「愛子天皇」待望論者たちよ 、もう一度壬申の乱を起こしたいのか

「愛子天皇」待望論者たちよ 、もう一度壬申の乱を起こしたいのか
2019/05/01
倉山満(憲政史家、皇室史学者)

まず、皇室に関して最も大事な三つの原則を確認しておく。
一つ目の原則は、皇室は先例を貴ぶ世界だということである。
わが国は初代神武天皇の伝説以来、2679年の一度も途切れたことがない歴史を誇る。
風の日も雨の日もあったが、昨日と同じ今日をこれまで続けてきた。
幸いなことにわれわれの日本は、この幸せが明日も続きますように、と言える国なのである。

皇室の祖先である神々を祀っている最も格式の高い神社は、伊勢神宮である。正式名称は神宮。
ユーラシア大陸でイスラム教が勃興した西暦7世紀には既に、
「いつの時代からあったか分からないほど古い時代からあった」とされる。
神宮では毎日、日別朝夕御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)という神事が行われている。
毎日、同じ御食事を神様に捧げる。
昨日と同じ今日が続いてきた証として。そして今日と同じ明日が続きますようにと祈りを込めて。

京都御所の鬼門を守るのは、比叡山延暦寺だ。
その根本中堂には、伝教大師最澄が灯した不滅の法灯が今も光を放っている。
叡山は三度の焼き討ちにあったが、そのたびに他の地に分灯していた火を戻し、
1300年前に伝教大師が灯した光が消えることはない。
毎朝、たった一筋の油を差す。その行為自体に何の意味もない。

しかし、毎朝油を差し続けているから、不滅の法灯が消えることはない。
いかなる権力があろうと、武力や財力があろうと、今から神宮や不滅の法灯を超える歴史を作ることはできない。
不滅の法灯は個人ではなし得ない。歴史を受け継いだからこそ存在しているのだ。

歴史に価値を認めない人間にとっては、何の意味もないだろう。
そもそも不滅の法灯など、物理的には一吹きの息で消え去る。
いくら言葉を尽くしても、「不滅の法灯などという面倒なものはやめてしまって、
電球に取り換えればいいではないか」という人間を説得することなどできまい。
そのような人間には、歴史を理解することができないからだ。先例など、何の意味も持つまい。

そういう人間は日本にもいた。それなのに、なぜ皇室は続いてきたのか。
変えてはならない皇室のかたちを守ろうとした日本人が続けてきたからだ。
もし、日本人が「皇室などやめてしまえ」「これまでの歴史を変えてしまえ」と思うなら、先例など無視すればよい。
ただし、それはこれまで先人たちが守ってきた、皇室を語る態度ではない。

古来、皇室では「新儀は不吉」だとされてきた。
これは、時の天皇の意向であっても変えることができない、皇室の慣習法である。
貫史憲法とも呼ばれる。かの後醍醐天皇は、「朕が新儀は後世の先例たり」と宣言し、公家の支持を失った。
歴史を無視し、時流にだけ阿(おもね)れば良いのなら、歴史はいらない。
ついでに言うと後醍醐天皇の言う通りにすれば、当時の公家の存在価値などないから、あきれられるのも当然だろう。

もちろん、先例であれば何も考えずに従えばよいのではない。先例にも、吉例と悪例がある。
歴史の中から、どの先例に従うのが適切かを探し、「発見」するのである。
法は発明するものではなく発見するものであるとは、西欧人の自然法の発想である。
日本人は西欧人が自然法を発見する千年前から、その知恵を実践していた。

幕末維新で国の存亡が問われたとき、御一新が求められた。古いやり方では西洋の侵略に対抗できない。
元勲たちは必死の改革を行い、生き残った。その改革の最初が王政復古の大号令である。
ここでは「神武創業の精神」が先例とされた。皇室とは、これほどまでに先例を貴ぶ世界なのである。

