41UTFK02T.html

「令」の字形、下の部分「マ」でもOK 文化審「習慣の差」
毎日新聞2019年4月1日 22時04分(最終更新 4月2日 08時16分)
新元号「令和」の「令」は、下の部分が片仮名の「マ」の字形で表記されることがあるが、
同じ文字で、意味や由来が異なるわけではない。
官房長官が元号発表の記者会見で掲げた書は「令」で、常用漢字表も明朝体の一種を用いて「令」と表記している。
一方、小学校の教科書には「マ」の形が使われている。多くがより手書きに近い字形を採用するためだ。
文化審議会国語分科会は、2016年に出した常用漢字表の字体・字形に関する指針で
「それぞれが正しい形」「印刷文字と手書き文字の表し方における習慣の差」などと見解を示している。
【水戸健一】
https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/040/274000c

新元号案 残る1つは「久化」 6案すべて判明
4月2日 10時54分
新元号の選定作業で、政府が示した6つの原案すべてが明らかになりました。
新元号に決まった「令和」以外は、
▽「英弘(えいこう)」、
▽「久化(きゅうか)」、
▽「広至(こうし)」、
▽「万和(ばんな)」、
▽「万保(ばんぽう)」の5つの案でした。
新元号の選定にあたって政府は、考案を委嘱した専門家から提出された候補名を、
読みやすく、書きやすいなどの「元号選定手続」に定められた留意点に沿って絞り込み、
1日、「元号に関する懇談会」などに6つの原案として示しました。
関係者によりますと、新元号に決まった「令和」以外の原案は、
▽「英弘」、
▽「久化」、
▽「広至」、
▽「万和」、
▽「万保」の5つの案でした。
「英弘」は日本の古典を、また「広至」は日本と中国の古典の両方を典拠、
いわゆる出典にしているということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190402/k10011870221000.html

公的機関は元号使用継続、「国民は自由」 菅長官
2019.4.3 12:37
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は3日の記者会見で、
新元号「令和(れいわ)」への改元に関し「元号の使用は政府として強制するものではない。
国民は元号、西暦を自由に使い分けてもらっていい」と述べた。
各省庁や地方自治体など公的機関については「従来、元号を使用してきた。
この慣行は当然続けられるべきだ」と強調した。
国民が公的機関の窓口に提出する書類で元号を使うかどうかは
「あくまで協力要請であり、西暦で記入したものも受け付けられる」とも語った。
https://www.sankei.com/life/news/190403/lif1904030026-n1.html