どうしても新儀を行わねばならないような非常事態はある。
たとえば、大化の改新(645年)、承久の乱(1221年)、大東亜戦争敗戦のような場合である。
大化の改新は、宮中の天皇陛下の御前で殺人事件が起きた。しかも犯人は天皇の実子である皇子である。
殺された蘇我入鹿の専横に中大兄皇子が怒り、事に及んだのだ。そして多くの改革を始めていく。
元号が制定されたのもこのときである。
実の息子が起こした殺人事件に際し母親の皇極天皇は驚愕し、史上初の譲位を行った。

承久の乱は、「主上御謀反」である。鎌倉幕府は、乱を起こした後鳥羽上皇らを島流しにし、
時の九条帝を廃位した。九条帝は、践祚(せんそ、天皇の地位を受け継ぐこと)はしたが、
即位していなかったので「半帝」呼ばわりされた。「九条廃帝」である。
「仲恭天皇」の名が贈られるのは、明治3年。実に600年後である。
なお、乱後に治天の君として院政をしいたのは守貞親王だ。後に後高倉上皇の名が贈られた。
史上初の「天皇になっていない上皇」となった。

敗戦は、国土を外国に占領されるという未曽有の不吉だった。
その際、昭和天皇が自らラジオで国民に語りかけ、結束を訴えた。玉音放送である。

いずれも、血なまぐさい不吉な事件により、新儀が行われている。
もちろん、ここで挙げた例でも、元号、譲位、玉音放送(なぜかビデオメッセージと呼ばれる)は
現代でも行われ先例となっているので、それ自体は悪いことではない。
一方で、廃位や上皇の島流しなどは何度も行われているが、言うのも憚(はばか)るような悪例である。
皇室において、新儀とは無理やり行うものなどではないのである。

二つ目の原則は、皇位の男系継承である。今上天皇まで126代、一度の例外もない。
八方十代の女帝は存在するが、すべて男系女子である。男系継承をやめるとは、皇室を亡ぼすのと同じである。

現在、悠仁親王殿下まで、一本の糸でつながっている。
その今、男系をやめる議論をすること自体が、皇室に対する反逆だ。
いかに、これまでの歴史をつないでいくか、たった一本の小さな糸を守るべきかを考えなければならない。
それをやめる前提の議論など、不滅の法灯をLED電球に変えようとするのと同じである。

蘇我入鹿も、道鏡も、藤原道長も、平清盛も、足利義満も、徳川家康も、
皇室に不敬を働いた権力者は数あれど、誰一人として皇室に入り込むことができなかった。
この中で陛下と呼ばれた者は一人もいないし、息子を天皇にした者はいない。
せいぜい、自分の娘を宮中に送り込み、娘が生んだ孫を天皇にするのが、限界だった。
男系の原則が絶対だからだ。それを今さら男系継承をやめるとは、今までの日本の歴史は何だったのか。
男系継承は、皇室が皇室であり続ける、日本が今までの日本であり続ける原則なのである。

三つ目の原則は、直系継承である。間違ってもらっては困るが、「男系継承の上での直系継承」だ。
二者択一ではない。世の中には、勉強のしすぎで肝心な原則を忘れ、女系論を振り回す論者がいる。
この人たちの言い分は、直系継承である。三分の理はある。
しかし、肝心な原則である男系継承を無視して女系論を振り回すから、世の常識人に鼻をつままれるのだ。

不吉なたとえだが、単なるフリーターが内親王殿下と結婚して男の子が生まれたら天皇になれるのか? 
そんな簡単なことが許されるなら、なぜ藤原氏は摂関政治などという面倒くさいやり方を何百年も続けたのか。

平民の男子は陛下になれない。内親王殿下と結婚しても、平民は平民である。
これがわが皇室の絶対の掟である。わが国は一君万民であり、君臣の別がある。
皇室から見れば、藤原も平も源も、皆、等しく平民である。皇室から見れば、貴族と平民に差はない。
あるのは皇族と貴族・平民の差だけである。

ただ、私は男系絶対派の中で、最も女系論者に理解を示してきたつもりだ。
理由を一言でまとめると、「一部の男系論者の頭が悪すぎるから」となる。
女系論者の中には、「あんな連中と一緒にされたくない」
「あのような連中が言っているのだから、たぶん逆が正しいのだろう」と考えたくなる気持ちはわかる。
その愚かな主張から、代表的な二つを取り上げよう。一つは、「皇室のY染色体遺伝子が尊い」である。

いつから皇室の歴史を遺伝子で語るようになったのだ?
ちなみに、この理屈、高校生物の知識としても間違っているのだが、それは本筋ではないので無視する。
言うまでもないが、遺伝子どころか、アルファベットが生まれる前から、わが皇室には歴史がある。
「Y染色体遺伝子」などで皇室を語るなど、児戯(じぎ)に等しい。
なお当たり前だが、皇極天皇から後桜町天皇の歴代女帝のすべての方は、「Y染色体遺伝子」を有していない。
こうした議論は今や見向きもされなくなったが、高校生物程度の知識で皇室を語る輩(やから)が後を絶たない。

最近よく聞く風説は、「皇太子より血が濃い男系男子が存在する」である。
皇太子殿下は本日、めでたく践祚された。さて、この風説を流す者は、今の陛下の正統を疑う気か?

最初にこの失礼極まりない言説を聞いたとき、「それは今の殿下(今上陛下)が
(上皇)陛下の実子ではないと言いたいのか?」と訝(いぶか)ったが、そうではないらしい。
先般、お亡くなりになられた東久邇信彦氏とその御子孫の方を仰(おっしゃ)りたいらしい。

小泉純一郎内閣で女系論が話題になったとき、占領期に皇籍離脱を迫られた旧皇族の方々のことが話題になった。
特に信彦氏は、両親と4人の祖父母が全員皇族(母方の祖父は昭和天皇)、さらに母方の曽祖父が明治天皇である。

しかし、皇室の歴史では、高校生物の理屈など持ち込まない。今の皇室の直系は今上陛下である。
今上陛下は、上皇陛下と太后陛下の紛れもない嫡子であらせられる。
この論点に争いはない、などと言わされるだけ愚かしい。
皇室の直系を継いだ今上陛下より血が濃い方など、いらっしゃらないのである。

ご本人たちに迷惑な書き方だが、一部の風説に従い東久邇信彦氏の方が今の陛下よりも血が濃いとしよう。
その根拠は、太后陛下が皇族の出身ではないからになるではないか。実に不敬である。

そもそも、男系が絶対ならば、天皇陛下のお母上は誰でも良いではないか。
「皇太子より血が濃い」などと主張する論者は人として失礼なだけでない。
男系絶対を言いながら自説の根拠が女系である。論理も破綻している。
この論者の言う通りにすれば、古代国家のような近親結婚を永遠に繰り返さなければならない。

一部の男系絶対主義者のおかしな主張への反発で女系論に走った論者も、女系論の悪口さえ言っていれば、
いかなるでたらめな男系論でも構わないとする論者も、何が大事か分かっていない。

男系継承は絶対である。しかし、直系継承もまた重要である。
そもそも、わが国の歴史は皇室の歴史であり、皇位継承とは誰の系統が直系になるのかの歴史なのだから。
今上陛下の父親の父親の…と男系でたどっていけば、江戸時代の第119代光格天皇にたどり着く。
当時の第114代中御門天皇の直系が第118代後桃園天皇で途絶えたので、
閑院宮家から即位された。「傍系継承」である。

しかし、後桃園天皇から父親の父親の…と男系でたどっていくと、第113代東山天皇にたどり着く。
東山天皇から見れば、後桃園天皇は玄孫、光格天皇は曾孫である。
東山天皇まで継承されてきた直系は、光格天皇から今上陛下まで継承されてきているのである。

ちなみに私はこの前、「光格天皇六世の孫」の方に会った。由緒正しき、光格天皇の男系子孫の男子である。
血は完全だ。しかし、この方に皇位継承資格はもちろん、皇族復帰資格もない。
「五世の孫」の原則があるからだ。

皇族は臣籍降下したら、皇族に戻れないのが原則である。もちろん、例外はある。
定省王が臣籍降下して源定省となったが、皇籍復帰して定省親王となり、践祚した。
第59代、宇多天皇である。元皇族から天皇になった、唯一の例である。

宇多天皇が源定省であったときに生まれたのが源維城(これざね)であり、後の第60代醍醐天皇である。
生まれたときは臣下だったが、本来の皇族の地位を回復し、天皇になった、唯一の例である。
元皇族と区別して、旧皇族と呼ぶ。いずれも当時の藤原氏の横暴により、
皇位継承が危機に陥ったが故の、例外的措置である。決して吉例とは言えない。

ただ、明らかに現在は、醍醐天皇の先例に習うべき危機的状況だろう。
かたくなに「君臣の別」を唱え、「生まれたときから民間人として過ごし、何世代も経っている」という理由で
元皇族男子の皇籍復帰に反対する女系論者がいる。

では、誰ならば皇族にふさわしいと考えているのか。
どこぞの仕事もしていないフリーターならば、よいのか。
身分は民間人に落とされても皇族としての責任感を継承して生きてこられた方たちよりもふさわしい人がいるのか。
女系論者は「実際に、そんな男系男子はいるのか」と主張し続けていたが、
東久邇家の方々よりふさわしい方はおるまい。
むしろ、女系論を主張するならば、東久邇宮家の皇籍復帰こそ命がけで訴えるべきだろう。

東久邇家の方々に限らず、占領期に臣籍降下された11宮家の方々は、
父親の父親の…と男系でたどっていくと、北朝第3代崇光天皇にたどり着く。
「五世の孫」の例外とされた伏見宮家の末裔の方々だ。
男系では、直系からは遠すぎる。しかし、女系では近い。

本来、女系とは男系を補完する原理なのである。分かりやすい一例をあげよう。
古代において、当時の直系は第25代武烈天皇で絶えた。
そこで、第15代応神天皇の五世の孫である男大迹王(をほどのおおきみ)が推戴された。
継体天皇である。神武天皇以来の直系は継体天皇の系統が継承し、今に至っている。
なお、五世の孫からの即位は唯一であり、この先例が、
直系ではない皇族は五世までに臣籍降下する原則の根拠となっている。

ちなみに、継体天皇と武烈天皇は十親等離れている。それこそ血の濃さを持ち出すなら、「ほぼ他人」である。
継体天皇から光格天皇まで、傍系継承は何度かある。
むしろ古代や中世においては、誰の系統が直系を継承するのかで、皇位継承が争われてきた。

その最たる例が、壬申の乱(672年)だ。その壬申の乱は「天智天皇が勝った」と言えば驚かれるだろうか。
第38代天智天皇の崩御後、息子の大友皇子(明治3年に弘文天皇の名が贈られた)と
弟の大海人皇子(天武天皇)が皇位を争った。践祚した大友皇子に対し大海人皇子が兵を挙げ、
自害に追い込み自らが即位する。その後、皇位は天武天皇の系統が継承した。
天皇の崩御後は皇后が持統天皇として即位したが、以後の奈良時代の天皇はすべて天武天皇の男系子孫である。
天武朝とも呼ばれる。奈良時代は女帝が多いが、天武天皇の直系を守ろうとしたからである。

ところが、健康な男子に恵まれず、称徳天皇の代で途絶えた。
この女帝のときに道鏡事件が起きるのだが、「皇位を天智系に渡すくらいなら」との執念すら感じられる。
もちろん、民間人の天皇など認められず、
皇位は天智天皇の孫(施基親王の皇子なので男系男子)の光仁天皇が継承した。
ここに天武朝は途絶え、直系は天智天皇の系統に移った。
これが「壬申の乱は天智天皇が勝った」と評するゆえんである。

ちなみに、女系を持ち出すなら、第43代元明天皇は天智天皇の娘である。
第44代元正天皇は、元明天皇と草壁皇子の娘で、天智天皇の孫娘だ。
よって、女系では天智天皇の子孫である。
しかし、当時は早逝した草壁皇子の系統にいかに直系を継承するかが、天武朝の悲願だった。
草壁皇子は天武天皇の息子である。
女系でよいなら、天智系と天武系の血で血を洗う抗争は何だったのかと、古代史の門外漢の私ですら思う。
皇室が女系で構わないと主張したいなら、古代史を書き換えてからにしていただきたい。

そして、天智朝にしても天武朝にしても、第34代舒明天皇の男系子孫であることには変わりないが、
いずれが直系かをめぐり、100年の抗争を繰り返したのだ。
それほどの抗争を繰り広げながらも、男系継承の原理を守ってきたので、皇室は続いてきたのだ。

このように、どの天皇の系統が直系を継承するかをめぐり争った歴史は何度かある。
第63代冷泉天皇と第64代円融天皇の系統は、交互に天皇を出し合っている。
この「両統迭立」は、円融天皇の孫の第69代後朱雀天皇の系統が直系を継承する形が成立するまで続いている。

自分の子供に継がせたいとする感情は、皇室でも同じなのだ。院政期の抗争もそうだ。
それは保元の乱で爆発したが、院政期は常に抗争が繰り広げられた。
鎌倉時代の両統迭立は南北朝の動乱にまで発展した。
そして、大覚寺統(南朝)の中でも、持明院統(北朝)の中でも、直系をめぐる争いはあった。

北朝第3代崇光天皇は動乱の中で南朝に拉致され、そのまま廃位された。
皇位は弟の後光厳天皇が継ぎ、直系はその系統に移った。
しかし、後光厳天皇の直系が絶えたとき、崇光天皇の曽孫の彦仁(ひこひと)親王が即位された。
後花園天皇である。崇光天皇が皇位を奪われてから、77年ぶりの奪還である。

戦国時代以降は、ここまでの激しい皇位継承争いはない。
むしろ、皇統保守のために、宮家の方々は天皇陛下をお守りしてきた。
江戸時代、幕府の圧力から朝廷を守った後水尾天皇にも、皇
室の権威を回復した光格天皇にも、優れた皇族の側近がいた。
後水尾帝を支えた近衛信尋は臣籍降下した天皇の実弟であるし、
光格天皇は自身が閑院宮家において直系断絶に備えていつでも皇位継承できるよう準備をされていた。
陛下御一人では、皇室は守れない。皇族の方々の御役割とは、かくも大きいのだ。

先帝陛下には先の美智子陛下がいらっしゃった。
今上陛下を支える筆頭は、東宮となられた秋篠宮殿下である。
将来、悠仁親王殿下が皇位を継がれ、日本国は守り継がれていく。

さて、ここまで皇室の歴史を簡単に振り返ったが、「愛子天皇」待望論を唱える者たちは、
今の皇室の直系をなんと心得るか。
いずれ皇統の直系が悠仁殿下の系統に移られたとき、愛子内親王殿下も陛下をお支えする立場にある。

それを、畏(おそれ)れ多くも悠仁親王殿下がおわすのに、どういう了見か。
直系を悠仁親王殿下から取り上げようと言うのか。

もう一度、壬申の乱を起こしたいのか。それとも保元の乱か。はたまた、南北朝の動乱を再現したいのか。
今この状況で、「愛子天皇」待望論を唱える者たちよ。貴様たちは自分の言っていることが分かっているのか。
悠仁親王殿下につながる直系をお守りする。これが、臣民の責務である。
https://ironna.jp/article/12479